カテゴリー「瀬尾一三」の記事

2017/07/25

'75ライトミュージック サウンド・プロ・オーディオめぐり 瀬尾一三

'75ライトミュージック サウンド・プロ・オーディオめぐり 瀬尾一三
ナゼなんだろうね、シャキシャキした音が好きなんだ。瀬尾一三  聞き手・傅信幸
 
ぼくたちが聴く音楽には、作詞家がいて作曲 家がいて、もうひとり忘れてはならない人がいる。それは曲のイメージに合わせて味つけをするアレンジャーだ。アレンジャーはめっ たに表に顔を出さないが、この編曲という過程ぬきでは曲が完成しないほど重要な仕事だ。 アレンジャーは、たくさんの音楽を聴き、自分のイメージを曲に盛りつけていく。 そんな人の部屋には、どんな楽器があり、どんなオーディオ装置があるのだろうか。 第1回めの今月は、大ヒット曲「我が良き友よ」のアレンジャーである瀬尾一三さんの お宅を訪問してみた。1人ぐらしのわりにはきちんと片付いた部屋で、音楽には全然関係のないオモチャやゲームなどが、玄関から目につき、友だちが集まると大カジノ・トバク場に早変わりするそうである。 聞き手は、本誌の“自宅録音入門”でおなじみの傅信幸氏。

Img_3473

Img_3474

瀬尾さんの不満は、スタジオの中にある。それも日本とアメリカ、たとえばロスやナッシュビルのサウンドと日本のスタジオで創られるサウンドとのあまりの 違いにあるようだ。 「ミキシング・コンソールやマイク、テープレコーダーは、日本もアメリカも同じものなんです。むしろ日本の方がメインテナンスがいいし、スタジオの造りもしっかりしている」ところプがサウンドに大きな違いができてしまうのだそうだ。 「ウエストコーストの連中は、かなりひどいスタジオでも録音している。屋根裏部屋や納屋を改造してスタジオにしているものもあるんですよ」サウンド造りの良し悪しは、スタジオやそこにあるマシ ンで決まるものではない、と瀬尾さんは言いたげだ。 彼の不満はスタジオだけでなく、レコードづくりの要、カッティングまで及ぶ。 「テープまではバツグンのサウンドだったのが、いざレコードになるとまるで違うサウンドになってガッカリしちゃうことも多いんです」。 彼の話しぶりは、やさしくおとなしい のだが、その底にはレコードづくりのあり方についてのきびしい意見がみえた。 不満ばかりか、と言うとそうでもなく、「ミカ・バンドのアルバム(『黒船』)を プロデュースしたクリス·トーマスと日本で一緒に仕事をしたミキサーと、かまやつひろしのレコード(「我が良き友よ」) を作ったんだけど、彼はぼくのサウンドをしっかり受けとめてくれて、とてもいいものができたよ」やさしい人柄を一層 柔らかくしてうれしそうに語ってくれた。

Img_3475

アレンジャーとは、楽器の編成やフレージングを決めるだけでなく、サウンドそのものについても強い意見を持っている。となると、人一倍オーディオに関心があるのではないかと思われるだろうが実際、「スタジオではいいサウンドだったとしても、それがレコードになり、い ろんな人の手に渡ると、アンプが変わり スピーカーが変わってそのサウンドはど んどん姿を変える。僕の考えていたのとは全く逆になってしまうこともあるでしよう」。 なるほど、その通りだ。あの小さなカ ートリッジひとつ変えただけでもサウンドは一変してしまう。それがオーディオ というものだ。「だから、どんなオーデ イオ·システムで聴いても、イメージが 太ったりやせたりしないよう、モニター・ルームではサバ読みして最大公約数的なサウンドにまとめるテクニックが必要なんです」3年前は、そんなことも考えずにレコードをつくっていたそうだが、この頃ではずいぶん気をつかっていると言う。プロフェッショナルの言葉だな‥・と僕は思った。 瀬尾さんのオーディオ·システムは豪華ケンランな高級機でもなければ、チンケな安物でもない。ごく普通の機械だ。 誰もが持っているようなオーディオ・システムを物差しにして、彼はサウンドのイメージを拡げている。オーディオはシロウトと自称しているが、うまい具合 に"シャキシャキした音"の傾向のスピーカーやカートリッジを使っていたのは偶然か。コピーなどで長時間使うヘッドフォンも、軽いオープン·エアー·タイプを使っていた。近々、4 chのデッキがこの部屋に入るという。3日で飽きたというシンセサイザーも多重録音にまた使われ出すことだろう。

