カテゴリー「旅に唄あり 岡本おさみ_」の記事

2005/01/23

窓から十和田湖を見ていた - 旅に唄あり 岡本おさみ -

 
       映画 八甲田山

Fullsizerender_49

窓から十和田湖を見ていた 
 
高倉健さんと初めて唄を作ったのは昨年だった。青山の小さな喫茶店で会い、話してると気持がよくて「はぐ れ旅」という唄を作った。思ったより売れなかった。そのあとまたすぐプロデューサーのA氏から話があったけ れど、延してもらった。延し延して数カ月経ってしまった。健さんは「君よ憤怒の河を渉れ」が終ると「八甲田山」という二年がかりの映画にはいって、十和田湖畔の宿に撮影隊といっしょにいるんだと、A氏は教えてくれ た。「一緒に行きましょう。同じ宿で唄を作りましょう」ぼくはA氏の若々しい情熱にいつも押されっぱなしで、 好きな人物だったし,十和田湖畔にでかけてみることにした。都市の中にしばらくいたので、雪景色の中にいれば、それだけでよかった。

Fullsizerender_48

十和田湖畔、和井内の「和井内ホテル401号室」隣りの402号室が健さん、403号は監督の森谷司朗氏。 A氏がそうしたのか、健さんの隣りの部屋で寝泊まりすることになった。 十和田湖畔で雪見して、夕方から流し唄のひとつでも書いてやろう。久しぶりの旅で心ははずんでいたけれど、 氏はちらっちらっと、ぼくを鎖でつないでいった。1月いっぱいに空オケぐらいは録りたい。最低五つは作っ て下さいよ。

十和田湖畔でのロケに、ホテルの息子さんが運転する車でA氏とでかけていった。風はなくて、粉雪がふあふあと舞っていた。ロケ隊は風を待っていた。湖から吹き渡る風で雪が小さな白いつぶてになって頬をうつ。そんな天候がふさわしいのだが、風は気まぐれでちっとも吹雪いてくれない。役者さんたちは雑談していたが、寒さで足ぶみしている者もいる。 こんな雪の中に一日中いたんじゃあ、たまんないだろうな。歩いてるんならまだしもじっと風待ちなんて、い ちばん寒い。 やっと1カット撮れて、健さんは小休止らしく撮影隊のロケ・バスにやってきた。 「大変ですね」 「この監督はねばるね」 「待ち続けですか」 rここにくるまえ、黒石でね、山腹から人家がみえるシーンがあって、そこを撮ることになった。台本じゃあその場所なんだね。ところが、電柱が1本はいる。カメラをちょっと横にふれば電柱ははいらない訳だけど、「あの 電柱を隠そう』だ。樹を切ってきて隠したけど、ねばるね」 「ふーん」 「岩木山から朝の光がさしこんでくる平野を行進してゆくシーンがあった。冬だから朝の光がさしてくっきり岩木山がみえるってことはごく珍しいらしい。地元の人がそう言ってたけど、三日ねばってとうとう撮れた」 「頑張りますね」 「とにかくねばるよ。こちらもやる気が湧いてくるね」 バスにいる健さんに連絡があった。夜に雪壕のシーンを撮るという連絡だった。 「夜の雪壕か」 「これは寒そうですね」
「雪壕か」 宿の窓から雪壕を作っている人たちが見える。兵隊役で頑張ってる地元青年団の男たちが作業をしている。 優方六時ごろになって、雪壕ができ、健さんも雪の中で待機している。 すっかりなじみになった、宿の娘さんが食事をもってきてくれて、ぼくは胃をふくらませることにした。 「健さん、夕御飯を食べてないんですよ。どうしてでしょうねぇ」 「そうですか、今日も食べてないんですか」 「食べると眠くなるんでしょうか」 「いや、この寒さですからね。本当は食べたいんでしょうね」 「変ですね」 娘さんは気づいていなかったかも知れないけれど、健さんは誰にも言わず、夕食をおくらせたにちがいなかっ た。雪壕のシーンでは「眠ったら死ぬぞ」という台詞がある程、兵隊は寒さに耐えてるはずだ。それが健康な表情が少しでも、のぞいたらおかしい。それには軀ごと飢えさせて撮影するのが役者の務めだと思って、食事をぬいてるにちがいない。 雪壕シーンは三カット撮るのに十一時半ごろまでかかったらしい。監督もまた人の肉体が寒さにこわばるのを待っていたのにちがいなかった。なるほどねばってる。 気楽に湖畔でも歩こうと思っていたぼくは、何かそういう気になっていた自分がいやになってきて、それから外にでるのをやめてしまった。朝から1日中部屋にとじこもって、こちらもやるだけやってみよう。 十和田湖は、片づくまでこのホテルの窓から見ていよう。

