カテゴリー「過去ログ」の記事

2017/01/23

1月23日 八甲田雪中行軍遭難事件

1月23日 八甲田雪中行軍遭難事件
mist

Fullsizerender_48_2

| | トラックバック (0)

2005/08/06

HIROSHIMA MON AMOUR

aaaashiano    

        FM特番「元気です!」より

      ( 17 )  ~拓郎と母・広島~ (語り・小室等)

小室: 僕は、この「人間なんて」というのを拓郎が絶叫して

   いるのに何回も付き合って、そしてバックコーラスで、

   「ラ・ラ・ラ・ラララ~」をいっしょに六文銭で何度

   もやりましたけれども、当時僕はそのー、「広島、

   広島!」っていうふうに言ってるその拓郎の、本心み

   たいな事っていうのがどこにあるのか、きっとわかっ

   てなかったって思うんですね。で、今も勿論、わか

   ってないと思うんだけど、今年ね、ちょうど「原爆記

   念日」の時に広島に、原爆記念日の前後、数日間、広島

   に居続けたんです。そいで、その原爆の記念日のセレモ

   ニーやなんかがどんなふうに行われるのかっていうのを、

   見て歩いたんです。で、その時にいろんな人に出会った

   んですけど、ある人が、こう、僕に声をかけてきてくれ

   てね、あのぅ、「拓郎さんのお姉さんと実は私は友達だ

   ったんですけれども、えー、拓郎さんのお母さんが通っ

   ていた教会にも、私もずっと行っていて、お母さんと随分

   教会でごいっしょしました。」という話を聞いたんですね。

   で、「吉田拓郎さんが来てくれて、教会でボブ・ディラン

   の歌を唄ってくれたこともありました。」っていうのを聞

   いたんです。

   「あぁ、そうかっ」って僕、その時に思ったことがあるん

   です。と、いうのはその、ま、母親にせがまれて、きっと

   教会で唄ったんでしょ断りきれずに。でも僕の知ってる拓郎

   っていうのは、そういうのをわりとかたくなに拒むタイプの

   人間なんですね。あのー、結構、義理に厚いところもあるの

   で、どこかで答えてくれるんだけれども、嫌な事は「嫌だ」

   っていうような事も言う男で、ましてや教会でもってボブ・

   ディランの歌を唄う拓郎なんてのは、僕は想像もできない事

   だったんだけれども、お母さんの通っている、お母さんは熱

   心なクリスチャンでしたから・・・で、教会でディランの歌

   を唄ったっていう時にね、あのぅ広島に対しての、拓郎の愛

   憎っていうのかな、僕らの想像を超えるものがある・・・

   あのー、フォークソングを始めた広島、それから自分が育っ

   た広島っていうだけじゃなくって、お母さんのいる広島でも

   あり、そいでしかもそこで原爆が落ちた広島、そういう状況

   の中で、青春を右往左往していた時の彼の人間としての生き

   方の中に、いろんなものを、こう、インプットされて、そし

   て自分がこう、背負ってしまうには背負いきれないものって

   のがやっぱり、広島である事によって、背負わされるものが

   ある・・・だけどそんなもの背負いきれやしない、とか、

   あるいはお袋のそういう思い・・・

   それから、これもホントは言っていいかどうか、拓郎が今、

   メシ食いに行って、いないから言っちゃいますけど、拓郎は

   こんな事言われると嫌がるかもしんないけれども、お母さんが

   その教会で、拓郎が、あの金沢での事件があった時に、「自分

   の子どもはそんな人間じゃないっ!」っていう事でもって、

   なんか署名を集めてまわったって事もあるらしいです。

   で、きっと拓郎はそんなふうな事をお袋がするって事を、多分

   嫌がったって思うんだけど、しかし、自分の息子を信じきって

   くれるお袋がいるってことは、うっとおしい事と同時に、僕は

   それはすっごく子どもにとって「誰が信じてくれなくても自分

   のお袋だけは信じてくれている」っていう思いっていうのは、

   すごく強いと思うんですね。

   あのー、今の親なんていうのは、自分の子が受験なんかやる

   ときに塾だなんだって言って、偏差値でこう輪切りにされる

   ような受験戦争なんか、いいと思ってないにもかかわらず、

   自分の子どもをそういった所にほっぽり出してしまうような

   状況っていうのがありますよね。そんな親がいっぱい多いと

   思うんだけど、拓郎のお袋さんてのは、そういう人じゃなか

   ったし、そういう母親に対する、うっとおしさと愛、それから

