カテゴリー「ムッシュかまやつ」の記事

2017/10/07

フジテレビNEXT Love music presents ムッシュかまやつ伝説 完全版 10/14(土) 23:00~24:30

フジテレビNEXT Love music presents ムッシュかまやつ伝説 完全版 

10/14(土) 23:00~24:30

出演者
ムッシュかまやつ
ミッキー・カーチス
ザ・スパイダース
堺正章
井上順
井上堯之
Char
吉田拓郎
小山田圭吾
KenKen
山岸竜之介
Vodka Collins
アラン・メリル
ほか
ナビゲーター 松任谷由実
ナレーション 森山良子

フジテレビ地上波で8月27日に放送され(一部地域を除く)大反響だった「Love music presents ムッシュかまやつ伝説」。今年3月天国へと旅立った、日本を代表するミュージシャン、ムッシュかまやつ。今回番組では、遺族の協力を得てムッシュの倉庫に眠っていた超貴重映像を発掘。ムッシュの誕生から、音楽との出会い、ザ・スパイダースでの活躍、フォークの時代、そして、ムッシュ最後のテレビ出演など、超貴重な映像で、名曲の数々、ムッシュの音楽人生をたどります。ナビゲーターは、ムッシュと親交の深かった松任谷由実。ムッシュのためにユーミンが書いたあの名曲「中央フリーウェイ」をふたりで共演した幻の映像も大公開します。そして、ナレーションはムッシュのいとこでもある森山良子が担当。幼いころムッシュと一緒に住んでいたこともある森山が、少年時代のムッシュの秘話を語ります。その『完全版』が早くもNEXTに登場!今回新たに追加されるのはムッシュのさらなるロックンロール・ストーリーの数々だ。
まずは、1970年代「我が良き友よ」などの大ヒットでフォーク・ムーヴメントの最中にいたムッシュが実はその裏で参加していたという伝説のロック・バンド、Vodka Collinsにスポットを当てる。ボーカルはあの「I Love Rock’n’Roll」の作者であるアメリカのロック・レジェンド、アラン・メリル。ドラムは元テンプターズのドラマー、大口ひろし。70年代にアルバム「TOKYO-NEW YORK」を1枚だけ残し活動休止をしていたVodka Collinsだったが、90年代に元ゴールデン・カップスの加部正義をベースに迎え、日本最強のロック・バンドとなって活動を再開。そんな当時の貴重な演奏や、ムッシュがニューヨークのアランの自宅を訪ねて行われたトーク&ギター・セッションの模様をお送りする。その他にも、崩壊前のベルリンの壁の上で歌う「バン・バン・バン」や、名曲「やつらの足音のバラード」、さらにはロリータ18号のライブに乱入したムッシュの様子をノーカットでオンエア。
そしてなんと今回、あのエルヴィス・プレスリーを発掘しデビューさせたメンフィスの伝説のサン・スタジオで行われたムッシュの「幻のサン・スタジオ・レコーディング」の映像を発掘。その中からムッシュの名演数曲が、ボーナス・トラックとしてオンエアされる。
CS「完全版」では、地上波版では語られなかった新たな伝説の数々がよみがえります。地上波の放送では描かれなかった、ムッシュのディープ・ロック・サイド満載の「Love music presents ムッシュかまやつ伝説 完全版」。ご期待ください!

1007

|

2017/09/22

堺正章、盟友・ムッシュかまやつさんの名曲を初歌唱「オリジナルに沿った歌い方」・オリコンニュース

堺正章、盟友・ムッシュかまやつさんの名曲を初歌唱「オリジナルに沿った歌い方」・オリコンニュース

0922a

タレントで歌手の堺正章がオリコンランキングとともに日本の音楽シーンの半世紀を振り返るTBS系特別番組『歌のゴールデンヒット オリコン1位の50年間』(10月2日、後7:00)で3月1日に死去した盟友のムッシュかまやつさんの名曲「我が良き友よ」を歌唱することが20日、発表された。

堺とかまやつさんはかつてザ・スパイダースのメンバーとして活動。その後、かまやつさんがソロ活動としてリリースした「我が良き友よ」は1975年3月31日付のオリコン1位を獲得するなど大ヒット曲となった。今回は、当時の秘蔵映像はもちろん、堺だから知るエピソードを紹介。さらに、当時アルフィーとして、かまやつさんのバックバンドを務めていた高見沢俊彦が当時のお宝写真を披露するなどのトークが展開される。

