カテゴリー「FM特番■デビュー20周年記念番組■ 元気です!」■全35回掲載中■」の記事

2005/05/04

( 35 ) 吉田拓郎「元気です」 エンディング

アナ: 1時から始まりました・・・
拓郎: やりましたねぇ。
アナ: そうですねぇ、どうします?(笑)ついに元気で過ごしましたね。
拓郎: なんとなくグダグダグダグダ言ってるうちに、9時間たったという。(笑)という事は、あれですねぇ、僕は9時間ぐらい平気でグダグダ言えるっていうグダグダおじさん。(笑)
アナ: ふふふふ。(笑)
拓郎: あのぅ知ってます?遠藤周作さんのコマーシャルで、「こうなったらグジグジグジグジ言うじじいになってやる」。あれ最高に好きでねぇ。(笑)
アナ: 知ってます、知ってます。
拓郎: それは凄く思ってんの。「こうなったら」っていうのがすごく当たっててね、「こうなったら、いつまでもグダグダグダグダ言う爺さんになってやる」っていう。(笑)
アナ: さっきもあったじゃないですかFAXで、「何言ってもいいですから、いつまでも歌ってください」って。
拓郎: それねぇ、当たってるんだけど、他人に言われたくないんだよ。他人から決められたくない。(笑)
アナ: 今回、素晴らしいプレゼントがあります。
拓郎: はい、素晴らしいピックセット。(笑)
アナ: う、ふふふ。まずはですね、拓郎さんのコンサート会場でしか売っていないという、拓郎オリジナルスゥエット上下セット、5名様。そして、豪華なピックセット。
拓郎: これがもう目から火が出るピックセット。
アナ: こちらは10名様に。 そしてCDウォークマン、こちらは5名様に。
拓郎: CDウォークマン、僕も当たりたい。
アナ: 当たりたい!? ハガキ出せば良かったんですよ。(笑)
拓郎: あぁそうか。(笑)
アナ: 先程もご紹介しましたけれども、電話で遠くから聴いて下さってる方とかね。
拓郎: ね、申しわけ無い事をしてしまいましたね、来年またやりますか、申しわけ無い事を。(笑)来年、いきなりでも坂崎幸之助に代わってるっていうような、武田鉄矢とかに、代わってるっていう気がしないでもないですが、あの進行の上手さを見てしまうと。
アナ: じゃあ練習するっていう手もありますよ。(笑)
拓郎: 嫌だよ、こんな事練習するの。(笑) 来年用に今からうちへ帰って練習してるわけ?(笑)
アナ: いいですね、月に一度ぐらい。
拓郎: 月に一度っていうのは考えものですが、来年はですね、こういう企画の番組もいいんですが、あのぅツアーをね、生まれて初めて60本か80本やってやるよっていう。ほいでもうね、僕って結構こう日本を隈なく周ったことないんですよ。周ってみようかなって、もう足、開いてもいいやっていう。(笑)「おばさんおいで」っと。下駄はいてっていう所まで、もう行ってみようか、という。(笑)死ぬかもしれませんけども、80本やってみようかっていう気分でいるんですよ。だから最近、盛り上がってんですよね。(笑)
アナ: 盛り上がってんですよ、がんばってくださいね。
拓郎: そうですね、はい。
アナ: お身体に気をつけて。
拓郎: はい。
アナ: えぇ、さて今日最後の曲と、なってしまいましたけれども、今、流れています。じゃあ、拓郎さんから、曲紹介してください。
拓郎: 祭りのあと、を聴きながらですね、お別れしましょうか。
   
      
「祭りのあと」
「YOSHIDA TAKURO 20th Anniversary 元気です!」   
 
 
 
 

| | コメント (0)

( 34 ) 拓郎「生い立ち」を語る

拓郎: は、我に返ったりしておりますが、あれですね、今、小室さんとかね武田さんから始まって、僕って結構ね友達が多い人ですね。 それで今、考えてみると音楽やってる人に限らずね、僕は特殊だったみたいですよ、存在が。
あのね、それは結局、才能とかなんとかではなくて、やっぱり範例がなかったせいかね。例えばきょうお昼にかけたアイドルの人とかね、曲を頼みに来た人とかね、そういう人も含めて、ザ・芸能界っていう人達から、フォークソングって言ってる人達から、ロックって言ってる人達から、俳優って言ってる人達から結構ね、浅く広く付き合いがありますね、僕自分で、不思議に。だから例えば、そうですね、小室等さんていう人の知り合いって割と僕の知ってる限りで著名な方でも、どっちかって言えば知的著名人。僕の知ってる方はどっちかって言うとザ・芸能界っていう付き合いだなっていうのがね、今、ふとね。(笑)考えてみれば井上陽水っていう人も、僕達とフォーライフを作ったっていう話がありましたが、仲が良いようなもんの、考えてみれば向こうも知的著名人が好きだなぁっていう。
結局ねぇ僕達は、なんか著名なヤツが好きなんですね。
アナ: はいぃぃ。
拓郎: 多分ねぇ、この年代の人達っていうのはね、わりと有名な人に弱い・・・(笑)
アナ: 弱い?
拓郎: その、スターが好きだったっていうのは結構納得できると思うのね。なんかね、例えば音楽っていうものがわりと、高い次元に無くて、自分達がやってるせいもあるから、ま、正直に自分で卑下して、「音楽なんかやってるもんで」っていう感じが、多少あって、本を書いてる人なんかに会うと、「いや~どうも」、なんていう感じがあってねぇ、すり寄っていく感じがねぇ、あります正直言って。(笑)
漫画を描いてる黒鉄ヒロシさんって人は古いお付き合いなんですが、漫画を描いてるって言ってもやっぱりなんか作家の先生っていうイメージがあって、あの人とお近づきになりたいと思ったのは僕の方ですから。で、なんか会ってから、なんだ~黒鉄さん、ていう感じはあるけども、依然として黒鉄さんは僕のことを「キミねぇ」って言ってるし、僕は「黒鉄さ~ん」みたいな感じだし。
アナ: えぇ。(笑)
slate
 