健さんと、撮影休止の日、宿の食堂でコーヒーを飲んでいると、さわという地元の娘で兵隊の案内役をする、 秋吉久美子さんが着いたと連絡があり、秋吉さんが初対面の健さんに挨拶に来た。親切で、ざっくばらんな健さんはこの雪の撮影に初めて加わる秋吉さんに、ぽつりぽつりと「寒いからそういう寒さをしのぐ準備してた方がいい」というようなことをくつろぎながら話している。 ぼくの方は徹夜を続けて、くたびれてるから、ほとんど黙ってる。だけども秋吉さんがうたを歌ったという噂はきいていたから、 「秋吉さん、うたをうたってるそうですね」 「うたってる、っていうんじゃなくてLP作ったの」 「そうですか」 「面白かったわ。勝手なことやらせてもらって。A面は『星の流れに』とか『しゃぼん玉』とかを入れたの」 「ああ、そうか。そういう内容なんですね」 「B面は私の詩に曲をつけてくれて、バックは、安全バンドって知ってますか」 「うん。すごくいいね」 「ゆったりとして、バックがいいって噂もあるけど」と彼女は笑った。はっきりしていて、気持がいい。 「1枚目ってのがいちばんいい時なのかな。ぼくも初めはうれしかったな。一年ぐらいたつと、だんだん、無邪気になれなくなってくるな」 「無邪気じゃいけませんか」 「すまなくなってくるのかな」 「そうかなあ」 と彼女はさっぱりして、やや勝気なので、こちらが徹夜でくたびれてなけりゃあ気があうところだ。 「子供がいると、子供のために、って、ぼくぐらいの歳になると、はげみになるんだろうねえ」と健さん。 なぜか、そんな話に発展してきた。 「私はいやだわ。子供にとってみれば負担になるわ」と秋吉さんは言う。
「小学生とかね。そういう幼い子供がいたら、その子のこと考えるな。五歳とか六歳とかね」とぼく。 「それでも負担になるわ」 と秋吉さんは言う。親が子供に何かするのは子供にとっては負担であると彼女は言っていて、それは判るけれど、 幼い子でさえ、負担に思うだろうか。でもまあ、それはよいことにして、また雑談している。 この宿に来て健さんをそばから見ていると、健さんが子供好きなのがよくわかる。二歳になる男の子と五歳になる女の子が和井内さんの若夫婦にいて、健さんになついている。 撮影が終ると酒が好きな監督の森谷さんはロビーでキャストやスタッフと酒を飲んでたりする。酒も麻雀も碁もやらない健さんは、この正月から煙草もやめてしまい、帳場にくつろいで、和井内さんや二人の息子さんと話している。この宿がすっかり気に入ってしまってるらしい。いろんな宿に泊まったけれど、ぼくもこの宿がむしょうに良くて、家族の人と気らくに話している。 「この宿はほんとに家族的でいいな、こういうのがいちばん好きだ」と健さん。撮影隊の人たちもこの宿にはぞっこん惚れこんでる様子だ。働きもので、ほんとうに気持のいい宿なんだ。健さんは頭にタオルをくるりと巻いて、おいしそうにコーヒーを飲みながら家族の人と話している。