堺は「『我が良き友よ』を歌うのは今回が初めてです。最近、かまやつさんの曲を聴く機会が増えて、追悼の意味も込めて歌わせていただきました」と歌唱を決めた理由を明かし、「この曲は歌うのが難しい曲ですね。かまやつさんの様に鼻唄まじりで歌うとちょうど説得力もあって良い感じに歌えると思い、かまやつさんのオリジナルに沿った歌い方になるように頑張りました」とコメント。高見沢は「今回、堺さんと一緒に歌わせていただいたというのは本当に意味のあることで、歌っているときも、どこかでかまやつさんが見ているような、どこかからか出てくるような、そんな感じがしてなりませんでした」とあらためてかまやつさんの存在の大きさを語っていた。

1968年1月4日、オリコンがレコード(後にCD)の売り上げを集計したランキングの発表をはじめて50年が経過しようとしている。時代を象徴する名曲の数々が1位を獲得し、音楽シーンにおける人気のバロメーターの一つとして親しまれてきた。同番組は、そんなオリコンランキングを通し歌の50年を振り返る番組の第2弾となる。

今回の特別企画「イントロQ」として、スペシャルゲストでかつて『ザ・トップテン』で堺と共に司会を務めた榊原郁恵が登場し、31年ぶりに堺とのタッグで、クイズの司会を務める。郷ひろみのヒット曲メドレーや荻野目洋子スペシャルメドレー、世良公則が「銃爪(ひきがね)」を生演奏で披露するなど盛りだくさんの内容となっている。

そのほか、ゲストとして大貫亜美(PUFFY)、小林明子、高見沢俊彦、薬丸裕英、遊助、吉村由美(PUFFY)(50音順)が出演する。また、ナレーターとして徳光和夫、ミッツ・マングローブの親戚コンビと、服部潤が参加する。

■堺正章コメント

「我が良き友よ」を歌うのは今回が初めてです。最近、かまやつさんの曲を聴く機会が増えて、追悼の意味も込めて歌わせていただきました。この曲は、彼の存在を世に知らしめた代表曲ですよね。でも、彼は前に出ていくのが好きではなく、一歩下がっているくらいが好きな方でした。なので、この曲がヒットして少し戸惑ったのではないでしょうか?
彼は、人間性、音楽性的にも「トップを狙う」という発想の人ではなく、「自分の趣味に合わないものはやらない」という方でした。それが時代に合っていたのかはわかりませんが、その考えを最後まで貫徹した素晴らしい方です。

この曲は歌うのが難しい曲ですね。かまやつさんの様に鼻唄まじりで歌うとちょうど説得力もあって良い感じに歌えると思い、かまやつさんのオリジナルに沿った歌い方になるように頑張りました。

■高見沢俊彦コメント

かまやつさんとは何度もバックで演奏させていただいた間柄です。

今回、堺さんと一緒に歌わせていただいたというのは本当に意味のあることで、歌っているときも、どこかでかまやつさんが見ているような、どこかからか出てくるような、そんな感じがしてなりませんでした。

私にとって、かまやつさんはそういう方で、今でも亡くなられた感覚があまり無いですね。

|

2017/08/20

TBSラジオ8月27日(日)早朝4:00 - 5:00オーディナリーミュージック・「ソー・ロング・ムッシュ」の未放送部分でかまやつさんの楽曲特集

Photo

TBSラジオ8月27日(日)早朝4:00 - 5:00オーディナリーミュージック・「ソー・ロング・ムッシュ」の未放送部分でかまやつさんの楽曲特集

8月27日(日)は、ムッシュかまやつさんが関わった楽曲を特集する特別企画をお送りします。
今年の3月1日に亡くなったムッシュかまやつさんを偲んでTBSラジオでは4月に特別番組「ソー・ロング・ムッシュ」をお送りしました。その一企画として、生前のかまやつさんとお仕事でご一緒し、また大きな影響を受けた、音楽家の小西康陽さん、ライターの北沢夏音さんと曽我部さんの鼎談をお送りしましたが、その未放送部分とともに、話の中で触れたかまやつさんが関わった様々な楽曲をお送りします

|

2017/08/18

フジテレビ「Love musicプレゼンツ ~ムッシュかまやつ伝説~」8/27(日)24:30~25:25

フジテレビ「Love musicプレゼンツ ~ムッシュかまやつ伝説~」8/27(日)24:30~25:25

Yumi000

8月27日(日)深夜にフジテレビ系の音楽番組「Love music」でムッシュかまやつ特集が放送される。
この特集企画はムッシュの死後に自宅倉庫から貴重な映像や写真が発見されたことを受けて実現したもの。彼のことをもっとも尊敬するミュージシャンだと語る松任谷由実がナビゲーターとなり、ムッシュの歴史を紐解く。
番組ではジャズミュージシャンの父を持つムッシュの誕生から生い立ち、ザ・スパイダースとしての活躍、そしてムッシュと松任谷が「中央フリーウェイ」を歌う40年以上前のレア映像などが公開される。さらに小山田圭吾、KenKen、山岸竜之介の撮り下ろしコメントもオンエアされるのでお見逃しなく。なおVTRのナレーションはムッシュのいとこである森山良子が務める。