拓郎: これ、なんでしょうねぇ。あの、知的な人もアホな感じの人も全部含めて、有名な人の前へ出ると、実は僕も有名人のくせに、モロい・・・(笑)モロいんですよ。うんだから僕はね、徒然考えるに失敗してるなぁと思うのが1つあって、女性ですね。(笑)僕は女性を選ぶ時に、著名な人を選んでるな、と思ってるわけどっかで。 これもずっとガキの頃からの、なんか有名な人に 弱いっていうところがあってね。失敗してるなっていうのは、なんで普通の、普通のっていうのは失礼だけど、その辺歩いてる人と結婚しないんだろうっていうのがね、やっぱり大テーマ
だなって、今、自分の生い立ちとかも自分で振り返りながらね、曲なんかも聴きながら。
ま、確かに楽しかったですよ、ザ・芸能界との付き合いってのは。おもしろかったですけど、家庭っていうのは、そうじゃない方が良かったっていうのが・・ま、もちろん今の奥さんには聞かせられませんけどね、こんなのは。 でも、思いますね。だからあのガキの頃の、スター好き、芸能人好き、有名人に弱いっていうのが、歳とってきてからも悪い方向にね、働いてる気がしますね。
アナ: へぇ~。
拓郎: でも結構僕としてはネックになった部分ではあるんだけど、ネックであって、ある意味じゃすごく人生のマイナスっていうか
   、そんな気がしますね、今、フッと・・・
アナ: あの、すごく甘えん坊なんじゃないんですか?
拓郎: 僕だってほら、女系家族で・・
アナ: そうですよねぇ。
拓郎: 僕んちって、話しましょうか、凄いんですよ。例えばね、鹿児島生まれですけどね、うちの親父って鹿児島男児なんです、西郷隆盛みたいな人で、もうほんと朝は7時頃起きて、乾布摩擦とか冷水摩擦とかやる薩摩男児なんですよ。夜は薩摩焼酎飲んでクイっと寝るっていう。で、おふくろさんは鹿児島の人じゃなくて、どこかいいとこの
お嬢さんだったんです。当時同志社なんか出てるっていう凄い人なんですが、良家のお嬢さんが薩摩男児の所に嫁いでるから決してうまくいかない。で、別居しちゃったんですよ、ある時。で僕も姉貴も、おばあゃんまでがお母さんを選んじゃったの。親父は鹿児島に残って、おふくろは広島に引越しちゃったんですよ。俺も姉貴もおばあちゃんも女3人と僕1人が、お母さんについて行ったんです。そっから女だけの生活でしょ。すると女どもは何を求めるかっていうと、お父さんの代わりも求めるし、末っ子である可愛い拓ちゃんも求めるし、いろんな事、求めるわけ。すると僕は自分でも気持ちが歪んでいってね、一筋縄じゃないっていうか、女系に育った特殊な感じがね、出てきて。
多分おばあちゃん子だったし、お母ちゃん子だったし、お姉ちゃん子だったんでしょうね。だから、甘えっ子だったっていうのが当たってるかどうか別にして。
例えばさっきの小室さんなんかでもね、実は彼が兄貴分に見えるでしょ。ほんとは僕が兄貴分なんですよ。彼は僕を慕ってるだけなの、ほんとに。僕ってね、すっごい兄貴っぽい所があって結構友達できるんですが、その反面でものすごい甘えっ子だったりする、末っ子だし。いろんな人格っていうか性格を持ってて、それでこう、巧みに世渡りをしてるなっていう。結構、うまいな、結構自分で陶酔するな。吉田っていいなって思いますね。(笑)
きょうずっと聴いててね、吉田拓郎ってまんざらじゃないな。
きょうの酒は美味そうだな。(笑)そんな感じがしましたね。
えー、今、ツアー中なんです。
night
アナ: はい、もうすぐ、えっと今日は10月の10日です。あさって、さきほども何度もおっしゃってましたけれどもね、群馬にいらっしゃるという事で。
拓郎: 明日から行きます。
アナ: で、11月の3日は、大宮ソニックシティホールで、大好きな大宮に。
拓郎: そうですよ、大宮命っていうか故郷って呼びましょうか、これから。(笑)
アナ: クックック。そして11月になりますけれども、宇都宮市文化会館、そして15日には日本武道館という。
拓郎: はい。
アナ: えーまだまだたっくさん、これは12月の末まで書いてありますけれども、横浜ですとか、長野ですとか、あちこちでコンサート行われますので、是非みなさん足を運んでくださいね。
拓郎: そうですね、足を運ぶのはいいですが、足を開かないでください。(笑)昼間っから言ってるように、お願いだから足を開かないように。
アナ: 流れている曲、たくさんリクエストをいただいています。吉田拓郎さん、「男達の詩」
 
 
 
 

| | コメント (0)

2005/04/25

( 33 ) 拓郎・小室等・坂崎幸之助「憧れた人」

拓郎: もうきょう、ずっと1時からやっててね、そいで何時頃に話したか忘れましたが、結局スターになりたかったと。(笑)
坂崎: ほう。
拓郎: じゃないかと、僕は。自分で自分をこうね、探っていくに従って。あの、今、こじつけなんですよ、ほとんど。ふと思うに、俺はスターに憧れてたんじゃないか、と。ファンレターを出したりとかリクエストをしたりとか結構まめにする少年だったんだよ。で、結局そのスターの人達に実際に会えるようになってみて、会ってみると実際に会わない方が良かったと思う人もいたし、会って良かったって人もいるんだけど、坂崎君にとっての日本のスター、あのつまりファンレターを書いてみたいとか、お世話になった女優さんとかなんか・・・
坂崎: 女性で?
拓郎: うん。 つまりもうもの凄く、この人とだったらどうなってもいい、恋焦がれた人よ。
坂崎: はい、言いづらいんですけどね、えー男は拓郎さんですよ。
拓郎: うん、で、女の人は?
坂崎: ちょっと・・拓郎さんの前で言いづらいんですけどね・・(笑)浅田美代子・・・うっふっふ。
拓郎: ・・・浅田美代子さん・・・あれ好きだったの?
坂崎: 好きです、あと木の内みどりさん・・・
拓郎: あの時代のアイドル・・・
坂崎: はい、いわゆる普通の・・・手の届かないっていうんじゃなくて手の届くっていう感じですよね。
拓郎: ふーん、はぁー、木の内みどりさんと浅田美代子さんねぇー、二人、タイプ違う・・
坂崎: 結構身近ですよ。(笑)
拓郎: よく知ってます二人とも、はい。
坂崎: うふふふふ。
拓郎: お前、お前ね、もっと違うのを・・こういう時なんだから、違う人を・・やめろよお前(笑)身も蓋もないってこういう事言うんだよ。(笑)
坂崎: すいませーん。
小室: うひゃひゃひゃ・・
拓郎: なーんだそれっていうさ。あぁそうかねぇ。でもタイプは違うねふたり。もし木の内みどりさんや浅田美代子さんに会ったら、どうしますか?いきなり歌、歌っちゃう?
坂崎: 歌っちゃいますね、僕、吉田拓郎さんよく知ってますから。(笑)♪これこそは~って。(笑)
拓郎: 木の内みどりは喜ばない。木の内みどりさんて、そういう人じゃない。わりとミーハー嫌い。軽薄は嫌いなの。こんな事、俺が詳しく言ってもしょうがない。(笑)誰かの奥さんだよね。
小室: がっはっははは。
坂崎: 竹中さんですね。
拓郎: 小室さんは?
小室: 俺、俺の頃は、ずーっと昔だよね。自分がガキだった頃に・・・月丘夢路さん、とかね。
拓郎: あれですか、やっぱりオナペットだったんですか?
小室: いやいや全然、俺が子どもの頃に、もう向こうはホントに熟女。
拓郎: 年、関係ないよ、僕だって小学校、中学校の頃に若尾文子さんとか、この人がお母さんだったらいいなと思って、夢精してましたね。(笑)
小室: あと、あの、お通さん、八千草薫さん。
拓郎: はぁ~。八千草薫さんて清楚な・・
小室: 宮本武蔵のお通さんだったんだよ。三船敏郎さんの時かな?
拓郎: 凄い話になってきましたね。(笑)芦川いずみっていう人、いなかったかなぁ。あの人が学校の先生ならいいな、と思って・・学校行くたびに、なんで俺の学校、こういう先生いないんだろうって。あの人が学校の先生、やると、裕次郎かなんかと、もう憧れまくるっていう。
小室: ♪姉さん先生~は、芦川いずみさんをイメージしてた?
拓郎: いや、これはホントに鹿児島でね、宮崎先生ってね、いたんですよ。顔、形、全部覚えてますよ。あの小学校の2年の時に担任の先生でね。僕、小学校2年の時に、すごく憧れてる女の子がいたんだけど、下駄屋の娘だったですけど。子供心に好きだったんだけど、ある日、相撲を取らされて、男子と女子で。負けるんだ俺、どの女の子とやっても。で、砂があるでしょ、あそこへ投げ飛ばされて、そのチズコちゃんて子が僕を投げ飛ばして、ポンと蹴られたんですよ。
小室: あらら、そりゃ傷ついたねぇ。
拓郎: うん、ひどく傷ついて、泣いたの。チーちゃんが僕をいじめた、とか言って。したら宮崎先生が、「よしよしよし」とか言って「吉田くん、もう大丈夫よ。きょう、先生んちへ遊びに行こうか?」って俺をおんぶしてくれて・・・「ぼく行くー」(笑)で、背中におんぶされた時に、先生のこのうなじ、首筋からなんか大人の人の匂いがして、なんかもう、このままこすりつけていたい・・・
坂崎: かっかっかっかっ。「こすりつけていたい」って。
拓郎: へばりついていたい、だ。表現が違う。(笑)間違えた。(笑)今、つい本心が出ちゃって・・このまんまずっといたい・・・
坂崎: 後ろから(笑)
拓郎: 後ろから、おいおい。(笑)おんぶはこうするもんだよお前。そいで家まで行って、「はい降りなさい」って言われても、「いやだ、僕、降りない」ってすっかりもう真っ赤になってんな俺は。(笑) その先生の事なの宮崎先生って。大好きだったの。その時に、チーちゃんから、大人の先生への恋に変わったんですよ。
坂崎: はぁ~、そん時に作ったんですか?
拓郎: バカ! 小学校2年で、できないよぅ。(笑)それ作ったら今頃俺、ビートルズだよ。入ってるよストーンズに。(笑)
・・・一部略・・・
拓郎: しかし二人には何もお聞きせずに、一人で喋ってる気もしますが。
坂崎: いいんです、拓郎さんの番組ですから。
小室: そうそうそう。
拓郎: もうあと30分ですから、冷たいビールをアキヨさん(アナ)が用意してくれてるって言うんで・・・
小室: ああいいな。
拓郎: 飲みたいなと思っておりますが、30分ですので待ってて下さい。
坂崎: 待ってるんですね。
小室: はい。
拓郎: ここで泊まろうよ。
坂崎: (笑)生がありますから。(笑)
拓郎: 小室さん坂崎さん、どうもありがとうございました。
坂崎: どうも。
小室: 失礼しました。
 
