カテゴリー「たくろうのともだち / よしだ・たくろうの世界」の記事

2013/03/24

たくろうのともだち / よしだ・たくろうの世界

Fullsizerender_105

■僕とフォーク・ソングちゃん

フォーク ソングなんて、今さら僕には、どうでもいい。 僕の歌っているのは『僕の歌』でしかなく、それは、フォークなどと 言う、何やら、まやかしがったものでもないような気がするし.....。
そも、フォークシンガーとは、何ぞ? などと聞かれる毎に「僕はフォークシンガーではないでしょうネ」とか答えるみ。「では、お主の職業は?」「ハイ、プロの歌手ではないでしょうか。」ここにつきるのである。どうしようもないよな。そして、まあエエではないの! プロとか歌手とか、色々、あってもヨカンベー!! と、こうなってしまう。
であるからして、この際、その種の話は、やめにしたいのである。 さて、この、まやかし(どうも、あまりいい言葉ではないが)がかったフォークソングとか言うものを、僕が初めて、耳にしたのは、高校2年の時、一級下の女の子に失恋した頃の事だ。友人の貸してくれたテーブに、とにかく、変な声? たいした事無いギター? これでいいのかネと思いたくなる様なハーモニカ? (その頃、僕はホントニ、そう思った)のボブ・ディラン殿の『風に吹かれて』が入っていて……。ウン、あれが最初だと思う。まあ、ひとつもいいとは思わなかったけど、その友人語るところによるボブ・ディラン ストーリーには、正直言って、あこがれた。そのうち、どこからか、ハリガネを見つけて来て、写真を見ながら、あのハーモニカホルダーを、必死になって作ったものだ。(当時は、まだ市販されていなかった) 『風に吹かれて』を練習したなー。 ギターも、歌い方まで、ディランの 真似をしたっけ。そう言えば、やみつきになるにしたがって、何とかディランみたいに生きたいと言う気持がエスカレートして、大学1年になって、家出まで真似してしまった。2週間で、帰ったけど。 大学2年になって、2度目の家出 (これは、親を説得して、合法的 ? なものであったが)約半年、千葉の検見川という所にある、広徳院とか申す、お寺にイソウロウ。

とにかく広い墓地のソージなどしながら、 「ウーン、せつないのー」などと、タメ息をついていたものだった。この頃から、エレキギターに魅せられて、栄養失調気味で広島へ帰ると、すぐ、グループを作った。 思い切って、R&B風と言うか、それ臭い音を出すグループにしよう!!と、キンクス、ローリングストー ンズ、スペンサー・デイビス・グルー プetc. などのレパートリーに取り組んだ。まだソウルブームなど日本では、考えられもしなかったが、除々に、R&Bというものが広まりつつあった事は確かだ。『ハングオンス リーピー』で、ライトミュージックコンテスト中国五県1位になり、翌年、ホールドオンで再び1位、グランブリでは惜しくも入賞を逸したが、これは審査員の感覚の問題で、『あれは、まさしく、我々が優勝していたのだ !』と今でも、あの頃のグループのリーダーはボヤイている。その時、1位になったのが、例のマックスで、彼等とは、その後、一緒にレコーディングしたりステージ活動をやったりする事になるのだが……。 エレキを弾きながらも、やっぱり、ディランのレコードだけは、忘れ難く、時ある毎に、フォークのステー ジへも立っていた。フォークのコンテストでも全国大会で3位に入賞したり、(やっぱり僕は才能があったのであろう???)、まあ、賞金稼ぎとしては、割と優秀な方だった。 そんなワケで、僕は、アマチュアの時代(今をプロとして)色々な音楽をやっていた事になり、別にフォークと呼ばれるものばかり、やっていたワケでもないし、『ブラ・フォー』 などは、むしろ、好きでない方に属していたのだから、今さら、 『フォ ークとはネー』とか『フォークシンガーちゅうもんは』など、言えたぎではないのである。 そうなんだ、あの高2の時、作った曲から今日まで、それは、『僕の歌』であり、また、 『僕の歌』でしかないのである。スクナクトモ 『フォークシンガー様』にはなりたくないな。今のところ。

■僕とギターちゃん(略)

