カテゴリー「LOVE LOVEあいしてる」の記事

2017/07/21

フジテレビ「LOVE LOVE あいしてる 16年ぶりの復活SP」今夜11:00~11:58

0721めざましテレビ
 

Love2ty

Fullsizerender_125

TVガイド 97.12.19号

 

 

|

2017/07/12

LOVE LOVEあいしてる7月21日夜11時~11時58分

LOVE LOVEあいしてる7月21日夜11時~11時58分

 

Love22

sun

Love2

|

2017/06/23

TYIS 「LOVE LOVE あいしてる16年ぶりの復活 伝説の名シーン大放出SP」

07月08日(土)に「LOVE LOVE あいしてる 16年ぶりの復活SP」の事前番宣番組の放送が決定しました

過去の「LOVE LOVEあいしてる」傑作VTRに坂崎幸之助さんと篠原ともえさんがコメントをする番組です。

当時の拓郎さんの映像も流れます。

【番組名】      「LOVE LOVE あいしてる16年ぶりの復活 伝説の名シーン大放出SP」

【放送日時】    2017年07月08日(土):10:25~11:15

【放送局】       フジテレビ(地方局での放送はありません)

【ナビゲーター】坂崎幸之助,篠原ともえ
詳しくはコチラ >>> LOVE LOVE あいしてる 16年ぶりの復活SP - フジテレビ

0623al

 