「落陽」
 
続く
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/24

( 32 ) 拓郎・小室・坂崎 「子どもの頃聴いたラジオ」

拓郎: 歌が好きだ、音楽が大好きなんだけど、その音楽みたいなのを最初に耳にしてね、例えば学校で音楽を習うじゃないですか。
僕の通ってた高校の音楽の先生ってのは、ピアノを使わない、っていうユニークな先生で「俺はピアノで教えたくないんだ」って言うわけ。で、アコーディオンで教えるわけです。
坂崎: それ横森良三さんみたいですね。(笑)
拓郎: 「お前達は小中学校でピアノで音楽を学んだが、それやめろ」って言うわけ。それから学校の教科書使わずに、自分で歌集を自分の好きな歌、北帰行とかあるじゃん、それ歌わせるわけ。
小室: 歌声広場みたいな、ともしび、みたいだね。(笑)
拓郎: そう、すぐクビになったけど、教育委員会から。(笑)だけどそういうユニークな教育してもらったおかげでさ、高校時代にはすっかりもう歌謡曲、歌ってたの。
坂崎: ほぇー。
小室: すごいすごい、それは。
拓郎: 坂崎少し年代が違うんだけど、僕とか小室さんはゲルマニウムラジオなんて時代があったわけ。
小室: そう、自分たちで作ってねぇ。
坂崎: ありましたよ、ちっちゃい時。こういう所に着けると電波が入るんですよね。
拓郎: ああいう時代でしょ。だいたいラジオでしょ。するとさ・・
小室: 尋ね人、なんてやってたもんね。ラジオで。延々と、どこそこ出身の誰々さんとか・・・
拓郎: あー、そりゃ何年頃のあれなの?「君の名は」の頃だよ。
拓郎: し、知らないよ。(笑)
小室: うそー。(笑)
拓郎: 俺は戦後のドサクサは知らないよ。
小室: だってアンタ俺と2つしか違わないじゃん。
拓郎: 2つ違うと大きいんじゃない?そのへんが。
小室: ふぇー、尋ね人、知らないの?
拓郎: うん知らない。
小室: 坂崎知らない?
坂崎: 俺は全然知らないです。(笑)小室さんと10年違うんですから
小室: あらごめん、いずれにしてもラジオの世界だったね。
拓郎: なんの話だっけ? えーと、そう、ラジオでかかる番組ってさ、おばあちゃんが聴いてる番組とかさ、親が聴いてる番組でしょ。おばあちゃんは浪花節を聴いてるわけですよ。俺はおもしろくないなぁ、と思ってるわけ。
小室: そこが違うわ。俺は浪花節がおもしろいとラジオで聴いた世代だもん。
坂崎: はぁー。
小室: もうみんなラジオのスピーカーに向かって耳をそばだてて、渋茶を飲みながら・・・
拓郎: 子どもが渋茶を飲むわけ?
小室: いやいや、渋茶をのんでる大人の隣で、なんか、落花生みたいなのを・・
坂崎: ぶはっ、落花生。(笑)
拓郎: 唐突に落花生が。(笑)あのねぇ、また話が。(笑)小室さんが話すと話がわかんなくなっちゃうんだよ(笑)
小室: あららごめん。(笑)
坂崎: 音楽が流れてたと、ラジオで。(笑)
拓郎: 姉貴が聴いてるのが歌番組なわけ。島倉千代子とかね、歌謡曲を聴いてるわけですよ。結構、そういう所から歌謡曲を聴き始めて、流行り歌を聴き始めてさ。
小室: S盤アワーなんてやってたよね。
拓郎: それはもう相当あとでしょ。僕の子どもの頃の話。
小室: あぁそうだ、俺は言わない方がいいね、よけいな話。(笑)
拓郎: それで、一番最初に聴いてた曲、歌謡曲って覚えてる?
坂崎: 最初ですか? 覚えてないなー。
拓郎: 小室さん覚えてます?
小室: 覚えてるよ。例えば、♪イヨマンテ燃えろかがり火
拓郎: 俺も覚えてるって事は、同年代かぃ?(笑)
小室: ほらみろ!(笑)
拓郎: イヨマンテ(熊祭り)の夜。
小室: そうそうそう。
坂崎: 守屋浩さんとか。
拓郎: ♪僕は泣いちっち
坂崎: あと、大学数え歌でしょ。
拓郎: あ、大学数え歌、それは結構もうポップだよ。
小室: あれは? ♪野球小僧にあったかい
拓郎: 灰田勝彦。
小室: 同世代なんだよー。(笑)はははー。
坂崎: 確認しないでくださいー。(笑)
拓郎: そいで映画もあったの。
坂崎: それは知らないなぁ。
拓郎: それはそうだよねぇ、小室さんその頃東京だったんでしょ。
小室: 東京でした。
拓郎: 俺は鹿児島にいても、やっぱり電波の力って凄いですね。灰田勝彦を同時に知ってるという。なに話してるかほとんどわかんなくなったけどそういうのを聴いてたわけですよ。(笑)さ・・・(笑)
小室: うわはは・・オチは無いの?
拓郎: ない。(笑)ただそんだけのこと。(笑)
坂崎: それだけの事だったんですよね、大事な事ですよ。(笑)
拓郎: それを思い出して・・・どうする?(笑)
小室: えっへへへ。つまり、ラジオで音楽を聴いた時代である。
拓郎: そういうこと。(笑)例えばさ、歌謡曲を聴きながら、ビートルズを聴きながら、ホブ・ディランもやりながら、片方で、三波春夫の♪おーい船方さん・・も好きだったりするこの現実。(笑)
小室: ♪おーい船方さん、は三波春夫じゃないだろ。
拓郎: 三波春夫ですよ。
坂崎: ♪おーい中村くん
小室: 三波春夫かぁ。(笑)えぇー、そう。(笑)
坂崎: いろんな音楽、まとめて聴きますよね。
拓郎: 雑多にね、いろんなの聴いてるわけ。で、好きな歌っていうのはやっぱり流行歌だったんだよね。坂崎はどう?
坂崎: いざこうやってギターを持って歌うとね、日本のフォークが出てくるんですよ。24、5の連中でも、それこそ拓郎さんの曲とかね。俺らが子どもの頃の歌っていうと、やっぱりフォークなんですよ。だからフォークが♪おーい船方さん、なんですよ。
拓郎: あぁ、そういう事か。
小室: だっはっはっはは。
拓郎: なーんだそうか。俺は船方さんなの?
小室: 俺たちの前には吉田拓郎は、いなかった。(笑)
坂崎: そう。(笑)
拓郎: 俺は、きょうから船方さん。♪俺は船方さん。(笑)きょうから僕の事、船方さんと呼んでください。(笑)

ハガキ、読みますか?
・・84年、後楽園のジョイントコンサートが大雨だったという内容を
 受けて・・
拓郎: はは、あったねぇ。俺なんか何もしないで帰って来たよ、あの日。(笑)いきなり打ち上げだったよ。
小室: ははー、ウソだぁー。

「流星」

続く

続きを読む " ( 32 ) 拓郎・小室・坂崎 「子どもの頃聴いたラジオ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

