カテゴリー「「吉田拓郎」 ぼくの音楽人間カタログ 山本コウタロー著」の記事

2018/05/12

ぼくの音楽人間カタログ・ 吉田拓郎編 ・ 山本コウタロー著

1984年 ぼくの音楽人間カタログ  山本コウタロー著

Img_8561_2

吉田拓郎
■ニューミュージック界を切り拓いてきた男
拓郎の先を歩いている人が、世界に何人いるだろうか。ぼくは、この十年の拓郎を見ていて、そう思っている。 70年代の音楽シーンの中で、拓郎が切り拓いた新しい地平、新しい世界がいくつあっただろうか。70年代のあらゆる転機において、吉田拓郎が最初であった。 ぼくは、70年代の10年間、いつも、拓郎との距離の中で生きてきたといっていい。拓郎が、今何をしているかが、ある時期のぼくの指針でもあったのだから。
1970年の初めだったと思う。" 70年代を開くフォーク・ソング"ーーたしか、そんなテーマだったのではないだろうか、NHKの教育テレビで、フォークの連中がドッと出た番組があった。「若い広場」だったかもしれない。長谷川きよしや、南正人、ソルティーシュガーも出ていた。番組の構成者が、岡本おさみだった。彼はまだ作詞家としてデビューする前だった。その時に、初めて拓郎に会った。ーーこれが拓郎かーーそう思って見るくらい噂は聞いていた。広島からえらいパワーのあるフォークの人が出てきた。 そんな噂は耳に入っていた。でも、その時は話はしなかった。むこうも、「東京が何だ」 という不敵さを全身に漂わせていたし、こちらも、どこかで「こいつが」という身構え方をしていたのだろう。 71年の5月、日比谷の野音で"ウッドスモッグ"コンサートがあった。拓郎はミニ・バンドというバック・バンドを率いて参加した。その打ち合わせで、現在のユイ音楽工房 の社長・後藤由多加から新宿の飲み屋ガンバルニャンで正式に紹介され、話をした。とっつきにくいけれど、 一度腹を割ってしまえばとことん話し込む男ーーそんな印象があった。 ニッポン放送の深夜番組「オールナイト・ニッポン」の電話リクエストで、ぼくの曲と拓郎の曲が1位争いをしたことがあった。ぼくの曲は、もちろん「走れコウタロー」で、 拓郎の曲は「マークⅡ 」。デビューシングル「イメージの詩」のB面の曲だった。それまで1位だった渚ゆう子の「京都の恋」を、ぼくの「走れコウタロー」が抜き去って、その「走れコウタロー」を1週だけ破って1位の座についたのが「 マークⅡ」だった。
また会う時は オトナになっているだろう……というくだりが実にせつない青春のラブ・ソングで、ラジオで聞いていても、いい曲だなと思っていた。 ところが、ラジオのリクエストでは1位になったのに、音楽業界誌のヒットチャート には、ベスト10どころか、「マークⅡ」のマの字も見当たらない。何でこれが1位なんだろうと思いながらも、きっと、深夜放送を聞くような若者たちに相当の人気があるんだろうなと奇妙な納得をしていた。なにしろ、他の番組でも、他の雑誌でも、どこにも見ないのに、「オールナイト・ニッポン」だけは、堂々の第1位だったのだから。 このことを、後で拓郎に話したことがある。 「あれは何だったんだろう」と聞くと、拓郎は破顔一笑、「ヒマだったから、みんなでリクエストしまくってたんだよ、自分たちで」とうれしそうに披露してくれた。何のことはない、自分たちで、自分の曲を1位にしてしまったのだった。
"今だからいえる、タクローとコウタローのマル秘エピソード・その2"
まあ、こんないい方になるかどうかわからないが、実は、大ヒット曲「結婚しようよ」は、ぼくが歌うことになっていたのだ。いや、ホントなのです。 「結婚しようよ」を聞いたのは、どこかのホールの楽屋でのことだった。  「コウちゃん(拓郎は一時、ぼくをこう呼んでいた)、こんな曲できたんだ」
「いい曲だね」
「デュエットで出そうか」 
「デュエットで?」