■僕と浅沼ちゃん

ライトミュージックのコンテストが毎年あるが、広島へよく審査員として来る男がいた。見るからに、やさしい顔つきで、 (顔だけ見ると今でも、とても30代には見えないネ) 笑うと、すごく可愛いい男だった。 こいつが、とんだ毒舌で、僕のグル ーブと言えば広島はおろか中国、四国、北九州、あたりにも、名の届く、名実共に、最高のバンドで、どのパーティーにも、 G・G・クラブ、あるいは岩国の米軍キャンプetc.から引っぱりだこだ。 その、僕等に対して、ボロクソに言った男が、浅沼勇、現エレックレ コード専務他雑用である。しかも, 広島では、アマチュアグループの教祖的存在にある我々を、ステージでコケにした罪は重い。 僕は、ものすごーーーく頭に来た。 『何でー、あの野郎、R&Bをワカッテネーんだな』とフテクサレなが ら帰ったものである。ちょうど、しかも、そのステージと言うのが、我々のグループの全国グランプリ出場壮行会だから、たまらない。それに、おまけつきで、2位になったグループを、ベタほめだ。 まったく、ケシカラン奴なんだ。 その男と、奇しくも、今度はフォーク (あの時はロック) とやらの世界で逢おうとは、思ってもみなかったし、思いたくもなかった。 しかし、やっぱり、なるようになっていたのかも知れないな、運命と いうやつでサ。 今度は逆だった『浅沼の言ってるフォークだ何だは、終ったよ』と、僕の方が、態度もでかく出たもんな今回は。
浅沼サンという人は、とてもじゃないが、はかり知れない男だ。それが、何故か、僕には、時々、すごく頼りになる人であったり逆に、全々、バカにしてみたくなる様な人であったりスル。 結構コワイ男と、もっぱらのウワサだけど、僕は全々コワクない。 なぜなら、彼は現在、精神的に年令が逆行しているかの如く見えるからである。とても可愛いいのだな。 パンタロンを気にしたりetc、クラシックや、チェット奏法などでは、一 級品のくせに、たくろう流のギターにかかると、手も足も出ない(言いすぎではないのだ)そんな、この頃なんだからネ。『ウッドストック』 を8回、『プレスリーオンステージ」 を10回以上、見に行った男、浅沼勇とは、あの広島以来、そして誰かの歌じゃないが、「明日からもこうして……」長いつき合いになりそうで ある。お互いに、ケナシ合いながらも。早く、子供作れよ!!余談だが、彼の妻(奥さんと呼ぶには、子供っぼく、ムジャキな女性なので)は、僕と同じ年らしく、実にチャーミングな、可愛いい女である。一度、酔っ払って(ムロン僕が)『オイ!浅 沼!今度、お前の女房貸せ!』と言 ったそうだが、どうも、デッチ上げ の臭いがするぜ。

(新譜ジャーナル別冊よしだ・たくろうの世界)