《オーディオ屋からひと言》
高域のトーン·コントロールを上げてシャキシャキのサウンドにしているが、 トーン·コントロールで音を固くするのには無理がある。補整するものだ。本質的にそういうサウンドを求めるのならばJBLのL-16、26あたりのスピーカーを勧めたい。きめ細かい音が期待できる。

瀨尾一三プロフィール 

昭和22年9月30日兵庫県に生まれる。関西大学時代は“愚”(ぐ) というフォーク・,バンドを組んでおりURCからレコードを出したこともある。メンバーに中川イサトがいた。 音楽出版社で 働くうちにアレンジの仕事を始め、本職にとって代わる。 3年め。代表作品は、「我が良き友よ」「岬めぐり」「妹」『たくろうライヴ』などの他多数ある。同年代のアレンジャーでは、高中正義や松任谷正隆、萩田光雄氏などが気になるところ。

カテゴリー「吉田拓郎」より分離・独立

 

|

その他のカテゴリー

かぜ耕士「どこかでラジオが」 | '09ツアー | 120曲のニューフォークを創った"日本のボブ・ディラン" 平凡パンチ1970.3.30 | 2006秋ツアー | 2007ツアー | 2009 TOUR | 2014LIVE | 4/10日曜日のそれ(ニッポン放送)■掲載中■ | ANN GOLD番宣 | Bob Dylan | FM COCOLO J-POP LEGEND FORUM | FM NACK5 | FM特番■デビュー20周年記念番組■ 元気です!」■全35回掲載中■ | HIKE OUT | IMPERIAL | J-POP MAGAZINE | K's Transmission | KinKi Kids | KinKi Kidsの恩人、吉田拓郎 堂本光一(日経エンタテインメント!) | LIVE 2012 | LIVE 2014 | LIVE2012 | LIVE2016 | LOVE LOVEあいしてる | SATETO・日清パワーステーション | SONGS | SOUND MARKET '83 | T's-R | Takuro FOR YOU-2 | Takuro NEVER SHRINK BACK AND ALWAYS SURE MESSAGE FROM 小倉エージ_ | TAKURO YOSHIDA CONCERT TOUR 1989 | TAKURO YOSHIDA TOUR 1989 - 90 人間なんて | TOUR 1978 ~大いなる人~ | TY INFO | TY メッセージ | TY-ONLINE SHOP | TYIS | TYIS magazine | YOKOSO | あぁ青春のアヘアヘ物語 | おすすめサイト | お喋り道楽 | お知らせ | かぐや姫 | かれが殺した驢馬 | このブログの人気記事ランキング | この唄を君に贈ろう■連載中■ | ごめんね青春 | じゅんの恩返し・拓郎編 | すばる・吉田拓郎ロングインタビュー 2010・3 | たくろうのともだち / よしだ・たくろうの世界 | たくろうパック | つぶやき | つま恋 | つま恋2006 | はっぴいえんど | ぼくの靴音/堂本剛  愛しています | みうらじゅん | よしだたくろうLIVE '73 | よしだたくろう・まんが履歴書=黒鉄ヒロシ | アルバム サマルカンド・ブルー拓郎インタビュー | イルミネーション | オールナイトニッポン | オールナイトニッポンGOLD | ガガンボン日記・拓郎編 | ケメ | コンサート | サマルカンド・ブルー REPORTAGE FROM NYC FROM THE STUDIO | サマルカンド・ブルー安井かずみ・加藤和彦・立川直樹 対談 | ジュリー×たくろう対談・ぼくたちすっかり酔っちまってね・ | テレビ・ラジオ | テレビ番組 | ニッポン放送のってけラジオ | ニッポン放送アナウンサー | ビートルズが教えてくれた 拓郎×岡本おさみ対談 | ビート・ピッキング革命 | フォーク・ルネサンス | フォーク村 | ボブ・ディラン | ミニ情報 | ムッシュかまやつ | ムッシュかまやつ_ | ヤングフォーク | ユーミン | ライヴ情報 | ラジオDJ広場・サタデーナイトカーニバル 1980.6明星 | ラジオでナイトブログ | ラジオ番組 | 中島みゆき | 中川五郎 | 中沢厚子 | 久保利英明(弁護士) | 今日までそして明日から | 僕の旅は小さな叫び | 僕らの音楽 | 加藤和彦 | 南こうせつ・ニッポン放送のってけラジオ  | 原由子 | 吉田拓郎 | 吉田拓郎 ・緑の新居 さらに飛翔への砦!'82.2 明星 | 吉田拓郎 今、更なる戦線布告・平凡パンチ1980.4.28 | 吉田拓郎LONG INTERVIEW 今、再び荒野をめざして 新譜ジャーナル'82.5 | 吉田拓郎×久保利英明弁護士(For Life1976創刊春号) | 吉田拓郎×岡本おさみ対談1984 新譜ジャーナル_ | 吉田拓郎「女ともだち」浅川マキ | 吉田拓郎と愛の歌 ('82オールナイト・ニッポン 最終回より)  | 吉田拓郎のオールナイトニッポン | 吉田拓郎インタビュー・新譜ジャーナル1977.10 | 吉田拓郎ドラマ曲 | 吉田拓郎ラジオ | 吉田拓郎ラジオでナイト | 吉田拓郎新居でご満悦 | 吉田拓郎詩集BANKARA | 地球音楽ライブラリー | 坂崎幸之助 | 大いなる人・拓郎×岡本おさみ対談 | 安井かずみ | 富澤一誠の「俺が言う 」 | 岡本おさみ | 岩崎宏美 | 広島フオーク村 | 所ジョージ・吉田拓郎 | 拓ちゃんCM | 拓ちゃん小ネタ | 拓郎出演テレビ番組 | 拓郎展 | 拓郎新譜 | 拓郎関連ブログ | 斉藤哲夫 / されど私の人生 | 新六文銭 | 新聞 | 新聞記事・拓郎 | 旅に唄あり 岡本おさみ / 襟裳岬 | 旅に唄あり 岡本おさみ_ | 旅の重さ | 日常 | 映画「恋妻家宮本」 | 映画「結婚しようよ」 | 映画・甘い暴力 | 普賢岳災害救済 スーパーバンド | 松任谷正隆 | 松本隆「外白」を語る | 桑田佳祐 | 森下愛子 | 歌謡ポップスチャンネル | 残間里江子・加藤和彦 Interview | 泉谷しげる | 深夜放送ファン | 満島ひかり | 瀬尾一三 | 燃える38時間 Takuro Yoshida Island Concert in Shinojima | 玉城ちはる | 田家秀樹 | 田家秀樹 Kei's BAR__ | 田家秀樹ブログ・新・猫の散歩 | 甲斐バンド | 矢島賢さん | 竹田企画 | 純情 -なぜか売れなかった ぼくの愛しい歌 - 阿久 悠 | 自分の事は棚に上げて | 菅田将暉 | 落陽 / 旅に唄あり 岡本おさみ | 襟裳岬 | 訃 報 | 記念日 | 過去ログ | 重松清 | 阿久悠 | 雑誌 | 音楽 | 音楽番組 | 黄金の60年代、「キャンティ」とその時代 川添象郎・ムッシュかまやつ・ミッキー・カーチス