|

2017/05/29

7月21日(金)LOVE LOVEあいしてる 復活への軌跡~2017.5.28吉田拓郎ラジオでナイトより素起こし~

7月21日(金)LOVE LOVEあいしてる 復活への軌跡~2017.5.28吉田拓郎ラジオでナイトより素起こし~
slate
slate
「LOVE LOVE あいしてる」の収録をですねやりまして。じつはですね、このー、収録にあたっては昨年からずっとオファーがあって、内緒にしていたんですが、ずっと昨年から打ち合わせはしていて、えー、まずあの光一君と剛君がですね、「吉田拓郎さんと何かやりたい」ということを言ってくれたそうでして。それをもってまぁ、あのテレビ局のプロデューサー達が僕んところへ会いに来て、じつはこういう話がKinKi Kidsから起こってるんですがっていうんで、えーハワイへでも行って、なんか、つまりその光一、剛にとっての「LOVE LOVE あいしてる」という番組で行ったハワイがですね、あのなんとも言えずじつにこの印象的で、そしてなんか思い出すたびになんか懐かしくてその事が忘れられないと。あんな最高のハワイはなかったっていう思い出があったらしく想いがあったらしくて、「拓郎さんと一緒にハワイへ行けないかな」っていう話があったそうで。それを、まぁテレビ局のプロデューサー達が持ってですね、「拓郎さんハワイ行きませんか」って言って、えー話を持って来たところから話が始まって。まぁいろいろ話をしてるうちに「ハワイへ行って収録するの大変だね」、とか大人数で行くのも大変だし。いろんな事を話してその後まぁ、毎回月に1回ぐらい打ち合わせをするにしたがって、僕はですね「LOVE LOVEをやるっていうのはどうなんだろうね」なんて話をちょっと冗談まじりに言ったんですけども。
slate
そっから話がトントン拍子に進むことになってですね、「LOVE LOVEあいしてる」を復活してみようと。1回限りなんだけど1時間、60分、やってみませんかっていうことで。ああそれおもしろいかもしんないよ、できるかなぁっていうのがありまして。まず、一番あの不安だったのがですね、「篠原ともえのプリプリプリティ」、これあの皆さんご存知のようにみんなもう40前ですからね。あのー当時はね、十代そこそこの若者でしたから。「篠原ともえのプリプリプリティ!」「ウフフ」「グルル」とかやったっていい年頃でしたけども。もうあの妙齢の女性ですからね篠原ともえさんもね。今やデザイナーといいますかねぇ、そちらの方でも活躍してまして。あのお綺麗になられてですね、えへへ。まぁそういうことにしておきます。お綺麗になられて、女性として成長されてますからね。そんな方がねぇ、ランドセルしょったりして、どうなんだろうなとかいうのがまず第一に。でもあれがないとね、あのLOVE LOVEあいしてる は始まらないんだっていう感じがあって。篠原ともえさんに僕、メールしたんですよ。「篠原、あのこういう企画があるんだけど、お前プリプリやれるか?」つったら、篠原からすぐメールが来て、「やります!、わたし絶対にやってみせます!」っていうですね、メールが来たりして。そして、ええまぁKinKiとはですね、メールでやり取りするとかなんとかではなくて。まぁあの光一君も剛君もですね、じつにあのメールとかそういう事をですねめんどくさがるっていうか、あんまりしないんですよ。であの僕が例えば光一にメールを出して、そうね返事が来るのが二か月後ぐらいでしょうかね。あっはっは。そういう感じですからね。
slate
本番の日もね、本番のスタジオに入ってるのに光一からメールがきてね、「いよいよ来ましたね拓郎さん」って。なにを言ってんだお前は、っていうもうすごい遅いんですよ。そういうわけでまぁスタジオに入ってみんなで再会して、見た瞬間に、不思議だったなぁ。なんかね、16年前らしいんですよ。もちろん番組が始まったの20年前ですからね。20年前ですがその20年間のブランクがね、バッてこう、パッて消えたね。なんか久しぶりに会ってるんじゃない感じで毎週ここで、光一、剛、篠原と会ってるような気がして。なんか「わぁー久しぶり。懐かしいね」っていうよりも、「これをずっとやってたんだよね」っていう「毎週やってなかったっけ」ぐらいの感じかな。そういうなんかねぇ、不思議な感覚でしたね。だから、ひさしぶりだなーっていうんでなんかおどおどしたりドキドキしたりするようなこともなかったし。非常に番組もスムーズにやれましたよ。あのー、菅田将暉君とですね、それから菅田将暉君皆さんご存知ですね。僕はすでに親友ということになってますけどね。なはははは、なんか勝手に決めてますが、ええ。それから古舘伊知郎さんがゲストなんですがもうどっちもね、すっげーおもしろいです。もうちょっとこれ1時間に編集できんの?プロデューサーっていうぐらい編集不可能なぐらいずーっと全編ね、もうめちゃくちゃおもしろいです。演奏してるところもいいですが、あのーこのトークのところですね、いわゆるあのこう会場にお客さんを入れて。あすこがおもしろいんだな。光一君とはね、なかでも今でも覚えてるあの、例のトリセツね。西野カナのトリセツの話でね、光一とねトークバトルをやりましたよ僕は。光一君がですね、あのトリセツの歌にね「なーんですかぁこんな歌」って言うんですよ。そりゃさすがに拓郎さん怒りますね、「なんだぁ光一」あっはっは。もうねぇ、おもしろかったなぁ。バトルを展開しましたけどもね。「そんなこと言ってっからお前たちは幸せになれねえんだ」とか言ったりしてね。何を言ってるのかよくわかりませんが。とにかくおもしろかったなぁ。すっげーおもしろかったですよあの番組二本(?)で光一君はね、「もっとずーっと続けていたかった」って言ってましたよ、終わったあとね。それぐらいなんか楽しくておもしろかったですね。久しぶりだなー、懐かしいなーっていう感じじゃなくて、なんか「これだよねーなんかやりたかったこと」、っていうか、「これ、もっとこういう番組あっていいよね」っていうことで全員なんかね、一致したんですよ。あの剛も光一もね。「こういう番組が欲しいよなー」っていう感じがありました。終わったあとの満足感はたっぷりありましたね。
◇ 

|

2017/05/20

LOVE LOVE あいしてる

Fullsizerender_93

Fullsizerender_91

Fullsizerender_90_2

 

