カテゴリー「中沢厚子」の記事

2016/11/08

男の子・女の娘(灰色の世界II) 中沢厚子

Lpok

富澤 ここにですね拓郎さんの「青春の詩」とい

うファーストアルバムが あるんですが、この中

の「男の子女の娘」という曲で拓郎さんとデュエ

ットしてるんですが、中沢さんの声が世の中に

初めて出たのがこの曲。

中沢 そうですね、はい。

富澤 で、ですね、なぜまた吉田拓郎さんの、

要するに当時のLPですよね、LPの中でデュ

エットするようになったんですか。

中沢 ね~、うふふふ。えーとですね、まず

拓郎さんのプロデューサー、浅沼さんですけど

私が中学の時にね、姉がギター教室に通って

たんですよ。それが浅沼さんのギター教室だ

ったんです。

富澤 浅沼さんのクラシックギターね、すごい

人ですからね。

中沢 ええ。それで私がちょこちょこその教室

について行ってたんです。 でまあ初めて浅

沼さんと出会ったっていうのがそれがきっかけ

なんですけど。それで、まぁ私がギターを弾く

ようになって。そのうちボロボロというかメロデ

ィーが出てくるようになって曲を作るようにな

って、それである時突然、呼び出されたんで

す。「拓郎のレコーディングをするから来てく

れ」と。それでソニーのスタジオだったんです

けど、そこに行って、もう今と違うんですけど

「せーの」で全部いっしょに録るんですよ。

バンドも、あの時マックスっていうバンドだっ

たんですけど。で、拓郎さんがその場でギタ

ーを弾きなが ら曲を教えてくれて。それでホ

ント3、4回唄って、もう「ホンチャン」でっ

ていう事で録ったのがこの「男の子女の娘」

っていう曲なんですね。

Kagdo00

富澤 なるほどね。これ70年の11月かな、出て

ると思うんですこのアルバムね。という事はも

ともとは浅沼さんは拓郎さんのプロデューサー

でもあってモチロンね、エレックレコードの専務

でもあったですよね。ですからその前にギター

の先生って事で知ってたっていう事ね。

中沢 そうなんです、はい。

富澤  偶然ですねそれまた。

中沢  でも私の中では拓郎さんていう人は知

っていたんです。モチロン 「イメージの詩」を

初めて聴いて。で、その人といっしょに唄うって

事になってもう本当に信じられなかったですね。

うーん、自分でもびっくりで。ええ、まだ高校生

だったんですけどね。

富澤 でもあれよく声出てますよ、かなりね。

中沢 ええー。うふふふ、いやいやもう緊張し

て唄ってますね。精一杯。あの時、あれで、

うっふふふ。

富澤 あとね、昔のプロフィールを調べてみ

ますと、中学2年の時にギターを習い始めた

というね。そのあとフォークソングに熱中し

て、森山良子さんのすごいファンだったって

事ですか。

中沢 あー、やっぱりあの、ギターを持って、

えーと唄う女性シンガーっていうことで憧れ

でしたね、うふふふ。

富澤 で、高校1年になるとこれスチューデ

ントフェスティバル、これは入会したってい

う。入会したのかな。

中沢 それは、してないと思う、うん。ただね、

お客さんとして見に行ったってだけですね。

富澤 なるほどね。もともとね、だから良子

さんもステューデントフェスティバル系だか

ら。金子洋明さん所のステューデントフェス

ティバルよく出てましたからね。じゃ、見に

行って、ますますね、憧れて、あんな感

じでいきたいという感じですかね。

中沢 うーん、そうですね。

富澤 あと、当時のフォークコンテストって

いうのは出てたんですか、かなり。

中沢 うん、あのオリジナル曲を作って、

ええいろいろコンテストには出ていました、

はい。

富澤 コンテストはどんな感じだったんで

すか、結構評判は?

中沢 そうですね、わりとコンテスト荒らし

をしていたかな、なんてふふふ。

富澤 いい感じだったのね。

中沢 うーん、そうですね。それなりのお

声を頂いた記憶がありますね、 はい。

    ・  ・  略  ・   ・   ・

富澤 そして「男の子女の娘」サブタイト

ルが「灰色の世界Ⅱ」ってなってるんです

ね。なんで「灰色の世界Ⅱ」かって調べた

らこの青春中には「灰色の世界Ⅰ」っつうの

があるのね。歌詞がね一箇所だけ同じ 所

があるの。「孤独をいつしか売りものにして 

さびしがりやと勘違いして」ってね。

だからこの「灰色の世界ⅠとⅡ」が裏表に

なってるんだね、きっとね。そういう感じが

したけどね。

中沢 初めて知りました。(笑)