( 31 ) 吉田拓郎「元気です」「拓郎、小室等」を語る

拓郎: それからですね、小室さんちに行くと、奥さんと小室さんが、よく呼んでくれてね、食えない頃ですから。お酒もおごってもらったり食事も食わしてもらったりしました。ま、ご飯をご馳走になって、「飲んでいく?」とか訊かれて、「頂きます」とか言って飲み始めると、だいたいまぁよく、議論になって、小室さんが理論的に間違ってるわけです。小室さんがですよ。僕が正しいわけです。(笑)
で、その時、「お前バカ野郎、お前、なんだかんだ言ってもなぁ戦争っていうのは何で起こるか、わかるか?」訊かれるたびに俺は絶句して、「参った」と。答えられないから。それを10年ぐらいずっと続けてて。(笑)ずーっと長い付き合いなんだけど、やっぱ立派なのは、俺じゃないか? 小室等っていうのは、何か雰囲気と、生まれた時から仙人だったんじゃないかっていう雰囲気とか、先輩だとか、PPMやる時のギターが上手いとか、そんな事でみんなが錯覚してるだけで、本当は、とんでもないヤツだっていう事件が札幌であった。
坂崎: なんですか?(笑)
拓郎: 小室さんの部屋に、女のファンが訪ねて来た。俺はやめようと思ったんだけど、「小室さん、ファンが来ましたよ」っつったら、「そうか」って・・・ファンの子が入って来ました、部屋へ。小室さんはその時スーツを着てました。新六文銭の頃ですけど。
坂崎: あ、♪12階建てのバスがバスがやってくる(笑)
拓郎: ♪パーパパッパ、何言ってるんだよ。(笑)その時代なんだが、そいで柳田ヒロってヤツと、後藤次利とかといっしょに、「小室さん、ファンの子が来てますよ」って言って。そしたら小室さん、「10分ぐらいしたら呼びに来てくれ」って。その時、スーツ着てましたよ。でもなかなか出てこない、女性が・・・「おかしいなぁ」と思って、コンコン、「小室さん時間ですから、帰しましょ」って。
「ああそうだな」、「じゃ、さよなら」ってドアを閉めてから、僕と柳田ヒロは、「小室さん・・なんか・ファッションが違ってない?」なんかステージ衣装を既に着てて・・(笑)ステージ衣装のジャケット着て・・・っていうのありましたよね、小室さん。(笑)小室さん、小室さん、とんでもないですよね。本当は金沢で捕まるのはキミだった。(笑)
坂崎: あははー、ちょっと危ないなぁ。(笑)
小室: その事の真偽はともかくとしてね、あのー恐ろしいのはね、そういう拓郎と言い合っていた時に、ホントに恐ろしい事に、俺が正しいと思ってたんだよ、その時ね。だけど、今、すべての事を思い返してみると、俺が間違ってたなぁ、全部。(笑)
拓郎: お、ちょうどいい機会だよ、キミが全部間違ってたって事を、ちゃんと言っとこうよ。(笑)
小室: 本当に恐ろしい事だと思う。僕はね、たくさんの人に議論を吹っかけてね、その都度自分が正しいと思ってたけど、全部僕が間違ってたね。
拓郎: それは、キミが正しいと思ってたもんだから、しょうがないから俺らが間違ってると思ってたわけよ。(笑)
坂崎: よくボヤいてましたもんね、拓郎さん。
拓郎: おう、俺と井上陽水はホントにね、「いっつも俺たち怒られてんなぁ」っていう、「何だろう」って言うんだけど、やっぱ小室さんが偉いんだろうな、って事で納得してたわけ。本人が「俺が違ってた」って言うんならさぁ、こりゃぁ井上もきょうから心が晴れて、もう心もよう、みたいな歌作らない。(笑)傘がない、なんて歌にしない。(笑)
小室: がははははっ。
拓郎: 他人の歌をボロクソ言う集団ですが、曲いきますか。小室さんに是非、こうあって欲しかった。(笑)

「素直になれば」

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/23

( 30 ) 拓郎「フォークジャンボリー」を語る

拓郎: その今そのー、生ギターっていうかアコースティックギターの響きに酔いしれてしまいましたが、ギブソンのJ45とマーチンの35ですかそれ
坂崎: 28です。
拓郎: 28、名器が2台。もう素晴らしい、ギターってねぇ名器と不名器いや無残な物とあるんですよ。いいのに当たると何十年もすればするほど、どんどん音が良くなるんですが、このギターは結構名器?
坂崎: えぇ。 ・・・ 「ある雨の日の情景」のイントロを弾き始める・・・
拓郎: そういうの弾くなよ。(笑)お前。(笑)止まっちゃうんだよ、俺、「おっ」って。いちいち「何だっけ」って思っちゃうんだ。そういうギターを僕らが弾いてる頃に、小室さんは六文銭ていうグループがあってですね、この話をぜひきょうはしたいと・・・
あの中津川フォークジャンボリーって、さっき「人間なんて」っつぅの、かけてたでしょ。で僕はそこでマスコミ的に言うと、スターになった、っていうふうな話なんですが、現実は俺しか知らない、という悲劇があった。それはですね、確か、あそこは寝る所もなかったんですよね、小室さん。(笑)
小室: えーっへへ。
拓郎: 俺は「東京って所はひどい所だ」って思ったんですが、僕は全然東京に来たばっかりで、まだ六文銭の後ろをついてまわるって感じで・・・
小室さんなんかはフォークジャンボリー、詳しいんですよね。それで、ステージはいいんだ、どうでも。問題は、夜どうやって寝るかで、ところが、朝までコンサートやるから、山を降りてですね、山の上の方でやってたから、寝る所は下の方しかなかったんです。
小室: あのね、僕も中津川フォークジャンボリーに関しては全然歓迎されてなかったの。で、拓郎とか僕らとか東京から行った人間は、わりと押しやられてる、というか関西の人達はちゃんと宿舎とかちゃーんと泊まる所とかあったんですけど、僕らは、その、湖畔の傍のバンガローに寝なさい、って事になってたんだよね。それは、寝たい時にそこへ行けば寝られるって事になってたんだけど、もう、ドサクサになってるから、そこは人がみんな入ってるわけよ。そいで拓郎も俺らも、六文銭もなかったの、宿舎が。そして「山を降りればどっかで寝られる」って事になったわけ。
拓郎: そうでしたね。(笑)
小室: それで白々と夜が明ける頃に・・
拓郎: 降りても降りても、着かないんだ、ふもとに。そいでね、下のふもとに着いたのが、だいたいそうですね夜が白んできて、真夏だったんですよ。で、やっとロッジみたいなの見つかったんですよ。で「みんな寝よう」と。で、ふと気がついたの。寝にくい。なぜかっつうとね、夏でしょ、山でしょ、セミが凄い鳴いてるわけ。(笑)ミーン、ミーン!
小室: ちょうど夜が明けてきてね。
拓郎: 「とても寝られない!」っと思ってたんですよ。「寝にくいなぁ、ステージも疲れたし」とか思ってたら・・・
大先輩である小室さんがですね、「恒平と拓郎、ちょっと来い」とか言って。先輩ですから彼は。「はい」って言ったら、「お前達ねぇ、あのセミ静かにさせて!」って。(笑)
坂崎: あはははっ小室さんがですか?
拓郎: そいで・・
小室: 「キミ達には二つの仕事がある!」
拓郎: そう、「二つの仕事がある」
小室: 一つはねぇ・・
拓郎: 行方不明になったヤツを探せ。
小室: 行方不明になったメンバーが二人ほどいるから、どこにいるかという事を確認せよ。どこかで合流できるようにせよ、これが、1つ。
拓郎: もう1つは、「セミがうるさいから静かにさせろ」(笑)で、その、一個のテーマは、見つかったんでよかったんですが、セミが静かになってくれないの。で、もう、僕たち後輩は、及川恒平と僕はですね、「どうやったらこのセミを静かにできて、小室さんをゆっくり眠らせてあげられるだろうか」と。
しかたがないから、そこらじゅうにある石をいっぱい集めてですね、セミめがけて石を投げる。(笑)1時間ぐらい、「こらーセミー、静かにしろー」。したらさすがに静かになりましたよ。(笑)いなくなったから。(笑)
それぐらい石を投げた、ほいで小室さん所へ行くと、すっかりお休みで・・(笑)俺たちは寝れないよねー、朝から力仕事でさ、セミ追っかけてるんですから。(笑)俺、そんときに、この音楽仲間の先輩、後輩っていうのは凄いなぁと、つまりいっしょにステージで歌ったりして、やってても「うるさいからセミを静かにさせろ」っていうのは、ほとんど応援団だな、と。(笑)あんときですよ、東京のヤツは良くないヤツが多いなと思ったのは。(笑) 

続く

| | コメント (0)