「歌うから覚えろよ」
ボクの髪がア肩まで伸びてェ...... と、やりとりがあった。結局、デュエットの話はそれきりになってしまったが、その時、ぼくが強硬にデュエット説を主張すれば、そうなったかもしれなかった、ということであります。 「結婚しようよ」は、画期的な曲だった。 生きざまの音楽というと、イメージが堅苦しくなってしまうが、要は自分がその時に思っていることをそのまま歌うことだといっていい。「結婚しようよ」にしても、拓郎自身が"結婚したい"と思っていた気持を、そのまま歌ってしまった歌だった。 そうやって自分の気持を歌うだけの人は少なくなかったが、作品として高い完成度を持っていた、という例は、極めて少ない。拓郎は、それをやってのけてしまった。 いわゆるタレントたち、アイドル歌手たち芸能界の人たちは、”結婚“に代表される私生活の露出を極端に嫌う。「結婚しようよ」がさわやかな印象を与えたのは、旧来の芸能界が持っていた、プライバシー、という考え方を超えた、"公私一体"のさわやかさだったのではないだろうか。それが”フォーク的“だと受けとられたからこそ、拓郎に"フォークの貴公子“というキャッチ・フレーズがついたのだろう。たしかに、ロングヘアー で、ダンガリーのシャツを着て、ジーンズというスタイルは、それまでの芸能界、歌謡界とは異質だった。フォークやロック、ヒッピーたちから始まった新しいファッションに、世間の目を向けさせるだけのパワーを持っていた。 そういう意味で,、拓郎の果たした役割は本当に大きい。 たとえば、中津川のフォークジャンボリーで歌った「人間なんて」は、言葉が先行し がちだったフォークに、リズム、ビート、それにパワーをつけ加えた。事情を知らない人のために説明をすれば、拓郎はこの時、PAがとんでしまうというハプニングの中で、マイクなしで「人間なんて」を1時間ちかく叫び続ける、という前代未聞のステージを見せたのだった。 テレビに出ないというのも、既成のマス・メディアに対して、拓郎が作ったスタイルだった。岡林信康をはじめとするフォークの人たちも、ほとんどテレビには出なかった。ただヒット曲があって、頼まれて出ないのとは質が違っていた。"オレたちはテレビでやってる歌とは違う"という、いわば土俵が違っていた。「結婚しようよ」は、フォークと歌謡曲を同じ土俵で対峙させたといっていい。だからこそ、違いが鮮明になった。
「襟裳岬」にしてもそうだった。歌謡曲にフォークシンガーが曲を提供して、それが大ヒットするという例は他になかったといっていい。”スタイル“と”生きざま“だけでなく、音楽としての力を示したことでもあった。 拓郎が切り拓いたシーンは、まだ、ある。コンサートをイベントにしてしまったというのも、彼が始めたことだろう。それまでの、ホールや会館でのコンサートに対して、何万人も集めて一晩中やるという形を提示したのも、拓郎だった。75年の"つま恋"、79年の"篠島" はその最たるものだ。音楽のパワーを、世間に対しても、認知させてしまった。
自分のプロダクションを自分で作ったのも日本では最初だったかもしれない。ましてや、 レコード会社の社長になった現役のミュージシャンは、世界にアーティストが数多くいる中でもごく少数に限られるだろう。それも、現役を引退してではない。自分の音楽活動と並行させながら、なのだから。自分のできる領域のことは、ほとんどやり尽してしまった、そんな気がしている。 拓郎は負けず嫌いだ。やるとなったら、相手に勝たないと気がすまない。いいわけをするなら最初からやるなというタイプだ。だからフォーライフの社長になった時は、背広にネクタイというスタイルで社員のボーナスの査定から、銀行の役員と接待ゴルフにいくことまでやっていた。もっとも、それが決して居心地のいい場所でなかったことは、社長を やめてからの、音楽への没頭ぶりが物語っている。それでも、そうしてまで負けたくなかったのだろう。