カテゴリー「映画「恋妻家宮本」」の記事

2017/01/25

映画「恋妻家宮本」 遊川和彦監督に聞く

0125b

若い頃から映画監督を目指していて「35年かかってやっと願いがかなった」という売れっ子脚本家の遊川和彦(61)第1回監督作「恋妻家宮本(こいさいかみやもと)」(東宝配給)が28日から、TOHOシネマズ梅田・同なんばで公開される。「俺しか撮れない映画」という思いを遊川監督に聞いた。

遊川監督は広島大学卒業後上京。役者志望で無名塾の試験を受けたことがあるが、一時映画学校に通いながらテレビ製作会社に入りディレクターに。その流れの中で脚本家になった。「本当にやりたかったのは映画監督だったが、その後脚本家のレールを突っ走り、気がついたら60代に。今回、35年かかってやっとその運に恵まれた」

 当初は重松清の原作「ファミレス」の映画化にあたって、脚本を依頼されたという。「面白い小説だったが、重松さんに俺流の脚色を了承していただいて書いているうちに、これはほかの監督に渡して説明するのが難しいし、ひいては僕自身監督するのが一番いいと思った。でも自分からは言い出せない…」

 そこへプロデューサー氏から「どうせなら監督もしませんか」という声がかかった。「待ってました!」である。「50代の夫婦の話で、主演は阿部寛さんに決まっていた。その奥さん役にドラマで何度か一緒に仕事をした天海祐希さんにお願いしOKの返事をもらって、それで映画が成立すると思った」
これまで「家政婦のミタ」「女王の教室」など高視聴率と同時に話題のドラマが多く、業界に名をなしたが、そのうち「現場に声を出す脚本家」としてうるさがられたこともある。「僕は普通のことを言っているだけだと思っていたが、根が演出家志望だけに、垣根を超えていたのかもしれない。本音は自分の書いたドラマはそれなりの責任を持たなくてはいけないという思いだった」と振り返る。

0125a

「恋妻家-」は一人息子が自立し家を出たことで、夫婦が2人だけの生活に戻り、妻が離婚届にはんこを押して持っていたことが引き金になって家庭騒動に発展する。「2人がどうやって相手を理解し、元に戻ることができるか。妻は永遠の謎だと思ってはいるが、夫はそれをどう分かろうとするかが大事。妻も同じでただ正しいことよりも、優しいことを選んでほしい。それが言いたかった」

 「恋妻家」とは遊川監督の造語で「スタッフと話していて出て来た言葉。愛妻家にはなれなくても、恋妻家にはなれると思う。そんなテーマをタイトルに込めている」。若いころから好きだったという吉田拓郎の「今日までそして明日から」をフィーチャーした場面は映画の見どころになっている。「次回作は?」という問いに「さて…」と、笑みがこぼれた。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

かぜ耕士「どこかでラジオが」 | '09ツアー | 2006秋ツアー | 2007ツアー | 2009 TOUR | 2014LIVE | 4/10日曜日のそれ(ニッポン放送)■掲載中■ | ANN GOLD番宣 | Bob Dylan | FM COCOLO J-POP LEGEND FORUM | FM NACK5 | FM特番■デビュー20周年記念番組■ 元気です!」■全35回掲載中■ | HIKE OUT | IMPERIAL | J-POP MAGAZINE | K's Transmission | KinKi Kids | LIVE 2012 | LIVE 2014 | LIVE2012 | LIVE2016 | SONGS | SOUND MARKET '83 | T's-R | Takuro FOR YOU-2 | Takuro NEVER SHRINK BACK AND ALWAYS SURE MESSAGE FROM 小倉エージ_ | TAKURO YOSHIDA CONCERT TOUR 1989 | TAKURO YOSHIDA TOUR 1989 - 90 人間なんて | TY INFO | TY メッセージ | TY-ONLINE SHOP | TYIS | TYIS magazine | YOKOSO | おすすめサイト | お喋り道楽 | お知らせ | かぐや姫 | このブログの人気記事ランキング | この唄を君に贈ろう■連載中■ | ごめんね青春 | じゅんの恩返し・拓郎編 | すばる・吉田拓郎ロングインタビュー 2010・3 | たくろうパック | つぶやき | つま恋 | つま恋2006 | はっぴいえんど | ぼくの靴音/堂本剛  愛しています | みうらじゅん | アルバム サマルカンド・ブルー拓郎インタビュー | イルミネーション | オールナイトニッポン | オールナイトニッポンGOLD | ガガンボン日記・拓郎編 | コンサート | サマルカンド・ブルー REPORTAGE FROM NYC FROM THE STUDIO | サマルカンド・ブルー安井かずみ・加藤和彦・立川直樹 対談 | テレビ・ラジオ | テレビ番組 | ニッポン放送のってけラジオ | ニッポン放送アナウンサー | ビートルズが教えてくれた 拓郎×岡本おさみ対談 | ビート・ピッキング革命 | フォーク・ルネサンス | フォーク村 | ボブ・ディラン | ミニ情報 | ムッシュかまやつ_ | ユーミン | ライヴ情報 | ラジオでナイトブログ | ラジオ番組 | 中島みゆき | 中川五郎 | 中沢厚子 | 久保利英明(弁護士) | 今日までそして明日から | 僕らの音楽 | 原由子 | 吉田拓郎 | 吉田拓郎 今、更なる戦線布告・平凡パンチ1980.4.28 | 吉田拓郎「女ともだち」浅川マキ | 吉田拓郎と愛の歌 ('82オールナイト・ニッポン 最終回より)  | 吉田拓郎ドラマ曲 | 吉田拓郎ラジオ | 吉田拓郎ラジオでナイト | 吉田拓郎詩集BANKARA | 地球音楽ライブラリー | 坂崎幸之助 | 大いなる人・拓郎×岡本おさみ対談 | 安井かずみ | 富澤一誠の「俺が言う 」 | 岡本おさみ | 岩崎宏美 | 広島フオーク村 | 拓ちゃんCM | 拓ちゃん小ネタ | 拓郎出演テレビ番組 | 拓郎展 | 拓郎新譜 | 拓郎関連ブログ | 斉藤哲夫 / されど私の人生 | 新聞 | 新聞記事・拓郎 | 旅に唄あり 岡本おさみ / 襟裳岬 | 旅に唄あり 岡本おさみ_ | 旅の重さ | 日常 | 映画「恋妻家宮本」 | 映画「結婚しようよ」 | 普賢岳災害救済 スーパーバンド | 松任谷正隆 | 松本隆「外白」を語る | 桑田佳祐 | 森下愛子 | 残間里江子・加藤和彦 Interview | 泉谷しげる | 燃える38時間 Takuro Yoshida Island Concert in Shinojima | 玉城ちはる | 田家秀樹 | 田家秀樹ブログ・新・猫の散歩 | 甲斐バンド | 矢島賢さん | 竹田企画 | 純情 -なぜか売れなかった ぼくの愛しい歌 - 阿久 悠 | 自分の事は棚に上げて | 菅田将暉 | 落陽 / 旅に唄あり 岡本おさみ | 襟裳岬 | 訃 報 | 記念日 | 過去ログ | 重松清 | 阿久悠 | 雑誌 | 音楽 | 音楽番組 | 黄金の60年代、「キャンティ」とその時代 川添象郎・ムッシュかまやつ・ミッキー・カーチス