( 29 ) 拓郎、小室、坂崎三人で

拓郎: これやりましょうか。コード覚えてます?
坂崎: チューニングはどうですかねぇ。小室さんカポありますよ。
拓郎: 小室さんカポなくても上手いでしょ。
小室: いやいや~。
坂崎: チューニングが・・・
小室: フォークってのは、似てればいいんだよ。(笑)
坂崎: あ、近ければいいですね。(笑)
拓郎: これチューニングっていう曲ですって言ってたよね。(笑)
坂崎: 昔ありましたね。
拓郎: 小室さんなんか十二弦ギターチューニングするの20分ぐらいかかるからね。(笑)
小室: あれ、弾けないや。
坂崎: 「全然弾けない」って、小室さーん。(笑)僕らは小室さんをコピーしたんですから。そういう立場の人間を目の前にして。(笑)
拓郎: ショックだよなぁ。
坂崎: ショックですよ。(笑)
小室、ギターをぎこちなく弾き始める
一同: ははははっ。
拓郎: アマチュアみたいだね。(笑)も一回やってみ。
小室: あれ?
坂崎: ♪キングサーモン・・・
小室: あぁ、そういうのあったね。
小室、坂崎のギターで「花嫁になる君に」
拓郎: 坂崎詳しいんだ。(笑)うまいねぇー、うまいねぇー。パチパチパチ・・・小室さん、リズム悪いねぇ。(笑)
小室: ついていけないんだもん、指が。(笑)
拓郎: なんか二人でやってよ。スリーフィンガー。
坂崎: スリーフィンガーですか? パフ?
拓郎: 何でもいい。坂崎がパっと弾けば、小室さんは「ああそれ」ってやってくれるから。
坂崎: かえって難しいですね。 六文銭やれとか・・
拓郎: 六文銭やって。あれは? 「夏・二人で」、できる?
坂崎: あ、できます。
拓郎: うぇーー、凄い。これ、いい歌なんだ。
拓郎: 小室さん、「夏・二人で」が弾ける奴いないよ。
「夏・二人で」(拓郎、坂崎二人で歌う)
拓郎: 懐かしいねー。
坂崎: ありましたね。六文銭ですよね。僕ね、あれも弾けるんですよ、小室さん。なんだっけな、♪ある朝ぼくは汽車に乗った 切符も買わずに・・・(五年目のギター)
拓郎: 小室さんの曲?
坂崎: 小室さんと石川鷹彦さんの曲ですよね。
小室: 小林と・・・
坂崎: むかーしの曲ですよね。
拓郎: 何でさ、坂崎の方が知ってるわけ、そんなに。
坂崎: ♪それから激しさは
小室: はぁーーー!
拓郎: 小室さん!はぁーーーじゃないんだよ。(笑)
小室: これ、岩沢幸矢が作ったんだ。
拓郎: あぁぁ、さっちん!(ブレバタ)
小室: おぉー、責任感の欠如を感じるね。(笑)えへへー。
坂崎: そういうのを聴いて育ってましたからね。(笑)
拓郎: 責任感のかけらも無い。(笑)フォーライフの社長の頃から。 坂崎、キミ全部知ってる?
坂崎: 大体グループごとにいけば。チューリップやってくれって言えばやりますし、かぐや姫もいけますよ。あの拓郎さんがプロデュースしたっていう、♪雪が降るよ~
拓郎: 似てるー!似てるー!似てるなーお前。
坂崎: あとは、♪僕は何をやっても~
拓郎: あはははっ。 その声!似てるなぁー。だってこれ、こうせつだって思っちゃうよね。
小室: 思っちゃうよ。本人だってこうは歌えないよ。(笑)
拓郎: それうちでこうやって練習したりするわけ?
坂崎: いやー、聴いてたですね、よくね。結構、だからユイ関係の人達のとか。でも若い人から見ると、僕らデビューして16年なんですよね。小室さんの所にお世話になってから20年近くになりますんで・・・拓郎さんがデビューして20年でしょ。だから若い人から見れば、アルフィーも拓郎さんも、古い人達だっていう(笑)
小室: それにしても、あの頃のものを、まだ弾けるってのは凄いね-。しかも他人のものをだよ。
坂崎: いや、でも拓郎さんとか六文銭とかは覚えてますよ。
小室: 僕は六文銭のものはほとんど歌えないね。
坂崎: ♪雨が空から降れば~
拓郎: じゃあ小室さんそれ歌ってこのコーナーを閉めましょうか。小室さんの「雨が空から降れば」、生で聴くのも久しぶりですね。
「雨が空から降れば」
 
拓郎: うまい!!パチパチパチ・・・「 雨が空から降れば」、小室等でした。
続く
 

|

2005/04/22

( 28 ) 吉田拓郎「元気です」ゲスト 坂崎幸之助Ⅲ

アナ: この時間はアルフィーの坂崎さんをお迎えしてお送りしていますが、「吉田拓郎ヒストリー」ということで、どんなモノが飛び出すでしょう。
坂崎: うーん!ヒストリー!
拓郎: これあれですね、こういうのってFMじゃなくてAMではよくある光景でしょ。なんか・・・
坂崎: 拓郎さんの深夜放送って、多かったですよね。僕、自分で経験できるってのはね、ちょっと学生の頃の自分からは想像つかなかったですね。
拓郎: よく来たじゃない、アルフィーで。
坂崎: いやー、やっぱ違いますよ・・この感じは。(笑)
拓郎: よく、よく、よく言うよ。マリコの部屋から何からいっぱい歌って。(笑)あんだけ歌っといてさぁ。あんだけ人を笑かしといてさ。(笑)
坂崎: でもホントね、こうせつさんが乱入したりとかね、よく深夜放送でありましたよ。小室さんといっしょに何かやったり。僕はね、いろいろ拓郎フリークと、言われてますけど。レコードになってない曲も結構知ってるんですよ。(笑)
拓郎: ゲッ。どういうの?
坂崎: 例えば、♪まっすぐ入ってごらんよ 道が二つに分かれてる途中に小さな穴があり そこから覗くとほらごらん広い世界がキミの前、とか。(笑)
拓郎: まるっきりあれですね、今でいう。いるじゃないですか。ギター持って歌う人、誰だっけ?ねぇねぇねぇ。
坂崎: 嘉門達夫さん!
拓郎: あはははっ・・ほとんど嘉門達夫だね。(笑)
坂崎: あとね、♪春でもないのに夏がきて 夏なのに秋が来る・・・って拓郎さん、やってたんですよ。
拓郎: いい歌だねぇ。(笑)本田路津子!俺、嘉門達夫より先輩だねぇ。(笑)
坂崎: 凄いのありましたよね、替え歌って結構ありましたね。♪あなたのおうちが水洗トイレなら そしてそれが
洋式トイレなら・・・どうも。どうも、までいかなきゃいけませんよ。(笑)
拓郎: 俺さぁ、あの、帰りたい。(笑)なんかもう・・・
坂崎: こういうのどうですか?♪どんなに悲しいことがあったって わたしのペラペラの心は泣けはしないと思っていたけれど・・・ども。拓郎さんやってたんですよ、これ。(笑)
拓郎: 「どうも」(笑)、つかんでるねぇ。(笑)げっラクなステージだったなぁ。(笑)それだったら俺、年に100本できるな。
坂崎: うん、これをね10曲ぐらいヤングタウン東京でやってたんですから。
拓郎: あっそうだっけ?私? 帰りたいですね。(笑)なんか結構、自分でさ、さっきの小室さんの言ってくれた事とか聴いてると、結構栄光だなぁ俺って自分で思ってたんだけど、大きな間違いだね。(笑)
坂崎: 見てますからね、やっぱり見る人は。で、こうしてプロになってる人間もいるんですから。怖いですよ影響力は。嘉門さんにももしかしたら影響を与えたかもしんない。
拓郎: 嘉門てこの間、うちへ来ましたよ、しょうもない詞をいっぱい「読んでくれ」とか言って。(笑)バカヤロー、しようもないよ、とか言ってましたが、全然変わらないって事が今、はっきり・・小室さーん!もうここでキミが入ってくれば、ほとんどパーフェクト!
坂崎: ご無沙汰してまーす!
拓郎: 小室さん、あれらしいですねぇ、あの、コンフィデンスの曲を作曲して、そいでコンフィデンスが歌っていたって。
小室: そうそう映画音楽の・・・えー・・・
坂崎: 「愛よこんにちは」(笑)
拓郎: 「愛よこんにちは」??? それ、さっき言わなかっただろ!
小室: ははははっ。
拓郎: この野郎(笑)ほいで、せこい、これがフォーライフ第一弾だったんでしょ、さっき言わないの(笑)で結構自分では軽い事、言うわけよ、「まぁ売れを狙ったんじゃないか?」とか。(笑)
小室: うはははっ。FMを聴きながらさ、軽いタッチでそれを子守唄にしてウトウト~としてる時って気持ちいいじゃない。でもうるさいなぁ、この番組は。(笑)
拓郎: やっぱり。
小室: 俺ね、下のソファーの所で寝ながら聴いてたの。そいでウトウト~としてたら突然、なんかやかましいー、もう寝てらんない。
拓郎: あと2時間、我慢しろ、バカヤロー。(笑)
坂崎: あははははっ。
拓郎: もうしっかり深夜放送の・・・♪セイヤング!(笑)
坂崎: (笑)まだ8時半ですよ。(笑)
拓郎: あ、まだ8時半? ♪オールナーイトニッポン!(笑)
坂崎: ♪パックインミュージック!(笑)
拓郎: すごいですねぇ。(笑)
 