とりあえず、とことん勝負して、できるかできないかを確かめる。 以前、こんなことがあった。"拓郎とコウタローのコンサート"というコンサートをやっていた頃のことだ。あの頃は、ぼくも、拓郎と並び称されていたのだ! ぼくも拓郎も 「パック・イン・ミュージック」をやっていた関係で、二人のコンサートを定期的に開いていた。毎回ゲストを呼んで、二人がホストになるコンサートで、かぐや姫がゲストに来た時は、南こうせつと、ぼくと拓郎の三人でフォークルの真似をしたりするコンサートだった。 その"拓郎とコウタローのコンサート"を九段会館でやったことがあった。何と、その時、拓郎は一曲も歌わなかったのだ。曲の紹介やおしゃべりはやる。でも、話をするばかりで、肝心の歌の方は一曲もやらずに、「じゃあ、これでおしまいです。サヨナラ」って 引っ込んでしまった。客は"まさかこのままおわったりしないよナ“という事態が現実 になってしまったのだからおさまらない。アンコールの手拍子が嵐のように鳴り渡り、誰一人帰ろうとしない。後藤由多加が"1曲くらい歌ったらどうだ"といっても歌わない。 本当に歌わないで終わってしまった。 あとで聞いてみた。「何で、あの時、歌わなかったんだい?」と。 拓郎はこういった。 「あの時はコウタローと勝負してたんだ」 「エ!?」 思わず絶句してしまった。拓郎のいってる意味が全くわからなかった。ぼくの中に、 「拓郎と勝負してる」つもりなど全くなかったことはいうまでもない。 「コウタローは、しゃべりがうまいってみんながいうよナ。じゃオレはどれだけしゃべれるんだろうと思って、あの日はしゃべりだけでやってみたんだ。でも正直いって、オレはしゃべりではコウタローに勝てないと思った」  というのである。そして、 「オレはもう、しゃべりではナンバー1になれないことがわかったから、もう、歌わない。ステージは、あれっきりにする」 という。思わず、拓郎の顔を見て、二、三歩後ずさりしたい心境だった。 「お主、そこまで考えていたのか」 時代劇だったら、こんなセリフが出てくるところだったろう。 そうやって、そのつど、自分の中の問題に決着をつけるために勝負する、そんな男だ。 ケンカしながら勝ってきた男だといってもいい。 「結婚しようよ」の次に「旅の宿」、その次に「おきざりにした悲しみは」と、それぞれ雰囲気の違う曲をシングルにしていったのも、一種のカタのつけ方、だったのだろう。大きい相手に,異質なものを叩きつけてケンカする、そこでのパワーを自分のものにして大きくなってきた。ぼくのように、ケンカの苦手な人間には、拓郎の火花の散らし方は、まばゆいばかりだった。 昔はよく酒を飲んでケンカした。原宿のペニーレインあたりで飲んでいると、ファンの男の子がきて話しかける。「サイン下さい」などといっているうちはいい。それが「今度のLPぼく、こう思うんです」といった話になると「なに!」と、ケンカになってしまう。酔っ払って居あわせた人と殴りあいしたなんていうのは、日常茶飯事だった。きっと、 真剣に自問自答して答を出したことに関して、わかったようにいわれるのが耐えられなかったのに違いない。それだけ拓郎の方が真剣だったのかもしれない。 最近、拓郎がケンカしたという話をあまり聞かない。真剣にケンカする相手がいなくな ってしまったのかもしれない。また、拓郎の側にも、微妙な変化が起きているのかもしれない。 "時代は拓郎を体験した!!" CBSソニー時代のベスト·アルバムに、こんなキャッチ・コピーがついていた。 拓郎が老いること、それは、ぼくらの世代、ぼくらの時代が老いることを意味している。 本人が望むと望まざるとにかかわらず、そうなってしまっている。時代を築いた者の宿命といってしまえばそれまでかもしれないが、自分がやってきたことの重ささえケンカ相手にできる男だ。彼の目はまだまだ明日を見つめている。 