松任谷由実 コメント
ナビゲーターを務めるにあたって

ムッシュは亡くなってからさらに評価が高まっていて、生前に少なからず関わりがあったことをますます誇りに思うようになっていました。そんな中、今回の(企画の)お話をいただき、本当にうれしい気持ちで参加させていただきました。(収録をしてみると)シンプルなナビゲーションにも関わらず、いろいろと映像がよぎって胸が熱くなりました。事前にVTRを見せていただいたのですが、本当にかっこよく、日本で最初のロックバンドをけん引していたのだということを改めて認識し、足を向けて寝られないと思いました。13歳の時から個人的にムッシュを見知っていましたが、頭の中で思い描いていた姿と、実際にこのようにファイルされた映像とは良い意味でかなり違っていましたね。

番組のみどころ

ムッシュがフォークの世界に飛び込んだ時というのが、デビュー曲をプロデュースしてもらってからしばらく親交が途絶えていた時期だったので、ムッシュのその変わり身に当時はついていけないところがあり、節操が無い人だと思った時期も正直ありました。ですが、こうして時間がたってみると、それさえも革新的なことだったのだと改めて思いましたね。また、「中央フリーウェイ」は結婚前にムッシュのために書いた曲だったので、思い出にあふれていますし、ムッシュが保管していた映像が編集されたものではなく、松任谷(正隆)さんが映っていないムッシュと私の二人きりのアングルのものだったのが、くすぐったかったです(笑)。

松任谷由実にとってムッシュかまやつとは

中学生の時に出会ったとはいえ、長年の間に私も成長したにも関わらず、よく男と女の関係にならなかったなと思います(笑)。ものすごく洗練された、デリカシーのある、希有な男と女の友情だったんです。

フジテレビ系「Love musicプレゼンツ ~ムッシュかまやつ伝説~」

2017年8月27日(日)24:30~25:25
<出演者>
ムッシュかまやつ / ミッキー・カーチス / ザ・スパイダース / 堺正章 / 井上順 / 井上堯之 / Char / 吉田拓郎 / 小山田圭吾 / KenKen / 山岸竜之介 / and more
ナビゲーター:松任谷由実
ナレーション:森山良子

|

2017/07/28

かまやつひろし・フォークのフォークな奇人変人物語 ヤングセンス1972秋号

フォークのフォークな奇人変人物語・かまやつひろし ヤングセンス1972秋号

M2_2

M3_2

M1_2

若い若いと思っていたかまやつさんも今や32才。長老というには若すぎますが、この世界では長老格(?) それを知ってかどうか、さだかではありませんが、ミスター・ムッシュ。最近テニスを始めたのです。《ボーリングは俗っぽすぎる。ゴルフは年寄りじみてるというわけで選んだスポーツがテニス。仕事が休みの日には、愛車に乗ってテニス場へ!まだまだ素振りもママならぬ段階だそうですが、ラケットなどの道具だけは一流選手が使っているような高級品。ムッシュ早く腕が道具に追いつくようガンバッテ! といったら、10月半ば、またロンドンに行きますので、テニスの本場イギリスで腕を磨いてくるよ・・・だって。ホントですかねえ・・・! でもケガなどなさらぬよう、ご自愛を・・・!