   原爆の落ちた広島、みたいな事を、抱えきれないものを、

   「広島~!」っていう事でもって、なんか絶叫してたのか

   なぁ・・・っていうふうに、僕は今年になって、思うわけ

   です。

   ちょっと話が長くなって申しわけありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

かぜ耕士「どこかでラジオが」 | '09ツアー | 2006秋ツアー | 2007ツアー | 2009 TOUR | 2014LIVE | 4/10日曜日のそれ(ニッポン放送)■掲載中■ | ANN GOLD番宣 | Bob Dylan | FM COCOLO J-POP LEGEND FORUM | FM NACK5 | FM特番■デビュー20周年記念番組■ 元気です!」■全35回掲載中■ | HIKE OUT | IMPERIAL | J-POP MAGAZINE | K's Transmission | KinKi Kids | LIVE 2012 | LIVE 2014 | LIVE2012 | LIVE2016 | SONGS | SOUND MARKET '83 | T's-R | Takuro FOR YOU-2 | Takuro NEVER SHRINK BACK AND ALWAYS SURE MESSAGE FROM 小倉エージ_ | TAKURO YOSHIDA CONCERT TOUR 1989 | TAKURO YOSHIDA TOUR 1989 - 90 人間なんて | TY INFO | TY メッセージ | TY-ONLINE SHOP | TYIS | TYIS magazine | YOKOSO | おすすめサイト | お喋り道楽 | お知らせ | かぐや姫 | このブログの人気記事ランキング | この唄を君に贈ろう■連載中■ | ごめんね青春 | じゅんの恩返し・拓郎編 | すばる・吉田拓郎ロングインタビュー 2010・3 | たくろうパック | つぶやき | つま恋 | つま恋2006 | はっぴいえんど | ぼくの靴音/堂本剛  愛しています | みうらじゅん | アルバム サマルカンド・ブルー拓郎インタビュー | イルミネーション | オールナイトニッポン | オールナイトニッポンGOLD | ガガンボン日記・拓郎編 | コンサート | サマルカンド・ブルー REPORTAGE FROM NYC FROM THE STUDIO | サマルカンド・ブルー安井かずみ・加藤和彦・立川直樹 対談 | テレビ・ラジオ | テレビ番組 | ニッポン放送のってけラジオ | ビートルズが教えてくれた 拓郎×岡本おさみ対談 | ビート・ピッキング革命 | フォーク・ルネサンス | フォーク村 | ボブ・ディラン | ミニ情報 | ムッシュかまやつ_ | ユーミン | ライヴ情報 | ラジオ番組 | 中島みゆき | 中川五郎 | 中沢厚子 | 久保利英明(弁護士) | 今日までそして明日から | 僕らの音楽 | 原由子 | 吉田拓郎 | 吉田拓郎 今、更なる戦線布告・平凡パンチ1980.4.28 | 吉田拓郎「女ともだち」浅川マキ | 吉田拓郎と愛の歌 ('82オールナイト・ニッポン 最終回より)  | 吉田拓郎ラジオ | 吉田拓郎詩集BANKARA | 地球音楽ライブラリー | 坂崎幸之助 | 大いなる人・拓郎×岡本おさみ対談 | 富澤一誠の「俺が言う 」 | 岡本おさみ | 岩崎宏美 | 拓ちゃんCM | 拓ちゃん小ネタ | 拓郎出演テレビ番組 | 拓郎展 | 拓郎新譜 | 拓郎関連ブログ | 斉藤哲夫 / されど私の人生 | 新聞 | 新聞記事・拓郎 | 旅に唄あり 岡本おさみ / 襟裳岬 | 旅に唄あり 岡本おさみ_ | 旅の重さ | 日常 | 映画「恋妻家宮本」 | 映画「結婚しようよ」 | 普賢岳災害救済 スーパーバンド | 松任谷正隆 | 松本隆「外白」を語る | 桑田佳祐 | 森下愛子 | 残間里江子・加藤和彦 Interview | 泉谷しげる | 燃える38時間 Takuro Yoshida Island Concert in Shinojima | 玉城ちはる | 田家秀樹 | 田家秀樹ブログ・新・猫の散歩 | 甲斐バンド | 矢島賢さん | 竹田企画 | 純情 -なぜか売れなかった ぼくの愛しい歌 - 阿久 悠 | 自分の事は棚に上げて | 菅田将暉 | 落陽 / 旅に唄あり 岡本おさみ | 襟裳岬 | 訃 報 | 記念日 | 過去ログ | 重松清 | 阿久悠 | 雑誌 | 音楽 | 音楽番組 | 黄金の60年代、「キャンティ」とその時代 川添象郎・ムッシュかまやつ・ミッキー・カーチス