Photo

 

 

|

その他のカテゴリー

かぜ耕士「どこかでラジオが」 '09ツアー '79Super Jam 120曲のニューフォークを創った"日本のボブ・ディラン" 平凡パンチ1970.3.30 1972年1月21日吉田拓郎「結婚しようよ」がリリース~「闘う歌」から「暮らしの歌」への大転換となった歴史的な一曲・執筆者:鈴木耕 2006秋ツアー 2007ツアー 2009 TOUR 2014.7.6AMラジオ・由紀さおり「ルーム・ライト(室内灯)」を語る 2014LIVE 2015.11.22当時ユイ責任者川口勇吉さんが語る"'79篠島"エピソード・東海ラジオ田家秀樹J-POPタイムカプセル1975(別垢より移動) 2018.5.17ビリオンラジオ・「出発の歌~吉田拓郎·中津川フォークジャンボリー伝説の真相~名曲神田川の秘密」 2019吉田拓郎 ライブ'73 4/10日曜日のそれ(ニッポン放送)■掲載中■ 7月3日「究極セレクトアルバム拓郎」 東京中日スポーツ ALL TOGETHER NOW ANN GOLD番宣 Bob Dylan DJファン投票ベスト30 ・深夜放送ファン1972年8月号 FM COCOLO J-POP LEGEND FORUM FM NACK5 FM東京フォーエバーヤング FM特番■デビュー20周年記念番組■ 元気です!」■全35回掲載中■ From T Happy Birthday HIKE OUT HIKE OUT STAFF VOICE IMPERIAL J-POP LEGEND FORUM J-POP MAGAZINE John Lennon__ K's Transmission KinKi Kids KinKi Kidsの恩人、吉田拓郎 堂本光一(日経エンタテインメント!) Kトラゲスト猫2005.11.18 LIVE 2012 LIVE 2014 Live 73 years_ LIVE2012 LIVE2016 LOVE LOVEあいしてる MUSIC AIR Live Lab.#21:青山純Super Sessions LIVE! feat.今剛×伊藤広規×KAZ南沢×エルトン永田×Mac清水_ MUSIC Sketch Book最終回 吉田拓郎 1983週刊FM2.23→3.13号 My Tube NHKショータイム吉田拓郎 NHKラジオ深夜便 NHK青春プレイバック吉田拓郎ゲスト NY24時間漂流コンサート SATETO・日清パワーステーション SONGS SOUND MARKET '83 T's-R Takuro FOR YOU-2 Takuro NEVER SHRINK BACK AND ALWAYS SURE MESSAGE FROM 小倉エージ_ TAKURO YOSHIDA CONCERT TOUR 1989 TAKURO YOSHIDA TOUR 1989 - 90 人間なんて TBSドラマ゛しあわせ戦争」 TBSラジオ復刻・拓バカになった みうらじゅん×えのきどいちろう TBS水曜劇場 ドラマ おはよう The Musician's GuitarVOL.2 吉田拓郎 シンプジャーナル1984.8 TOKYO MOTOR SHOW 2017_ TOUR 1978 ~大いなる人~ TY INFO TY メッセージ TY-ONLINE SHOP TYIS TYIS CD「 From T」8月29日発売 TYIS magazine TYIS NEW ALBUM 「From T」ジャケット初公開 Welcome to GRACELAND & Keigo Kageyama's LABEL・グレイスランド&蔭山敬吾のブログ・吉田拓郎の「ビート・ピッキング革命」まとめ読み YO-KING、曽我部恵一、MOROHAが居酒屋で弾き語る「スズコウ★ナイト2・野の仏(吉田拓郎) / YO-KING YOKOSO ■青春のフォーク 南 こうせつ24・【真夜中のロックンロール】 時代の証言者・読売新聞2017.8.26朝刊 ■青春のフォーク 南 こうせつ・【つま恋が地響きに】 時代の証言者・読売新聞2017.8.24朝刊 ◇新譜ジャーナル'82.11偉大な先輩、素晴らしき後輩に乾杯 