カテゴリー「吉田拓郎」より分離独立

|

その他のカテゴリー

かぜ耕士「どこかでラジオが」 | '09ツアー | 120曲のニューフォークを創った"日本のボブ・ディラン" 平凡パンチ1970.3.30 | 2006秋ツアー | 2007ツアー | 2009 TOUR | 2014.7.6AMラジオ・由紀さおり「ルーム・ライト(室内灯)」を語る | 2014LIVE | 4/10日曜日のそれ(ニッポン放送)■掲載中■ | ANN GOLD番宣 | Bob Dylan | DJファン投票ベスト30 ・深夜放送ファン1972年8月号 | FM COCOLO J-POP LEGEND FORUM | FM NACK5 | FM特番■デビュー20周年記念番組■ 元気です!」■全35回掲載中■ | HIKE OUT | IMPERIAL | J-POP MAGAZINE | K's Transmission | KinKi Kids | KinKi Kidsの恩人、吉田拓郎 堂本光一(日経エンタテインメント!) | LIVE 2012 | LIVE 2014 | LIVE2012 | LIVE2016 | LOVE LOVEあいしてる | NY24時間漂流コンサート | SATETO・日清パワーステーション | SONGS | SOUND MARKET '83 | T's-R | Takuro FOR YOU-2 | Takuro NEVER SHRINK BACK AND ALWAYS SURE MESSAGE FROM 小倉エージ_ | TAKURO YOSHIDA CONCERT TOUR 1989 | TAKURO YOSHIDA TOUR 1989 - 90 人間なんて | TOUR 1978 ~大いなる人~ | TY INFO | TY メッセージ | TY-ONLINE SHOP | TYIS | TYIS magazine | Welcome to GRACELAND & Keigo Kageyama's LABEL・グレイスランド&蔭山敬吾のブログ・吉田拓郎の「ビート・ピッキング革命」まとめ読み | YOKOSO | ■青春のフォーク 南 こうせつ24・【真夜中のロックンロール】 時代の証言者・読売新聞2017.8.26朝刊 | ■青春のフォーク 南 こうせつ・【つま恋が地響きに】 時代の証言者・読売新聞2017.8.24朝刊 | ◇新譜ジャーナル'82.11偉大な先輩、素晴らしき後輩に乾杯 8月12日坂崎幸之助のオールナイトニッポン: 吉田拓郎・アルフィー誌上放送 | 「十年目のギター」が残したものは? ・新譜ジャーナルベストセレクション'70s 1980 | あぁ青春のアヘアヘ物語 | あなたに影武者がいたらどうする? / 1980.6明星 | おすすめサイト | お喋り道楽 | お知らせ | かぐや姫 | かれが殺した驢馬 | このブログの人気記事ランキング | この唄を君に贈ろう■連載中■ | ごめんね青春 | じゅんの恩返し・拓郎編 | すばる・吉田拓郎ロングインタビュー 2010・3 | たくろうのともだち / よしだ・たくろうの世界 | たくろうの気ままな世界 | たくろうパック | たくろう旅の顔・ヤング・ギター'73.2 × ヤング・ギター・クロニクルVol.1吉田拓郎これが青春 | つぶやき | つま恋 | つま恋2006 | はっぴいえんど | ぼくの靴音/堂本剛  愛しています | みうらじゅん | よしだたくろうLIVE '73 | よしだたくろうの母 吉田朝子さん・週刊平凡毒蝮三太夫シリーズおふくろ第34回 | よしだたくろう・まんが履歴書=黒鉄ヒロシ | アルバム サマルカンド・ブルー拓郎インタビュー | イルミネーション | オールナイトニッポン | オールナイトニッポンGOLD | ガガンボン日記・拓郎編 | ケメ | コンサート | サマルカンド・ブルー REPORTAGE FROM NYC FROM THE STUDIO | サマルカンド・ブルー安井かずみ・加藤和彦・立川直樹 対談 | ジュリー×たくろう対談・ぼくたちすっかり酔っちまってね・ | スティーヴィー・ワンダー | チェリスト友納真緒さんのブログ・9/8つま恋! | テレビ・ラジオ | テレビ番組 | ドラマ『監獄のお姫さま』 | ニッポン放送のってけラジオ | ニッポン放送アナウンサー | ビートルズが教えてくれた 拓郎×岡本おさみ対談 | ビート・ピッキング革命 | フォーク・ルネサンス | フォーク村 | ボブ・ディラン | ミニ情報 | ムッシュかまやつ | ムッシュかまやつ_ | ヤングフォーク | ヤングフォークNo.1 1972.