続く
 

|

2005/04/21

( 27 ) 吉田拓郎「元気です」ゲスト 坂崎幸之助Ⅱ

拓郎: 坂崎、ダンサブルやめた方がいいって。(笑)違うんだよ。あとでホントの事を話してやるよ、キミ達の生きる道。
坂崎: なんでですか。(笑)
拓郎: アルフィーのファンの子達、アル中と呼ばれてる。その子達は元気ですか?(笑)
坂崎: はい。
拓郎: あんた達はマメだよねぇ、なんつうんだろう、例えばさぁ六本木の中華料理屋にみんなを集めて会を開いて、俺よく見かけるんだけど。(笑)
坂崎: もうやってないです。(笑)ルーテンでしょ。(笑)ずいぶん前ですよ、それ拓郎さん。(笑)
拓郎: やってないの?(笑)なーんて言う、不思議なアーティストだなぁって思ってて。(笑)
坂崎: スキーツアーやったりするんですよ。ハイキングにね、バス3台で、メンバー1人ずつ乗って、相模湖行ったりとか。
拓郎: うん、いいよね。(笑)いわゆるニューミュージックっていう中には見当たらない売り方っていうかキャラクター。
坂崎: やっぱり演歌に近いですね。
拓郎: 近いというよりモロじゃないか?(笑)俺、あのルーテンで・・随分前か、あれは。
坂崎: もう7、8年前ですよ。(笑)
拓郎: 悪いけど吹き出したもん。(笑)坂崎、気ぃつけろよお前っていう。そいでねぇ、六本気と言えば!アルフィーの3人とはいろいろ思い出がありまして、ディスコへ行ったんですね、ある日。(笑)そいでねぇ、まぁディスコですから踊る所なんですが、飲み屋と間違えてんです僕達は。(笑)だから水割りを二十杯ぐらいバーッと飲むんですが、なんか結構飲み足らない。おもしろい所へ行きたい。
slate
・・・・・・一部略・・・・
slate
拓郎: だれも気付かなかったね。(笑)なんだろこれ。「坂崎!」って叫んでも誰も見てくれない。(笑)
坂崎: (笑)大声で呼んで。
拓郎: 「アルフィーの坂崎じゃないか!」って叫んでも。(笑)
坂崎: いや、あれ気がついてんだけど六本気あたりだと、ほら、ね、知ってる人が歩いてる、とか言っても、そういうのを見たり指差したりするのが恥ずかしいんじゃないですか?あいつらプライドがあるから。(笑)
拓郎: うん、関心がない?
坂崎: 関心がない。(笑)
拓郎: それからですね、横浜に住んでた頃に、オールナイトニッポンが終わった後に、「これから飲もう!」とか言って。
坂崎: 3時ですよ、夜中の3時!(笑)
拓郎: で、飲み始めて・・次の日の、もう日が照ってきて・・(笑)
坂崎: 日が照ってますよ!カンカン照りですよ。いや、それまで拓郎さんの家へ着いて、飲んで、手料理を元奥様の手料理を頂いてほいで「スタジオ行こう!」って、拓郎さんの自分ちに自宅のスタジオあるんですよね。そいでそこへ入ったのはいいんですけど。(笑)「録音しよう!」って事になったんですけど、拓郎さんやり方わかんなかったんですよ、自分ちのミキサーの。(笑)それでユイの一番偉いエンジニアの人を電話で、朝6時ぐらいですよ、叩き起こしてね、呼んで、ほいで録音したりね。秀樹に贈った曲を。(笑)アルフィーの曲を録音してその間奏で拓郎さん、「この間奏には笛を入れよう!」(笑)「笛を入れよう!」とか言って、たて笛ですよ、なんか民族楽器みたいなやつ。(笑)俺、合わないな~、と思ってたんですけど拓郎さん、かなり酔っ払ってますらね、「笛が合うよ!」ってんで♪ピ~ヒャララ、ピ~ヒャララ~て。(笑)
slate
拓郎: 合ってないよね~。(笑)
坂崎: 合ってない。ひどかった。(笑)ほいで笛が入って、「あーよくできた」とか言って満足しちゃったら、表出たらカンカン照りなんですよ。ほいで拓郎さん、「庭掃除だ、庭掃除だ」とか言って、ホース持ってね、庭を掃除したのはいいんですけど、暑くて。(笑)そいで寝ちゃったんですよ、拓郎さん。(笑)
拓郎: 俺、なんか庭で寝ちゃったんだね。
坂崎: 寝ちゃったの、カンカン照りの庭で。で、パっと気がついたらね、俺ら庭掃除してたんだけど、拓郎さんを見たら、もう汗びっしょり真っ赤になって。(笑)ほいで、「拓郎さんヤバいよ!起きなきゃ日射病になる!」って言って。(笑)死ぬ寸前だったんですから。(笑)僕らの事、あれ以降「恩人」と呼んでくださいよ。(笑)
拓郎: ね、俺、あれ死んでたかも知れないよね。(笑)
坂崎: 死んでたかもしんない。ほいで部屋ん中へ入れて、で、お蕎麦屋さんで出前取ってもらって、そいで食べたんです。(笑)で、俺ら仕事がその日あったんですよ、夕方。で、田園都市線で帰ったんです、そうめん食って。(笑)
拓郎: 若かったね。あの頃ってさ、アルフィーって、そんな人気なかった?
坂崎: うーん、出たころ。人気、だいぶ出てきた頃。
拓郎: 自分で言うからいいよなお前ってなぁ。(笑)「人気出てきた頃です」とかさぁ。なかなか自分じゃ言わないんだけどさ。わかりやすいけどー。(笑)だから、ダンサブルとか、方向が違ってるんだって。(笑)高見沢なんか違ってるって、あのスマした感じは。王子じゃないって。(笑)自分で思ってるんだろ。
坂崎: いや、自分は思ってないですよ。(笑)誤解されやすいんですよね。
拓郎: 一度アル中を集めてみ。俺、話してみるから。(笑)
坂崎: いやよく知ってる人はわかってるんですよ。拓郎さんとかファンの子は、高見沢がああいう人だって事は。
拓郎: 確かに、黙っていれば、王子は言い過ぎだけど、財津さんみたいな人かなぁー?とか思うかも。
坂崎: 財津一郎さんですか? 「キビシィーッ!」(笑)
拓郎: 違うだろー。(笑) 曲、いきますか? あ、8時だから・・
坂崎: 「全員集合」じゃないでしょうね。(笑)
拓郎: 違う、違う、違う。(笑)
slate
・・リスナーの「最近また盛り上がってきましたね。」を受けて・・
slate
拓郎: 確かに最近また盛り上がってきてんだよね。(笑)最後のあがき、だったりして。(笑)
坂崎: 的確ですね。
拓郎: 的確なご意見で、か。この野郎。(笑)
坂崎: 最後のあがきがいっぱいあるっていうのもいいですね。
拓郎: ONE LAST NIGHT IN つま恋。
坂崎: 完全に周りは騙されてましたね。僕は絶対終わらないってわかってました。(笑)
拓郎: きっとね、南こうせつも止めないと思う。
坂崎: 止めないですよ。
拓郎: またやると思うんだ。俺、この間見て、こいつまたやるな、と思ったもん。だって別れ際にさ、「拓ちゃん、こんなに入るんならもう一回やる」って。(笑)とんでもないやつばっかりですね。曲いきましょう。
 
「サマータイムブルースが聴こえる」
 
続く
 
 

| | コメント (0)

( 26 ) 吉田拓郎「元気です」ゲスト坂崎幸之助

コーナーゲスト・坂崎幸之助
拓郎: ということで、坂崎さん!あなたは、地元ですよね。
坂崎: あ、二人は地元です。
拓郎: あ、キミは違うんですか。
坂崎: 高見沢は、もうホントに地元です。僕は墨田区です。
拓郎: 僕ねぇ、だからこの番組が決まった時に、
坂崎・・あ、初めまして!(笑)
坂崎: どうも!(笑)
拓郎: 坂崎さん!(笑)
坂崎: 坂崎です。(笑)ども。
拓郎: 遠路はるばる。 坂崎: いえいえとんでもないです、2時間かかりました。(笑)
拓郎: ホントに、ねぇ泊まっていけ。
坂崎: だってきょう、生放送あるんですもん。
拓郎: いいから、ここからやればいいから。
坂崎: 半蔵門で。(笑)
拓郎: 半蔵門で、いいよね。そのー、ここ出身だと思ってたもんだから・・・
坂崎: 高見沢はここなんですよ。
拓郎: 高見沢に頼めばよかったなぁ。探訪っていうの、デンスケ持ってまわってくれっていうの。(笑)
坂崎: 桜井だったら秩父の方ですからね。すごいですよ、ヘルメットかぶって栗拾いやりますから。(笑)
拓郎: そっちの方の栗を育ててるおじいちゃんとかにインタビューして欲しかったんだよね。(笑)マネージャーから、「忙しい」って断られちゃった。
坂崎: 関口さん? 忙しいんですよ。今朝もね、朝6時までプロモーションビデオ撮ってたんですよ。
拓郎: 最近、アルフィー、レコード出さないの?
坂崎: えーと今月の17日に。ニューアルバムですよ。
拓郎: 長い間出してない?
坂崎: 19か月ぶりです。
拓郎: ふーん、アルフィーとしては、長い?
坂崎: Bの方ではちょっと・・・出しましたけども。(笑)
拓郎: あ~あ~、あれどうしたん?
坂崎: Bの方もちょっと。
拓郎: B、一時NHKで踊ってたじゃん。(笑)お前ら死ぬんじゃないかと思って。(笑)
坂崎: 拓郎さんどうしたんですか?そう言えばNHKの司会の方は?
拓郎: 降りた、降りた。(笑)俺、あのては無理だよ。(笑)「愉快にオンステージ」ってタイトルからして俺には合わないの!(笑)最初からずっとプロデューサーに、「俺には合わない」って言ってんだけど、「大丈夫、そのうち慣れる」って慣れないんだよ。(笑)
坂崎: シャイですもんね、拓郎さんて。
拓郎: だめよ石川さゆりとか来たら。なんか俺、もうだめ。
坂崎: なんかずっと見ててもね、拓郎さん司会やんないなぁと思ってたんですよ、最近。
拓郎: あー、降りちゃったんですよ、中村雅俊に代わっちゃったんじゃないの?知らないけどさ。(笑)できないよ、ああいう事は。それで話は違いますが、その、アルフィーが、そのアルフィーになる前、コンフィデンスっていうグループだったっていうのがあります。
坂崎: あ、アルフィーの前ですね、ビートルズの頃。(笑)さっき聴きながら来たんでね、頭の中がどうも・・・(笑)
拓郎: お前ねぇ、昔、ビートルズだったの?時々、勝手なこと言うからさ。俺、坂崎と話すとわっかんなくなるのよ。
坂崎: でも3人いるよりいいでしょ。(笑)
拓郎: 3人いたら、わけわかんない。(笑)
拓郎: 深夜放送なんかに来てもらったら、大変な事だから。(笑)
坂崎: お正月の番組すごかったですよね。
拓郎: お正月、♪マリコの部屋で~マリコと交尾~って変な歌、歌って(笑)
坂崎: 拓郎さん笑って終わっちゃったという。
拓郎: わけのわかんない英語しゃべるグループ。
坂崎: MANなんて。(笑)人間なんて、ですよね。(笑)
拓郎: そう、そういうね、たいした、なんつうの、知的な水準はないのに、知的であろうとする、この3人。Bの方のグループも、NHKで見た時に、俺はもうホント、みんな死ぬんじゃないかと、心配したんだから。はぁはぁ言いながら。(笑)
坂崎: やりましたねぇ。(笑)
拓郎: 結局誰のアイデアだったの?ああやって踊ってみよう、というのは。
坂崎: 踊ってみようっていうかね、ダンサブルなバンドになろうと。(笑)
拓郎: だからさ、唐突なんだよアイデアが。(笑)
坂崎: いや最初はフォークグループだったんですよ。
拓郎さんの、モノマネで入ったんですから。
拓郎: かまやつさんのバックもやった事、あるんでしょ。
坂崎: アルフィーでやったことあります。だからそのコンフィデンスっていうのが、大学1年までだったんです。 小室さん所にいたの、あの六文銭ファクトリーに。及川恒平さんなんかと。♪春は日傘の、の及川恒平さんですよ。
拓郎: あの人、今、何してるか知ってる?さっきびっくりした、テニスのインストラクターだって。
坂崎: 似合わないですねぇ。
拓郎: あの人がテニスのインストラクターだよ。
坂崎: いまですか?
拓郎: うーん。想像なんかできない。
坂崎: 俺もね、最近出たんですよね、その「キングサーモンのいる島」のアルバム。六文銭の、CDが。で、聴き直してて、そういや及川恒平さん、なにやってっかなぁって思ってたとこなんですよ。
拓郎: 帰り、逢いに行く?この辺に住んでるんだってよ。
坂崎: いや生放送なんですよ。で、コンフィデンスが、大学1年までで、デビューする時に、大学2年の時に、まぁ新たにね、名前を変えて、大手、田辺エージェンシー、日音、ビクターと3社、大手企業が集まって我々を売り出そうと。もう今のバンドブームといっしょですよ。 こいつらをガロの弟分として売り出そう、と。(笑)
拓郎 ガロねぇ~。(笑)
坂崎: 田辺エージェンシーですから。(笑)
拓郎: ガロを上回ろうと。(笑)
坂崎: 一人多いし!(笑)で、デビューしたんですよ。で、銀座ナウとかよく出てて。
拓郎: その頃はアルフィーは、もう結構長いんだよね、キャリアとしては。
坂崎: 16年ですねアルフィーになってから。だからその前のコンフィデンス入れると・・
拓郎: もしかしてオフコースよっか長い?
坂崎: オフコースの方が古い。
拓郎: 古い?あの二人でやってた。
坂崎: 二人の前からありますもん、オフコース。 4人とか3人とか。
拓郎: 知らなーい。
坂崎: だって、高見沢、シングル盤持ってますもん。
拓郎: オフコースの?ファンだったの?(笑)
坂崎: ファンだったみたいですよ。(笑)
拓郎: もうきょうは話が入り乱れてるね。(笑)
坂崎: 僕は拓郎さんの、まだ言った事ないですけどファンだったんですよ。(笑)
拓郎: 俺は言っとくけど、財津に会ったことないから。(笑)なんの話か、もうわっけわかんない。(笑)
とにかく曲聴きましょうか?
 