8月12日坂崎幸之助のオールナイトニッポン: 吉田拓郎・アルフィー誌上放送 「十年目のギター」が残したものは? ・新譜ジャーナルベストセレクション'70s 1980 「吉田拓郎」 ぼくの音楽人間カタログ 山本コウタロー著 【東映チャンネル】影の軍団 服部半蔵 2018/11/9(金)11:00~13:30 ‬森下愛子出演 【第16回輝く日本レコード大賞(1974年)】CS296 12/01 11:00~12:50_ あぁ青春のアヘアヘ物語 あいみょん あなたに影武者がいたらどうする? / 1980.6明星 おすすめサイト お喋り道楽 お知らせ かぐや姫 かれが殺した驢馬 このブログの人気記事ランキング この唄を君に贈ろう■連載中■ ごめんね青春 じゅんの恩返し・拓郎編 すばる・吉田拓郎ロングインタビュー 2010・3 たくろうのともだち / よしだ・たくろうの世界 たくろうの気ままな世界 たくろうパック たくろう旅の顔・ヤング・ギター'73.2 × ヤング・ギター・クロニクルVol.1吉田拓郎これが青春 ちちんぷいぷい歌碑ものがたり ~吉田拓郎編~2014.11.7 つぶやき つま恋 つま恋2006 はっぴいえんど ぼくの靴音/堂本剛  愛しています みうらじゅん よしだたくろうLIVE '73 よしだたくろうの母 吉田朝子さん・週刊平凡毒蝮三太夫シリーズおふくろ第34回 よしだたくろう・まんが履歴書=黒鉄ヒロシ アルバム サマルカンド・ブルー拓郎インタビュー アルフィー イルミネーション エレックの時代Ⅱ萩原克己 エンケン オールナイトニッポン オールナイトニッポンGOLD カセットテープ・ミュージック ・ 第25回「吉田拓郎の歌詞が好き ガガンボン日記・拓郎編 キャンディーズへの手紙 吉田拓郎 ケメ コンサート サマルカンド・ブルー REPORTAGE FROM NYC FROM THE STUDIO サマルカンド・ブルー安井かずみ・加藤和彦・立川直樹 対談 シンプジャーナル1984.11海外特写&レコーディング吉田拓郎 ジュリー×たくろう対談・ぼくたちすっかり酔っちまってね・ スティーヴィー・ワンダー チェリスト友納真緒さんのブログ・9/8つま恋! チャンネル銀河・中島みゆき特集 テレビ・ラジオ テレビ番組 ドラマ 時間ですよ第3シリーズ ドラマ『監獄のお姫さま』 ニッポン放送のってけラジオ ニッポン放送アナウンサー ニッポン放送垣花アナウンサー拓郎にフルフールのゼリーを贈る バレンタインデー 吉田拓郎 ビートルズが教えてくれた 拓郎×岡本おさみ対談 ビート・ピッキング革命 フォークソングの東京・聖地巡礼 1968-1985 金澤 信幸 フォーク・ルネサンス フォーク村 ボブ・ディラン ポーの歌 ミニ情報 ムッシュかまやつ ムッシュかまやつ_ ヤングフォーク ヤングフォークNo.1 1972.初夏号 ユーミン ライヴ情報 ラジオDJ広場・サタデーナイトカーニバル 1980.6明星 ラジオでナイトブログ ラジオ深夜便 ラジオ番組 世界まるごとHOWマッチ 中島みゆき 中川五郎 中沢厚子 久保利英明(弁護士) 亀渕さんの愛聴歌は拓郎のファイト!_ 二流の人 海援隊 井上陽水のベストパフォーマンスがここに! 『GOLDEN BEST』映像版が登場 人間研究・第3回《吉田拓郎》リタイアしない青春だからこそ 月刊明星1980.6 今夜は星空 いしだあゆみ 今日までそして明日から 僕の旅は小さな叫び 僕らの音楽 加藤和彦 南こうせつ・ニッポン放送のってけラジオ  原由子 吉田拓郎 吉田拓郎 '80~'81激走つづける男のスタイル 構成・文/こすぎじゅんいち 写真/山㟁正良 吉田拓郎 1982.7.27・Tour Final in 武道館 誌上完全再録 新譜ジャーナル'82.10 吉田拓郎 アーチの向こう側(ツアー"人間なんて"・新作「176.5」) 文・石原信一 撮影・大川奘一郎 新譜ジャーナル1990.2月 吉田拓郎 ライブでナイト 2019 in 神田共立講堂 吉田拓郎 ・緑の新居 さらに飛翔への砦!'82.2 明星 吉田拓郎 今、更なる戦線布告・平凡パンチ1980.4.28 吉田拓郎90年代へ・・・・・。