カテゴリー「菅田将暉」の記事

2017/03/08

菅田将暉「オールナイトニッポン」レギュラーパーソナリティに決定!吉田拓郎からも秘密のアドバイス!?

菅田将暉「オールナイトニッポン」レギュラーパーソナリティに決定!吉田拓郎からも秘密のアドバイス!?

Suda_yoshida00

8日、ニッポン放送イマジンスタジオで記者会見が開催され、大ブレイク中の俳優・菅田将暉(24)が「オールナイトニッポン」のレギュラーパーソナリティを務めることが発表された。

今年10月に放送開始50周年を迎える「オールナイトニッポン」。記念すべきこの年に、映画、ドラマ、CM、音楽と、精力的に活動を続ける俳優・菅田将暉が新パーソナリティとして加わることになった。菅田将暉は、今年4月3日から月曜日深夜1時の「オールナイトニッポン」レギュラーパーソナリティを担当する。なお、昨年から月曜日を担当していた星野源は、4月4日から火曜日担当に変更となる。

シリアスからコメディまでこなす実力派であり、2016年最もブレイクした俳優・菅田将暉だが、ラジオパーソナリティは、今年2月10日(金)に生放送した「オールナイトニッポンGOLD」のスペシャルが初体験。当日の番組には、異例の1万2千通以上のメールが届き、リスナー、ファンからの期待度、共感度の高さを裏付けた。菅田は、ラジオパーソナリティの難しさを実感しながらも、リスナーとのフレンドリーなコミュニケーション感激して、「今までにない快感。もっと喋りたい」とコメントしていた。

 

Suda_3

2017年2月10日(金)放送「オールナイトニッポンGOLD」より
オールナイトニッポンらしく、ビタースイートサンバをBGMに記者会見に登場した菅田将暉。司会から、この曲が流れるとラジオって感じがしますよね?と聞かれると、「そうですね、なんか緊張しますね。普段この曲を聴いて緊張することはないんですけど、今日は緊張します。(ラジオは)俳優とは違う領域は初めてなので楽しみですけど。」と語った。

ラジオパーソナリティのオファーが来たときの心境を聞かれると、「自分の言葉で話すことがほぼないので嬉しかったです。オールナイトニッポンは、僕自身がどんどんハダカになっていく。そんな快感はほかにないかなと。なんか、すごくヘンタイな発言になりましたけど(笑)」と笑顔を見せた。普段の俳優の仕事は“服を着ていく現場”だが、ラジオは真逆で、ハダカになっていく快感があるという。

また、以前オールナイトニッポンGOLDのスペシャルパーソナリティを務めたときの感想については、「最初の1時間は地獄でしたね。誰にも助けてもらえないし、自分の言葉でやらないといけないので。10秒ぐらい音が流れなかったことがあったり、エピソードをまとめきれなかったりとか、酷かったと思う。」と振り返った。しかし後半はすごく楽しかったといい、「リスナーの皆さんからのメールが面白くて、やっと話せた。こいつ関西人じゃないやろって人が関西弁で喋ってきたりして(笑)そういうやり取りの中から、自分の喋りを見つけることができました。僕も人間なんだと思えて嬉しかったです。」と語った。「一般の方にハダカの自分をいじってもらえて、嬉しかったですね。こういうとドMみたいですけど(笑)」と笑いを誘う場面もあった。

一方、周りからの反響は、「自分も番組に出たい!」という声が多かったそう。「そんなこともできるんだと思った。この業界外の友達とかともトークしたい。洋服を作ってる友達とかいるんですけど、すごくパーソナルな会話ができそう。素をさらけ出したいですね。」とやる気に満ちた表情だった。

後半には、同じく4月からニッポン放送で新番組のレギュラーパーソナリティを務めることが決定した、吉田拓郎が登場。壇上で初めての2ショットを見せた。以前吉田の歌を弾き語りで披露し、父が吉田の大ファンだという菅田は、印象を聞かれると、「楽屋で握手をしていただいたんですが、すごくカッコ良かったです。自ら手を出して近づいてくれて。ドキッとしました。こんな光栄な事はないです。」と語った。

以前からラジオと大きな繋がりを持っている吉田から、「ラジオには、聴いてる人には伝わらないヴェールに隠れたところがあって、そこが素晴らしいところ。だから、すっぽんぽんの素もいいけど、秘密を持つとラジオは楽しくなるよ。」とアドバイスが飛ぶと、「パンツだけは履こうかなと思ってます。」と菅田らしい返しを見せた。また、吉田が大好きだという「クリームソーダを飲みながらやるといい」というアドバイスには、「それはマネてみたいですね。」と答え、微笑ましいやり取りを見せた。

菅田将暉が、初挑戦のラジオレギュラー番組で見せる新たな一面に期待が高まる。ニッポン放送『菅田将暉のオールナイトニッポン』のレギュラー初回は、4月3日(月)深夜1時から全国36局ネットで生放送される。※この番組はradikoのタイムフリー機能で放送後1週間まで聴取可能。