|

2017/05/16

7月21日「LOVE LOVE あいしてる」復活!拓郎らレギュラー陣16年ぶり再集結

Img_2286 サンスポ

Fullsizerender_85_2 スポニチ

♪全部だきしめて きみと歩いて行こう-
14日に行われた収録のオープニング。拓郎が番組の主題歌として書き下ろしたKinKiの大ヒット曲「全部だきしめて」が、出演者全員の大合唱でスタジオに響き渡る。KinKiの礎を作った伝説の音楽バラエティーが、16年ぶりに帰ってきた。
「LOVE-」はKinKiと拓郎の異色タッグと、ゲストを招いたセッションで注目を集め、1996年10月から2001年3月まで4年半にわたり放送。堂本光一(38)と堂本剛(38)が拓郎からギターを教わったり、曲作りに挑戦したりと、当時10代だった2人の音楽性を大きく飛躍させた伝説の番組だ。
KinKiのデビュー20周年を記念して復活し、個性豊かなレギュラー陣も再集結。当時と同じくTHE ALFEEの坂崎がギター、篠原がコーラスを務めた。
ゲストには、拓郎ファンで、来月ソロ歌手デビューする俳優、菅田将暉(24)と、85~88年に同局系音楽番組「夜のヒットスタジオ」で司会を務めたフリーアナウンサー、古舘伊知郎(62)が出演。
拓郎の代表曲「今日までそして明日から」を拓郎、KinKi、菅田でセッションしたり、F1好きの光一が89~94年に同局のF1中継で実況を担当した古舘のトークに興奮するなど、大盛り上がりした。
収録後、光一は「あっという間だった。もっとずっと収録していたかった」と名残りを惜しみ、剛も「いろいろ思い出して、じわじわと感動がきました」としみじみ。
KinKiとはプライベートで現在も親交があるが、テレビ共演は07年の同局系「僕らの音楽」以来、10年ぶりとなった拓郎は「この収録を心から待ち望んでいた。2人は大人になった」と成長を実感していた。
2017年7月21日。KinKiのデビュー20周年記念日が、さらに特別な1日になりそうだ。