M4_2

|

その他のカテゴリー

かぜ耕士「どこかでラジオが」 | '09ツアー | 120曲のニューフォークを創った"日本のボブ・ディラン" 平凡パンチ1970.3.30 | 2006秋ツアー | 2007ツアー | 2009 TOUR | 2014.7.6AMラジオ・由紀さおり「ルーム・ライト(室内灯)」を語る | 2014LIVE | 4/10日曜日のそれ(ニッポン放送)■掲載中■ | ANN GOLD番宣 | Bob Dylan | DJファン投票ベスト30 ・深夜放送ファン1972年8月号 | FM COCOLO J-POP LEGEND FORUM | FM NACK5 | FM特番■デビュー20周年記念番組■ 元気です!」■全35回掲載中■ | HIKE OUT | IMPERIAL | J-POP MAGAZINE | K's Transmission | KinKi Kids | KinKi Kidsの恩人、吉田拓郎 堂本光一(日経エンタテインメント!) | LIVE 2012 | LIVE 2014 | LIVE2012 | LIVE2016 | LOVE LOVEあいしてる | NY24時間漂流コンサート | SATETO・日清パワーステーション | SONGS | SOUND MARKET '83 | T's-R | Takuro FOR YOU-2 | Takuro NEVER SHRINK BACK AND ALWAYS SURE MESSAGE FROM 小倉エージ_ | TAKURO YOSHIDA CONCERT TOUR 1989 | TAKURO YOSHIDA TOUR 1989 - 90 人間なんて | TOUR 1978 ~大いなる人~ | TY INFO | TY メッセージ | TY-ONLINE SHOP | TYIS | TYIS magazine | Welcome to GRACELAND & Keigo Kageyama's LABEL・グレイスランド&蔭山敬吾のブログ・吉田拓郎の「ビート・ピッキング革命」まとめ読み | YOKOSO | ■青春のフォーク 南 こうせつ24・【真夜中のロックンロール】 時代の証言者・読売新聞2017.8.26朝刊 | ■青春のフォーク 南 こうせつ・【つま恋が地響きに】 時代の証言者・読売新聞2017.8.24朝刊 | ◇新譜ジャーナル'82.11偉大な先輩、素晴らしき後輩に乾杯 8月12日坂崎幸之助のオールナイトニッポン: 吉田拓郎・アルフィー誌上放送 | 「十年目のギター」が残したものは? ・新譜ジャーナルベストセレクション'70s 1980 | あぁ青春のアヘアヘ物語 | あなたに影武者がいたらどうする? / 1980.6明星 | おすすめサイト | お喋り道楽 | お知らせ | かぐや姫 | かれが殺した驢馬 | このブログの人気記事ランキング | この唄を君に贈ろう■連載中■ | ごめんね青春 | じゅんの恩返し・拓郎編 | すばる・吉田拓郎ロングインタビュー 2010・3 | たくろうのともだち / よしだ・たくろうの世界 | たくろうの気ままな世界 | たくろうパック | たくろう旅の顔・ヤング・ギター'73.2 × ヤング・ギター・クロニクルVol.1吉田拓郎これが青春 | つぶやき | つま恋 | つま恋2006 | はっぴいえんど | ぼくの靴音/堂本剛  愛しています | みうらじゅん | よしだたくろうLIVE '73 | よしだたくろうの母 吉田朝子さん・週刊平凡毒蝮三太夫シリーズおふくろ第34回 | よしだたくろう・まんが履歴書=黒鉄ヒロシ | アルバム サマルカンド・ブルー拓郎インタビュー | イルミネーション | オールナイトニッポン | オールナイトニッポンGOLD | ガガンボン日記・拓郎編 | ケメ | コンサート | サマルカンド・ブルー REPORTAGE FROM NYC FROM THE STUDIO | サマルカンド・ブルー安井かずみ・加藤和彦・立川直樹 対談 | ジュリー×たくろう対談・ぼくたちすっかり酔っちまってね・ | スティーヴィー・ワンダー | チェリスト友納真緒さんのブログ・9/8つま恋! | テレビ・ラジオ | テレビ番組 | ドラマ『監獄のお姫さま』 | ニッポン放送のってけラジオ | ニッポン放送アナウンサー | ビートルズが教えてくれた 拓郎×岡本おさみ対談 | ビート・ピッキング革命 | フォーク・ルネサンス | フォーク村 | ボブ・ディラン | ミニ情報 | ムッシュかまやつ | ムッシュかまやつ_ | ヤングフォーク | ヤングフォークNo.1 1972.