  以下略

|

2005/01/03

風街ろまん(岡本おさみ×松本隆) -旅に唄あり- 岡本おさみ

風街ろまん(岡本おさみ×松本隆) -旅に唄あり- 岡本おさみ

Fullsizerender_49_2

ある珈琲店の外の見える窓ぎわの席にふたりの男が座っている。 「こういう風に外の見えるところが好きなんですよ。これも一種の胎内願望なんだろうねJ 少し年配の男が言うと, 「ぼくの書く歌詞でもそうなんです。ガラス越しに見えた街景とか、列車の窓から見た田舎とか、風景と自分の 間に何か境界線を引いていないと安心できないような気がするんです」と若い方がこたえた。 二人が会って話したら、このような会話になるのではないかと想像するのだが、年配の方は、詩人の渡辺武信 氏であり、若い方が松本隆。元はっぴいえんどのドラマーで、うたのことばを書いている男だ。 松本隆に限らず、ぼくらは喫茶店にはいると、なぜか窓ぎわの席に座り、そのわずかに切り取られた空間から、 ガラス越しに行きかう人を見る習慣が身についているのに気づく。ガラス越しに見る風景は、行きかう人のなに げない歩行としぐさであったり、向かいのビルに働くサラリーマンであったり、女の子のきれいにのびた脚であったり、さまざまだが、その繰り返し動くものにわずかにやすらぎを覚えるとはいえ、それらはもう見慣れた、ありふれた風景であり、色彩も匂いも動きさえ静止し、死んだ風景としかうつらないことがほとんどだ。
松本隆は東京生まれである。
「アスファルトがめくれて土が見えると、そこにぼくの幼年時代が見えてくる」と彼は言う。
山陰の田舎で十八歳まで育ったぼくと、松本隆。都市と田舎の違い幼年時代をすごした二人が話したことがある。

岡本 ある新聞に「風街ろまん」について書いたんだけれど、都会でのみ育った人の幼年時代ってのが田舎育ちのぼくには見えないわけです。田舎っていうと、いやな習慣とかがあるから、もっと素朴に、たとえば自然、と言ってみますけど、幼年時代を田舎ですごし街に出た人はある時期、自然に向かって逃げる。都会で過ごした人 は、あるなつかしさにひたる、と大きく分けてみたんだけれども、ぼくの場合、自然とかいうものは、十八歳まであるから、かなり強烈な体験としてあるわけですね。そしてその田舎は、風景としてではなくて、暮しとして あるんです。はっぴぃえんどのレコードを聴いて思ったのは、田舎をとらえてゆく場合、旅行者のあるいは風景 としてとらえている。ぼくが田舎に帰るというのは、暮すということであるわけですね。田舎で暮せるという安 心感があるんです。だから、もし風景としてとらえても松本くんのような静止した風景にはならないんじゃない かとも思ったんです。はっぴぃえんどの場合は、田舎を見てゆくという感じに近いと思えるんですね。

松本 ぼくの場合、田舎に関しては、そこでは絶対に暮せない、はいってゆけない、はいってゆけないってのは、 田舎の方がぼくらを拒否しているし、ぼくらも田舎を拒否してるところでいくつか詞を書いてます。

岡本 たとえば。

松本「夏なんです」とか、ですね。そしてぼくの場合、実は岡本さんの幼年期の体験に近いものもあって、というのはうちのおやじとおふくろに田舎があるんです。おふくろの田舎ってのは群馬県の小さな温泉町なんです。 で、夏になると、そんなところでひと夏を過ごしてたんです。だから夏の記憶ってのは、どういうわけか、山の 中で、春、秋、冬の記憶ってのは東京なんですね。「夏なんです」のなかにあるんだけれど、今、そこに行ったとしても、やっぱりだめなんですよね。拒否されてるような気がしてね。そこもすでに東京化して来てしまったし、歓楽街のようなのが、ひどく俗悪になって来たし、その当時は遊び場で、旅館の中に勝手にはいって行って、客の来てない部屋にはいったりも出来たんです。お風呂も好きな時に好きな風呂にはいりに行ったりしてね。当時の遊び友達ってのが十人近くいるんですが、今はその人たちも、そこには全然いなくなってしまったんです。そこはもう歓楽温泉町になってしまってるから、そのへんが田舎に対して、こちらが拒否したり、あちらも拒否し てるように思えるんです。

