カテゴリー「よしだたくろうLIVE '73」の記事

2017/07/02

隠岐の人々が待つ島が再び「重くなる日」 拓郎ライブ実現を熱望

フォーク界のレジェンド、吉田拓郎(71)のライブ実現を熱望している土地がある。島根県の隠岐諸島。島根半島から北方に約50キロ離れた日本海に浮かぶ群島だ。人が住む4つの島を含め、180余島の総人口は約2万。隠岐と言われて思い浮かぶのは大相撲の隠岐の海関、2013年に公開された映画「渾身 KON-SHIN」の舞台になったことだろう。

 その隠岐が、なぜ拓郎のライブを熱望しているのか?もう44年前のことになる。拓郎は1973年12月21日に「たくろうLIVE’73」を発売した。東京・中野サンプラザホールでのライブを収録したものだが、その中に隠岐の旧都万村を舞台とした「都万の秋」が含まれているのだ。

 「都万の秋」は2015年に亡くなった作詞家の岡本おさみさんが詞を書いた。岡本さんは隠岐への海の玄関口となっている鳥取県米子市の出身。拓郎とのコンビで「旅の宿」「襟裳岬」など数々のヒット曲を生んでいる。「都万の秋」は岡本さんが隠岐の滞在体験をもとに書き上げた。

 曲のタイトルになった都万村は04年の町村合併で隠岐の島町となった。村名は消えてしまったが、隠岐の人は拓郎が「都万」を歌ってことを絶対に忘れていない。島の観光関係者と情報交換する機会があったが、意外にも拓郎世代より年下の層からライブ実現を望む声が聞こえてきた。

 「本当に拓郎さんに隠岐に来てほしいと思ってます。拓郎さんといえば、隠岐の人間からすれば『都万の秋』なんですよ。隠岐でこの歌を歌ってほしい」と熱望する。同アルバムには拓郎の名曲中の名曲「落陽」も収録されている。歌は太平洋上を航行する苫小牧発の仙台行きフェリーが舞台となっているが、隠岐の人の一部には「あれは本土と隠岐を結ぶ隠岐航路がモデルなんです」と言い張る人がいるほどだ。

 実は隠岐にはスーパースターのライブを成功させたという経験がある。13年6月にあのB’zが隠岐島文化会館でライブを行っているのだ。島の人はこのライブを「島が一番重くなった日」と呼び、観光関係者は「B’zが来た時はそれはすごかった。会場が狭いんで間近に2人が見られたそうです。それにどこからこんなに人が来るんだというほど島に人もいました」というほど。その経済効果は数千万円あったといわれている。

 拓郎のライブ実現には、拓郎の年齢と健康面、興行面での採算などの課題も多いが、観光関係の方々は「拓郎さんが本当に来てくれるなら、全力を尽くして頑張りますよ」とラブコールをあきらめない。拓郎は昨年ライブツアーを行うなど、肺がんに端を発した健康不安を一掃した。それだけに隠岐の期待もヒートアップしているようだ。隠岐の人々は島が再び「重くなる日」を待っている。(デイリースポーツ・木村浩治)