初夏号 | ユーミン | ライヴ情報 | ラジオDJ広場・サタデーナイトカーニバル 1980.6明星 | ラジオでナイトブログ | ラジオ番組 | 中島みゆき | 中川五郎 | 中沢厚子 | 久保利英明(弁護士) | 井上陽水のベストパフォーマンスがここに! 『GOLDEN BEST』映像版が登場 | 人間研究・第3回《吉田拓郎》リタイアしない青春だからこそ 月刊明星1980.6 | 今日までそして明日から | 僕の旅は小さな叫び | 僕らの音楽 | 加藤和彦 | 南こうせつ・ニッポン放送のってけラジオ  | 原由子 | 吉田拓郎 | 吉田拓郎 1982.7.27・Tour Final in 武道館 誌上完全再録 新譜ジャーナル'82.10 | 吉田拓郎 アーチの向こう側(ツアー"人間なんて"・新作「176.5」) 文・石原信一 撮影・大川奘一郎 新譜ジャーナル1990.2月 | 吉田拓郎 ・緑の新居 さらに飛翔への砦!'82.2 明星 | 吉田拓郎 今、更なる戦線布告・平凡パンチ1980.4.28 | 吉田拓郎90年代へ・・・・・。・パチパチ読本 1990年_ | 吉田拓郎INTERVIEWつま恋の朝、"これまでのオレ"は、死ぬんだ / '85.7シンプジャーナル | 吉田拓郎LONG INTERVIEW 今、再び荒野をめざして 新譜ジャーナル'82.5 | 吉田拓郎×久保利英明弁護士(For Life1976創刊春号) | 吉田拓郎×岡本おさみ対談 前後編 新譜ジャーナル1984年6月7月号 | 吉田拓郎×岡本おさみ対談1984 新譜ジャーナル_ | 吉田拓郎×岡本おさみ対談 後編・ 新譜ジャーナル1984年7月号 | 吉田拓郎「女ともだち」浅川マキ | 吉田拓郎と愛の歌 ('82オールナイト・ニッポン 最終回より)  | 吉田拓郎のオールナイトニッポン | 吉田拓郎インタビュー・2005年8月20日(土)FM NACK5 J-POP MAGAZINE 田家秀樹 | 吉田拓郎インタビュー・新譜ジャーナル1977.10 | 吉田拓郎ドラマ曲 | 吉田拓郎ラジオ | 吉田拓郎ラジオでナイト | 吉田拓郎・ムッシュかまやつ | 吉田拓郎・男のライフスタイル / 平凡パンチ1984.3.19号 | 吉田拓郎新居でご満悦 | 吉田拓郎詩集BANKARA | 地球音楽ライブラリー | 坂崎幸之助 | 大いなる人・拓郎×岡本おさみ対談 | 安井かずみ | 富澤一誠の「俺が言う 」 | 岡本おさみ | 岩崎宏美 | 広島フォーク村40周年記念同窓会&ライブ | 広島フオーク村 | 所ジョージ・吉田拓郎 | 拓ちゃんCM | 拓ちゃん小ネタ | 拓郎、東京キッド・ブラザースに歌を語る(かれが殺した驢馬) | 拓郎カレンダー | 拓郎出演テレビ番組 | 拓郎展 | 拓郎新譜 | 拓郎関連ブログ | 斉藤哲夫 / されど私の人生 | 新六文銭 | 新聞 | 新聞記事・拓郎 | 旅に唄あり 岡本おさみ / 襟裳岬 | 旅に唄あり 岡本おさみ_ | 旅の重さ | 日常 | 映画「恋妻家宮本」 | 映画「結婚しようよ」 | 映画・甘い暴力 | 普賢岳災害救済 スーパーバンド | 松任谷正隆 | 松本隆「外白」を語る | 桑田佳祐 | 森下愛子 | 検見川廣徳院 | 歌謡ポップスチャンネル | 残間里江子・加藤和彦 Interview | 泉谷しげる | 深夜放送ファン | 満島ひかり | 瀬尾一三 | 火曜ドラマ「監獄のお姫さま」(通称 プリプリ) | 燃える38時間 Takuro Yoshida Island Concert in Shinojima | 玉城ちはる | 田中秋夫が語るラジオ局が結集した〝伝説〟のコンサート | 田家秀樹 | 田家秀樹 Kei's BAR__ | 田家秀樹ブログ・新・猫の散歩 | 甲斐バンド | 矢島賢さん | 竹田企画 | 純情 -なぜか売れなかった ぼくの愛しい歌 - 阿久 悠 | 自分の事は棚に上げて | 菅田将暉 | 落陽 / 旅に唄あり 岡本おさみ | 襟裳岬 | 訃 報 | 記念日 | 過去ログ | 重松清 | 阿久悠 | 雑誌 | 青春のフォーク 南 こうせつ27・【あの頃にタイムスリップ】 時代の証言者・読売新聞2017.9.4朝刊 | 青春のフォーク 南 こうせつ27・【大雨の「サマーピクニック】 時代の証言者・読売新聞2017.8.30朝刊 | 音楽 | 音楽番組 | 高田渡&よしだたくろう - '70年9月16日 ライブ | 黄金の60年代、「キャンティ」とその時代 川添象郎・ムッシュかまやつ・ミッキー・カーチス