岡本 ぼくが「夏なんです」を聴いて感じたのは、ぼくの田舎から、さらに三十分余り行ったところにある、島根県安来市に今もあるお寺を思い出したんです。松並木がずっと続いてるところに、静かなお寺があって、真夏に行ったときに人はだれもいなくて、蝉 の鳴き声だけがあって、ジリジリと暑いんだけれども、妙に静かすぎてね。しかしそのそばに川があるとすれば、ぼくの場合、その川で遊んでしまうし、動いているものを書くだろうと思うんです。松本くんの場合、そこに立ってる、 見てるという詞だから、ぼくとはっきりちがうんだなと思ったのです。

松本 「風街ろまん」というLPは全体がトータルなイメージとして、時の螺旋階段を駆けのぼりながら、幼年時代の記憶ってのを、振りかえるんじゃなくて、先に進んで行ったらそこに戾ってしまったというところで創ってしまったんです。「風を集めて」ってのは都市の中での夏であり、「夏なんです」ってのは田舎の中での夏なんですね。だから田舎の白い畦道で、奴らがビー玉はじいてる、の奴らってのは、おそらく自分自身で、幼年時代は自分自身が田舎にはいりこめていて、許容されていたのに、それを見ているのは現在旅行者としての自分でしかない。だいたいそんなような意識で書いたんですけれどもね。もうひとつは「静止した風景」ってのは、岡本さんが·はっぴぃえんどのソング ブックに書かれた、その通りですが、三面あるんですね。三面ってのは、三 面とも場所が違って、状態も違ってるんだけれども、ぼくが描きたかったのは、三枚の絵で、美術館の中で絵の 前をとおりすぎてゆくように、とおりすぎながら、それをストップ モーションでとらえてゆくというやり方で すね。「日傘くるくる/ぼくはたいくつ」っていうのはとおりすぎる。自分がまわってるような感じですね。さつきの松の並木の寺のシーンとしてるような静止した状態ですね。自分はやはり心は乱れてると思うんですけれどね。

岡本 松本くん自身の位置はすると……。

松本 動きますね。

岡本 ぼくの中に巣食ってる日々の暮しの慰安ってのは、その動くってことにつきまとうものなんですけどもね。 ぼくの場合田舎への興味は、働いてる人ですね。長谷川きよしと知り合ってから、ぼくの中に変化が起きたと思うんだけれど、見えない人を前にして、ことばを彼のために書くという立場にいると、何を書いていいのか、はじめわからないんですね。そのわからないという状態がもう数年続いているんだけれども、結局風景ではなく、 比喻ではなく、ってことですね。日常会話は別として改まって書くとなると、やはり風景ではなく、ですよね。 だから彼との話の中ではごく自然に話しながら、気を配らず話しながら、会話として、風景ではなく……になりきれない。ぼくはずいぶんらくに彼と作業にはいれるんだけれど、まだまだですね。しかしそのことは、ぼくの 中でいろんな分裂をたえず起こしていて、未だにうたことばから一切風景を取り切れればと、こだわってます。 その点で、見てる立場であっても、そこで働いてる暮してる人のほうから生のことばを吐きださせるというやり 方ですね。しかし、それがどこまで長谷川くんの中で存在感を持っているのか、という確認には、遠いわけです ね。今度「森が燃えている」という新曲を彼と創るんだけれども、それはまあ、思い切って風景であるわけです。 抽象化されたね。しかし風景を書いても風景ではなくと考えてるわけで、そこで松本くんとぼくは正反対のこと を考えてるんでしょうね。しかし比喩ではなくってのはとてもつらくて、削ってゆくとなにもなくなるんです。 彼がたとえば少し楽しくなれた状態の時に、すばやく「たのしいのも/まんざらすてたもんじゃない」ってリフを持つことばを書くとかね。だから彼のことばへの可能性は「直情的」であること、それだと思っていますね。 つまり人間の吐きだす、直情的な吐きことばに彼への可能性をみつけようと、ぼくは思ってるんですけど、まだ はたせていません。直情的なことばってのは、一方ではすぐ前に限界があるようにも思えるし、大きい可能性が あるようでもあるし、だからぼくはもっと親身になって、彼のうたことばをさぐらなけりゃぁいけないんですけどもね。