<番組概要>
番組タイトル:ニッポン放送『菅田将暉のオールナイトニッポン』
放送日時:毎週月曜日25時~27時
初回放送:2017年4月3日(月)25時~ 生放送
放送局:ニッポン放送ほか全国36局ネット
パーソナリティ:菅田将暉

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

かぜ耕士「どこかでラジオが」 | '09ツアー | 2006秋ツアー | 2007ツアー | 2009 TOUR | 2014LIVE | 4/10日曜日のそれ(ニッポン放送)■掲載中■ | ANN GOLD番宣 | Bob Dylan | FM COCOLO J-POP LEGEND FORUM | FM NACK5 | FM特番■デビュー20周年記念番組■ 元気です!」■全35回掲載中■ | HIKE OUT | IMPERIAL | J-POP MAGAZINE | K's Transmission | KinKi Kids | LIVE 2012 | LIVE 2014 | LIVE2012 | LIVE2016 | SONGS | SOUND MARKET '83 | T's-R | Takuro FOR YOU-2 | Takuro NEVER SHRINK BACK AND ALWAYS SURE MESSAGE FROM 小倉エージ_ | TAKURO YOSHIDA CONCERT TOUR 1989 | TAKURO YOSHIDA TOUR 1989 - 90 人間なんて | TY INFO | TY メッセージ | TY-ONLINE SHOP | TYIS | TYIS magazine | YOKOSO | おすすめサイト | お喋り道楽 | お知らせ | かぐや姫 | このブログの人気記事ランキング | この唄を君に贈ろう■連載中■ | ごめんね青春 | じゅんの恩返し・拓郎編 | すばる・吉田拓郎ロングインタビュー 2010・3 | たくろうパック | つぶやき | つま恋 | つま恋2006 | はっぴいえんど | ぼくの靴音/堂本剛  愛しています | みうらじゅん | アルバム サマルカンド・ブルー拓郎インタビュー | イルミネーション | オールナイトニッポン | オールナイトニッポンGOLD | ガガンボン日記・拓郎編 | コンサート | サマルカンド・ブルー REPORTAGE FROM NYC FROM THE STUDIO | サマルカンド・ブルー安井かずみ・加藤和彦・立川直樹 対談 | テレビ・ラジオ | テレビ番組 | ニッポン放送のってけラジオ | ニッポン放送アナウンサー | ビートルズが教えてくれた 拓郎×岡本おさみ対談 | ビート・ピッキング革命 | フォーク・ルネサンス | フォーク村 | ボブ・ディラン | ミニ情報 | ムッシュかまやつ_ | ユーミン | ライヴ情報 | ラジオでナイトブログ | ラジオ番組 | 中島みゆき | 中川五郎 | 中沢厚子 | 久保利英明(弁護士) | 今日までそして明日から | 僕らの音楽 | 原由子 | 吉田拓郎 | 吉田拓郎 今、更なる戦線布告・平凡パンチ1980.4.28 | 吉田拓郎「女ともだち」浅川マキ | 吉田拓郎と愛の歌 ('82オールナイト・ニッポン 最終回より)  | 吉田拓郎ドラマ曲 | 吉田拓郎ラジオ | 吉田拓郎ラジオでナイト | 吉田拓郎詩集BANKARA | 地球音楽ライブラリー | 坂崎幸之助 | 大いなる人・拓郎×岡本おさみ対談 | 安井かずみ | 富澤一誠の「俺が言う 」 | 岡本おさみ | 岩崎宏美 | 広島フオーク村 | 拓ちゃんCM | 拓ちゃん小ネタ | 拓郎出演テレビ番組 | 拓郎展 | 拓郎新譜 | 拓郎関連ブログ | 斉藤哲夫 / されど私の人生 | 新聞 | 新聞記事・拓郎 | 旅に唄あり 岡本おさみ / 襟裳岬 | 旅に唄あり 岡本おさみ_ | 旅の重さ | 日常 | 映画「恋妻家宮本」 | 映画「結婚しようよ」 | 普賢岳災害救済 スーパーバンド | 松任谷正隆 | 松本隆「外白」を語る | 桑田佳祐 | 森下愛子 | 残間里江子・加藤和彦 Interview | 泉谷しげる | 燃える38時間 Takuro Yoshida Island Concert in Shinojima | 玉城ちはる | 田家秀樹 | 田家秀樹ブログ・新・猫の散歩 | 甲斐バンド | 矢島賢さん | 竹田企画 | 純情 -なぜか売れなかった ぼくの愛しい歌 - 阿久 悠 | 自分の事は棚に上げて | 菅田将暉 | 落陽 / 旅に唄あり 岡本おさみ | 襟裳岬 | 訃 報 | 記念日 | 過去ログ | 重松清 | 阿久悠 | 雑誌 | 音楽 | 音楽番組 | 黄金の60年代、「キャンティ」とその時代 川添象郎・ムッシュかまやつ・ミッキー・カーチス