坂崎: Bの方ですね。(笑) BE∀T BOYS「ショック!! TAKURO 23」
 
続く
 
 
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

かぜ耕士「どこかでラジオが」 | '09ツアー | 120曲のニューフォークを創った"日本のボブ・ディラン" 平凡パンチ1970.3.30 | 2006秋ツアー | 2007ツアー | 2009 TOUR | 2014.7.6AMラジオ・由紀さおり「ルーム・ライト(室内灯)」を語る | 2014LIVE | 4/10日曜日のそれ(ニッポン放送)■掲載中■ | ANN GOLD番宣 | Bob Dylan | DJファン投票ベスト30 ・深夜放送ファン1972年8月号 | FM COCOLO J-POP LEGEND FORUM | FM NACK5 | FM特番■デビュー20周年記念番組■ 元気です!」■全35回掲載中■ | HIKE OUT | IMPERIAL | J-POP MAGAZINE | K's Transmission | KinKi Kids | KinKi Kidsの恩人、吉田拓郎 堂本光一(日経エンタテインメント!) | LIVE 2012 | LIVE 2014 | LIVE2012 | LIVE2016 | LOVE LOVEあいしてる | NY24時間漂流コンサート | SATETO・日清パワーステーション | SONGS | SOUND MARKET '83 | T's-R | Takuro FOR YOU-2 | Takuro NEVER SHRINK BACK AND ALWAYS SURE MESSAGE FROM 小倉エージ_ | TAKURO YOSHIDA CONCERT TOUR 1989 | TAKURO YOSHIDA TOUR 1989 - 90 人間なんて | TOUR 1978 ~大いなる人~ | TY INFO | TY メッセージ | TY-ONLINE SHOP | TYIS | TYIS magazine | Welcome to GRACELAND & Keigo Kageyama's LABEL・グレイスランド&蔭山敬吾のブログ・吉田拓郎の「ビート・ピッキング革命」まとめ読み | YOKOSO | ■青春のフォーク 南 こうせつ24・【真夜中のロックンロール】 時代の証言者・読売新聞2017.8.26朝刊 | ■青春のフォーク 南 こうせつ・【つま恋が地響きに】 時代の証言者・読売新聞2017.8.24朝刊 | ◇新譜ジャーナル'82.11偉大な先輩、素晴らしき後輩に乾杯 8月12日坂崎幸之助のオールナイトニッポン: 吉田拓郎・アルフィー誌上放送 | あぁ青春のアヘアヘ物語 | あなたに影武者がいたらどうする? / 1980.6明星 | おすすめサイト | お喋り道楽 | お知らせ | かぐや姫 | かれが殺した驢馬 | このブログの人気記事ランキング | この唄を君に贈ろう■連載中■ | ごめんね青春 | じゅんの恩返し・拓郎編 | すばる・吉田拓郎ロングインタビュー 2010・3 | たくろうのともだち / よしだ・たくろうの世界 | たくろうの気ままな世界 | たくろうパック | たくろう旅の顔・ヤング・ギター'73.2 × ヤング・ギター・クロニクルVol.1吉田拓郎これが青春 | つぶやき | つま恋 | つま恋2006 | はっぴいえんど | ぼくの靴音/堂本剛  愛しています | みうらじゅん | よしだたくろうLIVE '73 | よしだたくろうの母 吉田朝子さん・週刊平凡毒蝮三太夫シリーズおふくろ第34回 | よしだたくろう・まんが履歴書=黒鉄ヒロシ | アルバム サマルカンド・ブルー拓郎インタビュー | イルミネーション | オールナイトニッポン | オールナイトニッポンGOLD | ガガンボン日記・拓郎編 | ケメ | コンサート | サマルカンド・ブルー REPORTAGE FROM NYC FROM THE STUDIO | サマルカンド・ブルー安井かずみ・加藤和彦・立川直樹 対談 | ジュリー×たくろう対談・ぼくたちすっかり酔っちまってね・ | スティーヴィー・ワンダー | チェリスト友納真緒さんのブログ・9/8つま恋! | テレビ・ラジオ | テレビ番組 | ドラマ『監獄のお姫さま』 | ニッポン放送のってけラジオ | ニッポン放送アナウンサー | ビートルズが教えてくれた 拓郎×岡本おさみ対談 | ビート・ピッキング革命 | フォーク・ルネサンス | フォーク村 | ボブ・ディラン | ミニ情報 | ムッシュかまやつ | ムッシュかまやつ_ | ヤングフォーク | ヤングフォークNo.1 1972.初夏号 | ユーミン | ライヴ情報 | ラジオDJ広場・サタデーナイトカーニバル 1980.6明星 | ラジオでナイトブログ | ラジオ番組 | 中島みゆき | 中川五郎 | 中沢厚子 | 久保利英明(弁護士) | 井上陽水のベストパフォーマンスがここに! 『GOLDEN BEST』映像版が登場 | 人間研究・第3回《吉田拓郎》リタイアしない青春だからこそ 月刊明星1980.6 | 今日までそして明日から | 僕の旅は小さな叫び | 僕らの音楽 | 加藤和彦 | 南こうせつ・ニッポン放送のってけラジオ  | 原由子 | 吉田拓郎 | 吉田拓郎 1982.7.27・Tour Final in 武道館 誌上完全再録 新譜ジャーナル'82.10 | 吉田拓郎 ・緑の新居 さらに飛翔への砦!'82.2 明星 | 吉田拓郎 今、更なる戦線布告・平凡パンチ1980.4.28 | 吉田拓郎90年代へ・・・・・。・パチパチ読本 1990年_ | 吉田拓郎INTERVIEWつま恋の朝、"これまでのオレ"は、死ぬんだ / '85.7シンプジャーナル | 吉田拓郎LONG INTERVIEW 今、再び荒野をめざして 新譜ジャーナル'82.5 | 吉田拓郎×久保利英明弁護士(For Life1976創刊春号) | 吉田拓郎×岡本おさみ対談 前後編 新譜ジャーナル1984年6月7月号 | 吉田拓郎×岡本おさみ対談1984 新譜ジャーナル_ | 吉田拓郎×岡本おさみ対談 後編・ 新譜ジャーナル1984年7月号 | 吉田拓郎「女ともだち」浅川マキ | 吉田拓郎と愛の歌 ('82オールナイト・ニッポン 最終回より)  | 吉田拓郎のオールナイトニッポン | 吉田拓郎インタビュー・2005年8月20日(土)FM NACK5 J-POP MAGAZINE 田家秀樹 | 吉田拓郎インタビュー・新譜ジャーナル1977.10 | 吉田拓郎ドラマ曲 | 吉田拓郎ラジオ | 吉田拓郎ラジオでナイト | 吉田拓郎・男のライフスタイル / 平凡パンチ1984.3.19号 | 吉田拓郎新居でご満悦 | 吉田拓郎詩集BANKARA | 地球音楽ライブラリー | 坂崎幸之助 | 大いなる人・拓郎×岡本おさみ対談 | 安井かずみ | 富澤一誠の「俺が言う 」 | 岡本おさみ | 岩崎宏美 | 広島フォーク村40周年記念同窓会&ライブ | 広島フオーク村 | 所ジョージ・吉田拓郎 | 拓ちゃんCM | 拓ちゃん小ネタ | 拓郎、東京キッド・ブラザースに歌を語る(かれが殺した驢馬) | 拓郎カレンダー | 拓郎出演テレビ番組 | 拓郎展 | 拓郎新譜 | 拓郎関連ブログ | 斉藤哲夫 / されど私の人生 | 新六文銭 | 新聞 | 新聞記事・拓郎 | 旅に唄あり 岡本おさみ / 襟裳岬 | 旅に唄あり 岡本おさみ_ | 旅の重さ | 日常 | 映画「恋妻家宮本」 | 映画「結婚しようよ」 | 映画・甘い暴力 | 普賢岳災害救済 スーパーバンド | 松任谷正隆 | 松本隆「外白」を語る | 桑田佳祐 | 森下愛子 | 歌謡ポップスチャンネル | 残間里江子・加藤和彦 Interview | 泉谷しげる | 深夜放送ファン | 満島ひかり | 瀬尾一三 | 火曜ドラマ「監獄のお姫さま」(通称 プリプリ) | 燃える38時間 Takuro Yoshida Island Concert in Shinojima | 玉城ちはる | 田中秋夫が語るラジオ局が結集した〝伝説〟のコンサート | 田家秀樹 | 田家秀樹 Kei's BAR__ | 田家秀樹ブログ・新・猫の散歩 | 甲斐バンド | 矢島賢さん | 竹田企画 | 純情 -なぜか売れなかった ぼくの愛しい歌 - 阿久 悠 | 自分の事は棚に上げて | 菅田将暉 | 落陽 / 旅に唄あり 岡本おさみ | 襟裳岬 | 訃 報 | 記念日 | 過去ログ | 重松清 | 阿久悠 | 雑誌 | 青春のフォーク 南 こうせつ27・【あの頃にタイムスリップ】 時代の証言者・読売新聞2017.9.4朝刊 | 青春のフォーク 南 こうせつ27・【大雨の「サマーピクニック】 時代の証言者・読売新聞2017.8.30朝刊 | 音楽 | 音楽番組 | 高田渡&よしだたくろう - '70年9月16日 ライブ | 黄金の60年代、「キャンティ」とその時代 川添象郎・ムッシュかまやつ・ミッキー・カーチス