松本 まるっきり反対ですね。ぼくは吐き捨てをどんどん切り捨ててきたし、音ってのは自分の内側にあって、そういうものを絵にしたかった。歌ってのは歌手がいて観客がいて、伝える人がいて、聴く人がいる。それが歌 のいちばんの可能性であるわけだけれども、そういうことをちょっと書いてみようかな、という気が1枚目の 「はっぴいえんど」を創ったあとでしました。で誰かから誰かに伝える、というんじゃなくて、誰かと誰かをそ 「そのままくるんじゃうような、人間と人間のまわりを風景がとりまいているような、その中に人間関係がすっぽりはまりこんでいる。ぼくに限っていえば、そういう表現の方が、人間関係のみをとり出すよりも、もっと遠いと ころまで行けるんじゃないか、ただそれだけなんですけれどもね。そしてもうひとつは、ロック・ビートっていうのにのせて、直情的にゆくと 、まるっきりあるがままになってしまう。意味だけってことにね。行間が欲しいわけです。そのへんを音をからませながら、出してみたかったし、「風街ろまん」ってレコードはそれは創れたと思うんです。レコード1枚以上の付録が結果的には創り得たんじゃないか、と思うんです。

岡本 1枚目の「ゆでめん」はその直情の部分と半々でしょう。

松本 ええ、半々ですね。迷ってるっていうかね。

岡本「春よ来い」「いらいら」なんかが、そうですね。作品としては「かくれんぼ」がいちばんよかったと思う んですが。

松本  ぼくもそう思ってます。

岡本 「かくれんぼ」のような感じの延長でLPが1枚できたら、いいでしょうね。

松本 「かくれんぼ」は馬子唄みたいだっていわれました(笑)

岡本  へえ、誰から(笑)。

松本 あの当時、ちょうど結婚する前で、かなり入り乱れていて、迷うことが多くて、あの詞を創ったんですけれど。

岡本 ええ、あれは正直に感じが出ている詞ですよね。ぽつんとほおりこまれた「嘘が一片」なんて生の語彙な どにね。

松本 結局「嘘が一片」といっても仕方がないんですよね。

岡本  あの一言に何かドキッとするものを感じましたけども。

松本  あのなかで書けたのは「雪景色は外なのです。なかでふたりは隠れん坊」のところです。自我がふたつあって、その間の緊張関係なり、ゆるしあうみたいなところがあって、ゆるしあうことしかないんじゃないか、ゆるしあえるには共通した風景の中にいることがいちばんゆるしあえる。もうひとつは自我を抱擁 するもっと大きな力の存在があって、それが存在しないと、むきだしの自我と自我とが喧嘩になるしかないんで す。

岡本 松本くんの男と女、夫婦っていうのはとても緊張してるんですね。ぼくの場合、ぼくらの場合といってもいいけれど、九年くらいつき合って、会ってたのは三ヵ月ほどってことなんです。結婚までにね(笑)。それも相手は山陰にいて、ぼくは東京という距離の中にいたから、ある共通した風景、ひとつの陽溜りとか、ひとつの場 所とかに巫りながら育ったものじゃない。向こうは向こうで僻地の先生をやり、僕の生活とちがったところで何かを広げてたし、ぼくはぼくなりであったし。だから確認とかってのはいつでもある距離があったそれはい いことじゃない かと思う。愛するから会わない方がいいようにね。少し暮らしたり少しつきあえばお互いに何もかも見えてしまうからね。愛ってのは確認しあい始めると、こわれ始めてる。だからそういういやなものが見え始めると、お互いにいちど落としてくるし、落とすにはいろいろあるだろうけれど、ぼくらは少し離れてみる、かな。男でもそうじゃないかな、仕事でも,、いやになったらとにかく一度離れる。それでもくっついてるっての は、あきらめ、だな。離れるってことはいいことですよ。また戾れるために離れるってのかな。

松本 ぼくらやっぱり原体験がないんですね。体験がないんならとりあえず風景でもみつけてやろう。

岡本  言ってしまうと軽くなるけど。

松本  わりあい真剣に考えていて、幼年時代の記憶ってのはふとよみがえることがありますよね。ある場面だけがぽっとよみがえって、それがとても印象的である、というふうにね。そういうものは、のんべんだらりと生活 している中で一条の光のようで、それをつかまえたいな、と思うんです。で、よくわからないんですけど、目の 前に光が落ちるってのは頭で考えながら作ってるんじゃなくて、遠いところにあるものが見えるような気がする し、それが自分の心の中のいちばん深いところじゃないか、って気もするんです。そのへんを音とことばと結びつけながら作りたかった。