・パチパチ読本 1990年_ 吉田拓郎INTERVIEWつま恋の朝、"これまでのオレ"は、死ぬんだ / '85.7シンプジャーナル 吉田拓郎LONG INTERVIEW 今、再び荒野をめざして 新譜ジャーナル'82.5 吉田拓郎×久保利英明弁護士(For Life1976創刊春号) 吉田拓郎×岡本おさみ対談 前後編 新譜ジャーナル1984年6月7月号 吉田拓郎×岡本おさみ対談1984 新譜ジャーナル_ 吉田拓郎×岡本おさみ対談 後編・ 新譜ジャーナル1984年7月号 吉田拓郎、「ラジオでナイト」 旧友に向かうような口調で「素」の自分を語る 田家秀樹 吉田拓郎「女ともだち」浅川マキ 吉田拓郎と愛の歌 ('82オールナイト・ニッポン 最終回より)  吉田拓郎の「ビート・ピッキング革命」 吉田拓郎のオールナイトニッポン 吉田拓郎の唄 吉田拓郎インタビュー・2005年8月20日(土)FM NACK5 J-POP MAGAZINE 田家秀樹 吉田拓郎インタビュー・新譜ジャーナル1977.10 吉田拓郎クリスマス 吉田拓郎コンサート2019 吉田拓郎ドラマ曲 吉田拓郎ラジオ 吉田拓郎ラジオでナイト 吉田拓郎ラジオでナイトMyTube 吉田拓郎ラジオでナイトブログ 吉田拓郎・ムッシュかまやつ 吉田拓郎・男のライフスタイル / 平凡パンチ1984.3.19号 吉田拓郎夜のヒットスタジオ 吉田拓郎新居でご満悦 吉田拓郎死亡事件・1981年3月13日(金) オールナイトニッポン 吉田拓郎詩集BANKARA 吉田町の唄YOSHIDA「若者共和国の120日」 地球音楽ライブラリー 坂崎幸之助 大いなる人・拓郎×岡本おさみ対談 大野真澄 安井かずみ 富澤一誠の「俺が言う 」 小室等 岡本おさみ 岡本おさみ・かまやつひろし対談 ビートルズが教えてくれた 岩崎宏美 広島フォーク村40周年記念同窓会&ライブ 広島フオーク村 広島修道大学「吉田拓郎歌碑除幕式」 心に残る歌を、あともう一曲 喜多條 忠インタビュー・聞き手/残間里江子 所ジョージ・吉田拓郎 拓ちゃんCM 拓ちゃん小ネタ 拓郎、テレビで歌う・1972.4.23(日) PM5:00~ リブ・ヤング! 拓郎、東京キッド・ブラザースに歌を語る(かれが殺した驢馬) 拓郎カレンダー 拓郎出演テレビ番組 拓郎展 拓郎新譜 拓郎関連ブログ 斉藤哲夫 / されど私の人生 新六文銭 新聞 新聞記事・拓郎 旅に唄あり 岡本おさみ / 襟裳岬 旅に唄あり 岡本おさみ_ 旅の重さ 日常 映画「恋妻家宮本」 映画「結婚しようよ」 映画・甘い暴力 普賢岳災害救済 スーパーバンド 松任谷正隆 松任谷正隆「クルマとトイレ」 松本隆「外白」を語る 桑田佳祐 森下愛子 検見川廣徳院 歌謡ポップスチャンネル 残間里江子・加藤和彦 Interview 泉谷しげる 深夜のラジオっ子 村上謙三久 テレビじゃ、これは伝わらない・田家秀樹に聞く 深夜放送ファン 満島ひかり 瀬尾一三 火曜ドラマ「監獄のお姫さま」(通称 プリプリ) 燃える38時間 Takuro Yoshida Island Concert in Shinojima 玉城ちはる 王様達のハイキング 田中秋夫 田中秋夫が語るラジオ局が結集した〝伝説〟のコンサート 田家秀樹 田家秀樹 Kei's BAR__ 田家秀樹ブログ・新・猫の散歩 甲斐バンド 矢島賢さん 秋元康氏とユーミンに共通するクリエイターの感覚 竹田企画 紅葉 / 島倉千代子 純情 -なぜか売れなかった ぼくの愛しい歌 - 阿久 悠 自分の事は棚に上げて 芸能界でコーヒー・ブレイク 吉見佑子-吉田拓郎編- 菅田将暉 落合恵子のちょっと待ってMONDAY 落陽 / 旅に唄あり 岡本おさみ 蔭山敬吾ブログ 襟裳岬 訃 報 記念日 過去ログ 遠藤賢司 重松清 阿久悠 雑誌 青春のフォーク 南 こうせつ27・【あの頃にタイムスリップ】 時代の証言者・読売新聞2017.9.4朝刊 青春のフォーク 南 こうせつ27・【大雨の「サマーピクニック】 時代の証言者・読売新聞2017.8.30朝刊 音楽 音楽番組 高田渡&よしだたくろう - '70年9月16日 ライブ 黄金の60年代、「キャンティ」とその時代 川添象郎・ムッシュかまやつ・ミッキー・カーチス