-FM NACK5 富澤一誠 weekend party -

P1

J2

|

その他のカテゴリー

かぜ耕士「どこかでラジオが」 | '09ツアー | 2006秋ツアー | 2007ツアー | 2009 TOUR | 2014LIVE | 4/10日曜日のそれ(ニッポン放送)■掲載中■ | ANN GOLD番宣 | Bob Dylan | FM COCOLO J-POP LEGEND FORUM | FM NACK5 | FM特番■デビュー20周年記念番組■ 元気です!」■全35回掲載中■ | HIKE OUT | IMPERIAL | J-POP MAGAZINE | K's Transmission | KinKi Kids | LIVE 2012 | LIVE 2014 | LIVE2012 | LIVE2016 | SONGS | SOUND MARKET '83 | T's-R | Takuro FOR YOU-2 | Takuro NEVER SHRINK BACK AND ALWAYS SURE MESSAGE FROM 小倉エージ_ | TAKURO YOSHIDA CONCERT TOUR 1989 | TAKURO YOSHIDA TOUR 1989 - 90 人間なんて | TY INFO | TY メッセージ | TY-ONLINE SHOP | TYIS | TYIS magazine | YOKOSO | おすすめサイト | お喋り道楽 | お知らせ | かぐや姫 | このブログの人気記事ランキング | この唄を君に贈ろう■連載中■ | ごめんね青春 | じゅんの恩返し・拓郎編 | すばる・吉田拓郎ロングインタビュー 2010・3 | たくろうパック | つぶやき | つま恋 | つま恋2006 | はっぴいえんど | ぼくの靴音/堂本剛  愛しています | みうらじゅん | アルバム サマルカンド・ブルー拓郎インタビュー | イルミネーション | オールナイトニッポン | オールナイトニッポンGOLD | ガガンボン日記・拓郎編 | コンサート | サマルカンド・ブルー REPORTAGE FROM NYC FROM THE STUDIO | サマルカンド・ブルー安井かずみ・加藤和彦・立川直樹 対談 | テレビ・ラジオ | テレビ番組 | ニッポン放送のってけラジオ | ニッポン放送アナウンサー | ビートルズが教えてくれた 拓郎×岡本おさみ対談 | ビート・ピッキング革命 | フォーク・ルネサンス | フォーク村 | ボブ・ディラン | ミニ情報 | ムッシュかまやつ_ | ユーミン | ライヴ情報 | ラジオでナイトブログ | ラジオ番組 | 中島みゆき | 中川五郎 | 中沢厚子 | 久保利英明(弁護士) | 今日までそして明日から | 僕らの音楽 | 原由子 | 吉田拓郎 | 吉田拓郎 今、更なる戦線布告・平凡パンチ1980.4.28 | 吉田拓郎「女ともだち」浅川マキ | 吉田拓郎と愛の歌 ('82オールナイト・ニッポン 最終回より)  | 吉田拓郎ドラマ曲 | 吉田拓郎ラジオ | 吉田拓郎ラジオでナイト | 吉田拓郎詩集BANKARA | 地球音楽ライブラリー | 坂崎幸之助 | 大いなる人・拓郎×岡本おさみ対談 | 安井かずみ | 富澤一誠の「俺が言う 」 | 岡本おさみ | 岩崎宏美 | 広島フオーク村 | 拓ちゃんCM | 拓ちゃん小ネタ | 拓郎出演テレビ番組 | 拓郎展 | 拓郎新譜 | 拓郎関連ブログ | 斉藤哲夫 / されど私の人生 | 新聞 | 新聞記事・拓郎 | 旅に唄あり 岡本おさみ / 襟裳岬 | 旅に唄あり 岡本おさみ_ | 旅の重さ | 日常 | 映画「恋妻家宮本」 | 映画「結婚しようよ」 | 普賢岳災害救済 スーパーバンド | 松任谷正隆 | 松本隆「外白」を語る | 桑田佳祐 | 森下愛子 | 残間里江子・加藤和彦 Interview | 泉谷しげる | 燃える38時間 Takuro Yoshida Island Concert in Shinojima | 玉城ちはる | 田家秀樹 | 田家秀樹ブログ・新・猫の散歩 | 甲斐バンド | 矢島賢さん | 竹田企画 | 純情 -なぜか売れなかった ぼくの愛しい歌 - 阿久 悠 | 自分の事は棚に上げて | 菅田将暉 | 落陽 / 旅に唄あり 岡本おさみ | 襟裳岬 | 訃 報 | 記念日 | 過去ログ | 重松清 | 阿久悠 | 雑誌 | 音楽 | 音楽番組 | 黄金の60年代、「キャンティ」とその時代 川添象郎・ムッシュかまやつ・ミッキー・カーチス