岡本  そのあと、そのみえてくるところは。

松本 今のところないんですよね。はっぴいえんどで共通していた、共鳴する部分ってのは「春よ来い」とかあのあたりはすごく共鳴できる部分だったんですけどもね。

岡本 ぼくはそのことについて、確か「ある貧しさゆえ」とかって書いたけど(笑)、貧しさゆえってのは、あるひとつの空間のなかに、みんながいられたってことなんでしょうけれども。

松本  グループってのはひとつの空間で、すごく強いものがあるから、破綻してゆくときには逆に作用して、すごい力で反撥しあうんです。なんでもないことでね。 岡本  そういう破綻ってのが起こるのは、思考より日常からだと思うんですよ。一日一日ってのは平凡なようで、やっぱり何もなくすぎてるわけじゃなくって、たとえばある人が結婚する、なんていうあたりまえのささいなことから何か変わってゆく。

松本  エピソードって奴に弱いですよね(笑)。噂で、あいつがなにをやったってきくと、もうそんなことする奴 とは(笑)。あいつが何をしたっていうと、その程度の奴なのかって言うね。

岡本 ぼくは考えるって緊張状態ってのは、ひじょうにもろいと思います。

松本 持続しなきゃぁならんかな、とも思うんです。一瞬光が落ちてあとは闇でも、また光が落ちるのを待っていればね。落ちるまでじっと見つめてる。夕暮れの風景などじっと見続けていて、ほんの一瞬ですよね、きれいだなって思うのは。そういうことってのはひとつの快楽だと思うんですよね。待ってるのも快楽だし、その瞬間を楽しむのも快楽だし、その残像も快楽だと思うんですよね。そういうことを最近感じてるんですけれども。

岡本 松本くんの場合、音化するところまでつきあいたいから、すると音を出してくれるグループも作らなきゃ いかんし、また作ってしまうと、そこで崩壊してしまうってこともあるだろうし、キツイな。またLP一枚でそこも終わるんじゃないかな(笑)。

松本 しんどいけれど,、一度しかない人生だから、お金もうけただけじゃ済まない部分があるから仕方ない.

岡本 松本くんの場合、愛なら愛のとらえ方にしても、精神的ですよね。

松本 ぼくは男女の愛ってのは、キリストの愛と同じだと思うんです。ぼくはキリスト教徒ではないけれど、イエスというか、あの人が好きなんですね。

岡本  困ったな。ぼくは宗教的なのはぜんぜんだめなんです。

松本 自我じゃなくって、自我をつつむようなものが欲しいんです。宗教だったらいちばん幸せになれるんだろうけれども、宗教じゃあないんですよね。つつみこんでくれるからといって自我は捨てられないわけですよ。

岡本 祈り、なのかな。

松本 いろんな宗派があって、その時代時代で変わって来てるんだけども、屈折してるし、道徳や儀式や偶像と結びついた感じもあって、そんなところはやはり耐えられないけど、あの時代に生きた、神と人間がちょうど交錯したしたようなところに立っていた人間ってのは、やっぱりあの人だったと思うんです。だから愛情があるんですね、その人は。愛情がある宗教ってのはそのへんで共感するし、そういうものと男女の愛ってのは実は同じ次元にあるんじゃないかなと。

岡本 うーん。ぼくはきっと松本くんに比べ生臭いんだろうね(笑)

松本 だからどんどん生臭さを切っちゃう。きれいなものが好きなんです。イルミネーションというか。だから最近ソウルをきいてるんですけどもね。今のソウルってのは一昔前とは別に、まったくきれいになってるでしょう。ぼくは、1967~68年、リズム&ブルースですごして、そのつぎカントリーをやって、ウェストコーストのロックとかをとおってきたんですけど、掘り下げていけばカントリーとかブルーグラスとかに行っちゃうわけですね。それは耐えられないところがあって、やっぱりおかしいんですよね。今ここでブルーグラスをやるとね。