|

その他のカテゴリー

かぜ耕士「どこかでラジオが」 | '09ツアー | 120曲のニューフォークを創った"日本のボブ・ディラン" 平凡パンチ1970.3.30 | 2006秋ツアー | 2007ツアー | 2009 TOUR | 2014.7.6AMラジオ・由紀さおり「ルーム・ライト(室内灯)」を語る | 2014LIVE | 4/10日曜日のそれ(ニッポン放送)■掲載中■ | ANN GOLD番宣 | Bob Dylan | DJファン投票ベスト30 ・深夜放送ファン1972年8月号 | FM COCOLO J-POP LEGEND FORUM | FM NACK5 | FM特番■デビュー20周年記念番組■ 元気です!」■全35回掲載中■ | HIKE OUT | IMPERIAL | J-POP MAGAZINE | K's Transmission | KinKi Kids | KinKi Kidsの恩人、吉田拓郎 堂本光一(日経エンタテインメント!) | LIVE 2012 | LIVE 2014 | LIVE2012 | LIVE2016 | LOVE LOVEあいしてる | NY24時間漂流コンサート | SATETO・日清パワーステーション | SONGS | SOUND MARKET '83 | T's-R | Takuro FOR YOU-2 | Takuro NEVER SHRINK BACK AND ALWAYS SURE MESSAGE FROM 小倉エージ_ | TAKURO YOSHIDA CONCERT TOUR 1989 | TAKURO YOSHIDA TOUR 1989 - 90 人間なんて | TOUR 1978 ~大いなる人~ | TY INFO | TY メッセージ | TY-ONLINE SHOP | TYIS | TYIS magazine | Welcome to GRACELAND & Keigo Kageyama's LABEL・グレイスランド&蔭山敬吾のブログ・吉田拓郎の「ビート・ピッキング革命」まとめ読み | YOKOSO | ■青春のフォーク 南 こうせつ24・【真夜中のロックンロール】 時代の証言者・読売新聞2017.8.26朝刊 | ■青春のフォーク 南 こうせつ・【つま恋が地響きに】 時代の証言者・読売新聞2017.8.24朝刊 | ◇新譜ジャーナル'82.11偉大な先輩、素晴らしき後輩に乾杯 8月12日坂崎幸之助のオールナイトニッポン: 吉田拓郎・アルフィー誌上放送 | 「十年目のギター」が残したものは? ・新譜ジャーナルベストセレクション'70s 1980 | あぁ青春のアヘアヘ物語 | あなたに影武者がいたらどうする? / 1980.6明星 | おすすめサイト | お喋り道楽 | お知らせ | かぐや姫 | かれが殺した驢馬 | このブログの人気記事ランキング | この唄を君に贈ろう■連載中■ | ごめんね青春 | じゅんの恩返し・拓郎編 | すばる・吉田拓郎ロングインタビュー 2010・3 | たくろうのともだち / よしだ・たくろうの世界 | たくろうの気ままな世界 | たくろうパック | たくろう旅の顔・ヤング・ギター'73.2 × ヤング・ギター・クロニクルVol.1吉田拓郎これが青春 | つぶやき | つま恋 | つま恋2006 | はっぴいえんど | ぼくの靴音/堂本剛  愛しています | みうらじゅん | よしだたくろうLIVE '73 | よしだたくろうの母 吉田朝子さん・週刊平凡毒蝮三太夫シリーズおふくろ第34回 | よしだたくろう・まんが履歴書=黒鉄ヒロシ | アルバム サマルカンド・ブルー拓郎インタビュー | イルミネーション | オールナイトニッポン | オールナイトニッポンGOLD | ガガンボン日記・拓郎編 | ケメ | コンサート | サマルカンド・ブルー REPORTAGE FROM NYC FROM THE STUDIO | サマルカンド・ブルー安井かずみ・加藤和彦・立川直樹 対談 | ジュリー×たくろう対談・ぼくたちすっかり酔っちまってね・ | スティーヴィー・ワンダー | チェリスト友納真緒さんのブログ・9/8つま恋! | テレビ・ラジオ | テレビ番組 | ドラマ『監獄のお姫さま』 | ニッポン放送のってけラジオ | ニッポン放送アナウンサー | ビートルズが教えてくれた 拓郎×岡本おさみ対談 | ビート・ピッキング革命 | フォーク・ルネサンス | フォーク村 | ボブ・ディラン | ミニ情報 | ムッシュかまやつ | ムッシュかまやつ_ | ヤングフォーク | ヤングフォークNo.1 1972.