|

その他のカテゴリー

かぜ耕士「どこかでラジオが」 | '09ツアー | 2006秋ツアー | 2007ツアー | 2009 TOUR | 2014LIVE | 4/10日曜日のそれ(ニッポン放送)■掲載中■ | ANN GOLD番宣 | Bob Dylan | FM COCOLO J-POP LEGEND FORUM | FM NACK5 | FM特番■デビュー20周年記念番組■ 元気です!」■全35回掲載中■ | HIKE OUT | IMPERIAL | J-POP MAGAZINE | K's Transmission | KinKi Kids | KinKi Kidsの恩人、吉田拓郎 堂本光一(日経エンタテインメント!) | LIVE 2012 | LIVE 2014 | LIVE2012 | LIVE2016 | LOVE LOVEあいしてる | SATETO・日清パワーステーション | SONGS | SOUND MARKET '83 | T's-R | Takuro FOR YOU-2 | Takuro NEVER SHRINK BACK AND ALWAYS SURE MESSAGE FROM 小倉エージ_ | TAKURO YOSHIDA CONCERT TOUR 1989 | TAKURO YOSHIDA TOUR 1989 - 90 人間なんて | TOUR 1978 ~大いなる人~ | TY INFO | TY メッセージ | TY-ONLINE SHOP | TYIS | TYIS magazine | YOKOSO | おすすめサイト | お喋り道楽 | お知らせ | かぐや姫 | かれが殺した驢馬 | このブログの人気記事ランキング | この唄を君に贈ろう■連載中■ | ごめんね青春 | じゅんの恩返し・拓郎編 | すばる・吉田拓郎ロングインタビュー 2010・3 | たくろうのともだち / よしだ・たくろうの世界 | たくろうパック | つぶやき | つま恋 | つま恋2006 | はっぴいえんど | ぼくの靴音/堂本剛  愛しています | みうらじゅん | よしだたくろうLIVE '73 | よしだたくろう・まんが履歴書=黒鉄ヒロシ | アルバム サマルカンド・ブルー拓郎インタビュー | イルミネーション | オールナイトニッポン | オールナイトニッポンGOLD | ガガンボン日記・拓郎編 | コンサート | サマルカンド・ブルー REPORTAGE FROM NYC FROM THE STUDIO | サマルカンド・ブルー安井かずみ・加藤和彦・立川直樹 対談 | ジュリー×たくろう対談・ぼくたちすっかり酔っちまってね・ | テレビ・ラジオ | テレビ番組 | ニッポン放送のってけラジオ | ニッポン放送アナウンサー | ビートルズが教えてくれた 拓郎×岡本おさみ対談 | ビート・ピッキング革命 | フォーク・ルネサンス | フォーク村 | ボブ・ディラン | ミニ情報 | ムッシュかまやつ_ | ヤングフォーク | ユーミン | ライヴ情報 | ラジオでナイトブログ | ラジオ番組 | 中島みゆき | 中川五郎 | 中沢厚子 | 久保利英明(弁護士) | 今日までそして明日から | 僕の旅は小さな叫び | 僕らの音楽 | 加藤和彦 | 原由子 | 吉田拓郎 | 吉田拓郎 今、更なる戦線布告・平凡パンチ1980.4.28 | 吉田拓郎×久保利英明弁護士(For Life1976創刊春号) | 吉田拓郎「女ともだち」浅川マキ | 吉田拓郎と愛の歌 ('82オールナイト・ニッポン 最終回より)  | 吉田拓郎のオールナイトニッポン | 吉田拓郎ドラマ曲 | 吉田拓郎ラジオ | 吉田拓郎ラジオでナイト | 吉田拓郎新居でご満悦 | 吉田拓郎詩集BANKARA | 地球音楽ライブラリー | 坂崎幸之助 | 大いなる人・拓郎×岡本おさみ対談 | 安井かずみ | 富澤一誠の「俺が言う 」 | 岡本おさみ | 岩崎宏美 | 広島フオーク村 | 所ジョージ・吉田拓郎 | 拓ちゃんCM | 拓ちゃん小ネタ | 拓郎出演テレビ番組 | 拓郎展 | 拓郎新譜 | 拓郎関連ブログ | 斉藤哲夫 / されど私の人生 | 新六文銭 | 新聞 | 新聞記事・拓郎 | 旅に唄あり 岡本おさみ / 襟裳岬 | 旅に唄あり 岡本おさみ_ | 旅の重さ | 日常 | 映画「恋妻家宮本」 | 映画「結婚しようよ」 | 映画・甘い暴力 | 普賢岳災害救済 スーパーバンド | 松任谷正隆 | 松本隆「外白」を語る | 桑田佳祐 | 森下愛子 | 残間里江子・加藤和彦 Interview | 泉谷しげる | 満島ひかり | 燃える38時間 Takuro Yoshida Island Concert in Shinojima | 玉城ちはる | 田家秀樹 | 田家秀樹ブログ・新・猫の散歩 | 甲斐バンド | 矢島賢さん | 竹田企画 | 純情 -なぜか売れなかった ぼくの愛しい歌 - 阿久 悠 | 自分の事は棚に上げて | 菅田将暉 | 落陽 / 旅に唄あり 岡本おさみ | 襟裳岬 | 訃 報 | 記念日 | 過去ログ | 重松清 | 阿久悠 | 雑誌 | 音楽 | 音楽番組 | 黄金の60年代、「キャンティ」とその時代 川添象郎・ムッシュかまやつ・ミッキー・カーチス