岡本  ええ、それは松本くんの中にある、田舎へ対する拒否反応と似てる、体質的なものじゃないかと思う。

松本 憧れとして田舎をみつめるってのは、わかるんですけどね。疑問があったわけですよ。入りこめなかったし、そういう反動ってのは、逆にいちばん都会的ですしね。ピカピカきれいに磨かれたようなジェラルミンとか、 そのへんにね。やっぱり都市に執着してるのかな、岡本さんが山陰に執着するように。

岡本  山陰って湿気の多い街なんですよね。山陰だからね。夏はいやなんですよ。しかしそれ以外は好きだから、いやな夏だけは北海道がいい(笑)。

松本  ぜいたくなんですね(笑)。

岡本  だから今いる千葉と山陰と北海道ってふうに考えてみると、東京ってものはぼくの中からいつのまにか、すっぽり抜けてしまった。東京っていちど外に出てから見ると耐えられなくなる。

松本  耐えられないんですけどね。離れられないわけです。

岡本  それは離れたとき、他に帰るところがないからなんでしょうね。いろんな女に惚れたあとで、みんな終わ ったあとで、帰ってゆくのは本妻だった、というふうにさ(笑)。

松本 本妻はないんです(笑)。

岡本  そこなんでしょうね。田舎の本妻があるかないかって奴でね。

松本  やっぱり自分の生まれた場所がないってのは、これほど不安なことはなくって、ぼくの場合道路になって るんですよね。そして今は如月音楽事務所ができている(笑)

岡本  そりゃ奇縁だ(笑)。

松本  マンションですからね。ひじょうにいやですね。いったりすると(笑)

岡本  畳に対してはどうですが、体質的に。

松本 違和感はないんですけどもね。うまいつくりだな(笑) と思ったり、狭い場所をいちばんうまく使えるな、って。昔の人は頭がいい(笑)。椅子がいらなくて、座ぶとんがあればよくって、座ぶとんはかさねればいい。 ふとんも押入れからひっぱり出して敷く。片づければなにもなくなる。

岡本 ぼくの場合、あそこに洋間のある家ができたっていうと、珍しくてね(笑)。新築の家ができるたびに、洋間のある家がまわりでふえてゆくのを物珍しげに見て来た記憶がある。ぼくは畳に座ると落ち着くけれど。

松本  ぼくは腰がいたくなります(笑)。

 

「襟裳岬」にはどこか田舎の匂いがする"という人がいた。そうかも知れない。松本隆との対談を読みかえしてみるとうなづけるのである。

 

街のはずれの背のびした路地を

散歩してたら

汚点だらけの靄ごしに

起きぬけの露面電車が

海を渡るのが見えたんです

それでぼくも

風をあつめて風をあつめて

蒼空を翔けたいんです

蒼空を

(「風をあつめて」詞·松本隆)

 