初夏号 | ユーミン | ライヴ情報 | ラジオDJ広場・サタデーナイトカーニバル 1980.6明星 | ラジオでナイトブログ | ラジオ番組 | 中島みゆき | 中川五郎 | 中沢厚子 | 久保利英明(弁護士) | 井上陽水のベストパフォーマンスがここに! 『GOLDEN BEST』映像版が登場 | 人間研究・第3回《吉田拓郎》リタイアしない青春だからこそ 月刊明星1980.6 | 今日までそして明日から | 僕の旅は小さな叫び | 僕らの音楽 | 加藤和彦 | 南こうせつ・ニッポン放送のってけラジオ  | 原由子 | 吉田拓郎 | 吉田拓郎 1982.7.27・Tour Final in 武道館 誌上完全再録 新譜ジャーナル'82.10 | 吉田拓郎 アーチの向こう側(ツアー"人間なんて"・新作「176.5」) 文・石原信一 撮影・大川奘一郎 新譜ジャーナル1990.2月 | 吉田拓郎 ・緑の新居 さらに飛翔への砦!'82.2 明星 | 吉田拓郎 今、更なる戦線布告・平凡パンチ1980.4.28 | 吉田拓郎90年代へ・・・・・。・パチパチ読本 1990年_ | 吉田拓郎INTERVIEWつま恋の朝、"これまでのオレ"は、死ぬんだ / '85.7シンプジャーナル | 吉田拓郎LONG INTERVIEW 今、再び荒野をめざして 新譜ジャーナル'82.5 | 吉田拓郎×久保利英明弁護士(For Life1976創刊春号) | 吉田拓郎×岡本おさみ対談 前後編 新譜ジャーナル1984年6月7月号 | 吉田拓郎×岡本おさみ対談1984 新譜ジャーナル_ | 吉田拓郎×岡本おさみ対談 後編・ 新譜ジャーナル1984年7月号 | 吉田拓郎「女ともだち」浅川マキ | 吉田拓郎と愛の歌 ('82オールナイト・ニッポン 最終回より)  | 吉田拓郎のオールナイトニッポン | 吉田拓郎インタビュー・2005年8月20日(土)FM NACK5 J-POP MAGAZINE 田家秀樹 | 吉田拓郎インタビュー・新譜ジャーナル1977.10 | 吉田拓郎ドラマ曲 | 吉田拓郎ラジオ | 吉田拓郎ラジオでナイト | 吉田拓郎・ムッシュかまやつ | 吉田拓郎・男のライフスタイル / 平凡パンチ1984.3.19号 | 吉田拓郎新居でご満悦 | 吉田拓郎詩集BANKARA | 地球音楽ライブラリー | 坂崎幸之助 | 大いなる人・拓郎×岡本おさみ対談 | 安井かずみ | 富澤一誠の「俺が言う 」 | 岡本おさみ | 岩崎宏美 | 広島フォーク村40周年記念同窓会&ライブ | 広島フオーク村 | 所ジョージ・吉田拓郎 | 拓ちゃんCM | 拓ちゃん小ネタ | 拓郎、東京キッド・ブラザースに歌を語る(かれが殺した驢馬) | 拓郎カレンダー | 拓郎出演テレビ番組 | 拓郎展 | 拓郎新譜 | 拓郎関連ブログ | 斉藤哲夫 / されど私の人生 | 新六文銭 | 新聞 | 新聞記事・拓郎 | 旅に唄あり 岡本おさみ / 襟裳岬 | 旅に唄あり 岡本おさみ_ | 旅の重さ | 日常 | 映画「恋妻家宮本」 | 映画「結婚しようよ」 | 映画・甘い暴力 | 普賢岳災害救済 スーパーバンド | 松任谷正隆 | 松本隆「外白」を語る | 桑田佳祐 | 森下愛子 | 検見川廣徳院 | 歌謡ポップスチャンネル | 残間里江子・加藤和彦 Interview | 泉谷しげる | 深夜放送ファン | 満島ひかり | 瀬尾一三 | 火曜ドラマ「監獄のお姫さま」(通称 プリプリ) | 燃える38時間 Takuro Yoshida Island Concert in Shinojima | 玉城ちはる | 田中秋夫が語るラジオ局が結集した〝伝説〟のコンサート | 田家秀樹 | 田家秀樹 Kei's BAR__ | 田家秀樹ブログ・新・猫の散歩 | 甲斐バンド | 矢島賢さん | 竹田企画 | 純情 -なぜか売れなかった ぼくの愛しい歌 - 阿久 悠 | 自分の事は棚に上げて | 菅田将暉 | 落陽 / 旅に唄あり 岡本おさみ | 襟裳岬 | 訃 報 | 記念日 | 過去ログ | 重松清 | 阿久悠 | 雑誌 | 青春のフォーク 南 こうせつ27・【あの頃にタイムスリップ】 時代の証言者・読売新聞2017.9.4朝刊 | 青春のフォーク 南 こうせつ27・【大雨の「サマーピクニック】 時代の証言者・読売新聞2017.8.30朝刊 | 音楽 | 音楽番組 | 高田渡&よしだたくろう - '70年9月16日 ライブ | 黄金の60年代、「キャンティ」とその時代 川添象郎・ムッシュかまやつ・ミッキー・カーチス