初夏号 | ユーミン | ライヴ情報 | ラジオDJ広場・サタデーナイトカーニバル 1980.6明星 | ラジオでナイトブログ | ラジオ番組 | 中島みゆき | 中川五郎 | 中沢厚子 | 久保利英明(弁護士) | 井上陽水のベストパフォーマンスがここに! 『GOLDEN BEST』映像版が登場 | 人間研究・第3回《吉田拓郎》リタイアしない青春だからこそ 月刊明星1980.6 | 今日までそして明日から | 僕の旅は小さな叫び | 僕らの音楽 | 加藤和彦 | 南こうせつ・ニッポン放送のってけラジオ  | 原由子 | 吉田拓郎 | 吉田拓郎 1982.7.27・Tour Final in 武道館 誌上完全再録 新譜ジャーナル'82.10 | 吉田拓郎 アーチの向こう側(ツアー"人間なんて"・新作「176.5」) 文・石原信一 撮影・大川奘一郎 新譜ジャーナル1990.2月 | 吉田拓郎 ・緑の新居 さらに飛翔への砦!'82.2 明星 | 吉田拓郎 今、更なる戦線布告・平凡パンチ1980.4.28 | 吉田拓郎90年代へ・・・・・。・パチパチ読本 1990年_ | 吉田拓郎INTERVIEWつま恋の朝、"これまでのオレ"は、死ぬんだ / '85.7シンプジャーナル | 吉田拓郎LONG INTERVIEW 今、再び荒野をめざして 新譜ジャーナル'82.5 | 吉田拓郎×久保利英明弁護士(For Life1976創刊春号) | 吉田拓郎×岡本おさみ対談 前後編 新譜ジャーナル1984年6月7月号 | 吉田拓郎×岡本おさみ対談1984 新譜ジャーナル_ | 吉田拓郎×岡本おさみ対談 後編・ 新譜ジャーナル1984年7月号 | 吉田拓郎「女ともだち」浅川マキ | 吉田拓郎と愛の歌 ('82オールナイト・ニッポン 最終回より)  | 吉田拓郎のオールナイトニッポン | 吉田拓郎インタビュー・2005年8月20日(土)FM NACK5 J-POP MAGAZINE 田家秀樹 | 吉田拓郎インタビュー・新譜ジャーナル1977.10 | 吉田拓郎ドラマ曲 | 吉田拓郎ラジオ | 吉田拓郎ラジオでナイト | 吉田拓郎・ムッシュかまやつ | 吉田拓郎・男のライフスタイル / 平凡パンチ1984.3.19号 | 吉田拓郎新居でご満悦 | 吉田拓郎詩集BANKARA | 地球音楽ライブラリー | 坂崎幸之助 | 大いなる人・拓郎×岡本おさみ対談 | 安井かずみ | 富澤一誠の「俺が言う 」 | 岡本おさみ | 岩崎宏美 | 広島フォーク村40周年記念同窓会&ライブ | 広島フオーク村 | 所ジョージ・吉田拓郎 | 拓ちゃんCM | 拓ちゃん小ネタ | 拓郎、東京キッド・ブラザースに歌を語る(かれが殺した驢馬) | 拓郎カレンダー | 拓郎出演テレビ番組 | 拓郎展 | 拓郎新譜 | 拓郎関連ブログ | 斉藤哲夫 / されど私の人生 | 新六文銭 | 新聞 | 新聞記事・拓郎 | 旅に唄あり 岡本おさみ / 襟裳岬 | 旅に唄あり 岡本おさみ_ | 旅の重さ | 日常 | 映画「恋妻家宮本」 | 映画「結婚しようよ」 | 映画・甘い暴力 | 普賢岳災害救済 スーパーバンド | 松任谷正隆 | 松本隆「外白」を語る | 桑田佳祐 | 森下愛子 | 検見川廣徳院 | 歌謡ポップスチャンネル | 残間里江子・加藤和彦 Interview | 泉谷しげる | 深夜放送ファン | 満島ひかり | 瀬尾一三 | 火曜ドラマ「監獄のお姫さま」(通称 プリプリ) | 燃える38時間 Takuro Yoshida Island Concert in Shinojima | 玉城ちはる | 田中秋夫が語るラジオ局が結集した〝伝説〟のコンサート | 田家秀樹 | 田家秀樹 Kei's BAR__ | 田家秀樹ブログ・新・猫の散歩 | 甲斐バンド | 矢島賢さん | 竹田企画 | 純情 -なぜか売れなかった ぼくの愛しい歌 - 阿久 悠 | 自分の事は棚に上げて | 菅田将暉 | 落陽 / 旅に唄あり 岡本おさみ | 襟裳岬 | 訃 報 | 記念日 | 過去ログ | 重松清 | 阿久悠 | 雑誌 | 青春のフォーク 南 こうせつ27・【あの頃にタイムスリップ】 時代の証言者・読売新聞2017.9.4朝刊 | 青春のフォーク 南 こうせつ27・【大雨の「サマーピクニック】 時代の証言者・読売新聞2017.8.30朝刊 | 音楽 | 音楽番組 | 高田渡&よしだたくろう - '70年9月16日 ライブ | 黄金の60年代、「キャンティ」とその時代 川添象郎・ムッシュかまやつ・ミッキー・カーチス