松本隆から年賀状がきた。 横浜に引っ越したとあり、,短い文が添えてあった。

「これでやっと東京への旅行者になれました」

  終

|

その他のカテゴリー

かぜ耕士「どこかでラジオが」 | '09ツアー | 2006秋ツアー | 2007ツアー | 2009 TOUR | 2014LIVE | 4/10日曜日のそれ(ニッポン放送)■掲載中■ | ANN GOLD番宣 | Bob Dylan | FM COCOLO J-POP LEGEND FORUM | FM NACK5 | FM特番■デビュー20周年記念番組■ 元気です!」■全35回掲載中■ | HIKE OUT | IMPERIAL | J-POP MAGAZINE | K's Transmission | KinKi Kids | KinKi Kidsの恩人、吉田拓郎 堂本光一(日経エンタテインメント!) | LIVE 2012 | LIVE 2014 | LIVE2012 | LIVE2016 | LOVE LOVEあいしてる | SATETO・日清パワーステーション | SONGS | SOUND MARKET '83 | T's-R | Takuro FOR YOU-2 | Takuro NEVER SHRINK BACK AND ALWAYS SURE MESSAGE FROM 小倉エージ_ | TAKURO YOSHIDA CONCERT TOUR 1989 | TAKURO YOSHIDA TOUR 1989 - 90 人間なんて | TOUR 1978 ~大いなる人~ | TY INFO | TY メッセージ | TY-ONLINE SHOP | TYIS | TYIS magazine | YOKOSO | おすすめサイト | お喋り道楽 | お知らせ | かぐや姫 | かれが殺した驢馬 | このブログの人気記事ランキング | この唄を君に贈ろう■連載中■ | ごめんね青春 | じゅんの恩返し・拓郎編 | すばる・吉田拓郎ロングインタビュー 2010・3 | たくろうのともだち / よしだ・たくろうの世界 | たくろうパック | つぶやき | つま恋 | つま恋2006 | はっぴいえんど | ぼくの靴音/堂本剛  愛しています | みうらじゅん | よしだたくろうLIVE '73 | よしだたくろう・まんが履歴書=黒鉄ヒロシ | アルバム サマルカンド・ブルー拓郎インタビュー | イルミネーション | オールナイトニッポン | オールナイトニッポンGOLD | ガガンボン日記・拓郎編 | コンサート | サマルカンド・ブルー REPORTAGE FROM NYC FROM THE STUDIO | サマルカンド・ブルー安井かずみ・加藤和彦・立川直樹 対談 | ジュリー×たくろう対談・ぼくたちすっかり酔っちまってね・ | テレビ・ラジオ | テレビ番組 | ニッポン放送のってけラジオ | ニッポン放送アナウンサー | ビートルズが教えてくれた 拓郎×岡本おさみ対談 | ビート・ピッキング革命 | フォーク・ルネサンス | フォーク村 | ボブ・ディラン | ミニ情報 | ムッシュかまやつ_ | ヤングフォーク | ユーミン | ライヴ情報 | ラジオでナイトブログ | ラジオ番組 | 中島みゆき | 中川五郎 | 中沢厚子 | 久保利英明(弁護士) | 今日までそして明日から | 僕の旅は小さな叫び | 僕らの音楽 | 加藤和彦 | 原由子 | 吉田拓郎 | 吉田拓郎 今、更なる戦線布告・平凡パンチ1980.4.28 | 吉田拓郎×久保利英明弁護士(For Life1976創刊春号) | 吉田拓郎「女ともだち」浅川マキ | 吉田拓郎と愛の歌 ('82オールナイト・ニッポン 最終回より)  | 吉田拓郎のオールナイトニッポン | 吉田拓郎ドラマ曲 | 吉田拓郎ラジオ | 吉田拓郎ラジオでナイト | 吉田拓郎新居でご満悦 | 吉田拓郎詩集BANKARA | 地球音楽ライブラリー | 坂崎幸之助 | 大いなる人・拓郎×岡本おさみ対談 | 安井かずみ | 富澤一誠の「俺が言う 」 | 岡本おさみ | 岩崎宏美 | 広島フオーク村 | 所ジョージ・吉田拓郎 | 拓ちゃんCM | 拓ちゃん小ネタ | 拓郎出演テレビ番組 | 拓郎展 | 拓郎新譜 | 拓郎関連ブログ | 斉藤哲夫 / されど私の人生 | 新六文銭 | 新聞 | 新聞記事・拓郎 | 旅に唄あり 岡本おさみ / 襟裳岬 | 旅に唄あり 岡本おさみ_ | 旅の重さ | 日常 | 映画「恋妻家宮本」 | 映画「結婚しようよ」 | 映画・甘い暴力 | 普賢岳災害救済 スーパーバンド | 松任谷正隆 | 松本隆「外白」を語る | 桑田佳祐 | 森下愛子 | 残間里江子・加藤和彦 Interview | 泉谷しげる | 満島ひかり | 燃える38時間 Takuro Yoshida Island Concert in Shinojima | 玉城ちはる | 田家秀樹 | 田家秀樹ブログ・新・猫の散歩 | 甲斐バンド | 矢島賢さん | 竹田企画 | 純情 -なぜか売れなかった ぼくの愛しい歌 - 阿久 悠 | 自分の事は棚に上げて | 菅田将暉 | 落陽 / 旅に唄あり 岡本おさみ | 襟裳岬 | 訃 報 | 記念日 | 過去ログ | 重松清 | 阿久悠 | 雑誌 | 音楽 | 音楽番組 | 黄金の60年代、「キャンティ」とその時代 川添象郎・ムッシュかまやつ・ミッキー・カーチス