« 青空、ひとりきり / 吉田拓郎 | トップページ | 2017年06月18日 (日) 23:30~24:30 吉田拓郎ラジオでナイト  ぼくの歌 秘蔵音源聞かせますスペシャル »

2017/06/06

吉田拓郎、画期的トリビュートアルバム登場 原曲とは一変した世界の味わい / J-CASTトレンド

吉田拓郎、画期的トリビュートアルバム登場原曲とは一変した世界の味わい

タケ×モリの「誰も知らないJ-POP」

「吉田拓郎」という名前で連想する姿、イメージはどういうものだろう。

例えば、20代から30代だとテレビ番組「LOVE LOVE あいしてる」でKinKi Kidsと共演していたサングラスのお茶目なおじさんで、40代や50代だと、浜田省吾や長渕剛に影響を与えたスーパースターであり、それ以上だと若者文化の旗手で時代を変えたフォークのカリスマ、ということになるのだろう。いずれにせよ世代によってかなり違いがあることは間違いない。

世代によってイメージするものが違うにせよ、70年代以降の日本の音楽シーンで最も影響力があったのが吉田拓郎だということに異論を挟む人はいないのではないだろうか。

0606a

「自分はフォークじゃない」

彼が「イメージの詩」でデビューした1970年は、「演歌の星」藤圭子が爆発的に売れていた年だ。

60年代の後半に登場したフォークソングは、まだメジャーな音楽ではなかった。「長髪の生意気な学生がやっている理屈っぽいアングラな音楽」としか思われていなかった。アングラ、つまりアンダーグラウンドである。

そんな状況を変えたのが72年の拓郎の「結婚しようよ」だった。長髪の若者の結婚賛歌。LOVE&PEACEの歌でもある。それまで無縁だった歌謡曲のチャートでも上位にランクされ、フォークやロックがメジャーな「売れる」音楽になった。ギターを持って自分の言葉で自分の歌を歌う。シンガーソングライターという言葉が広がって行くきっかけにもなった。それでいて、彼は「音楽をちゃんと取り上げてくれない」とテレビの歌番組や芸能週刊誌を拒否し、それが「生意気」とバッシングされ、そのことが彼を新しい世代の旗手に祭り上げて行く。

吉田拓郎が開けた新しい扉はたくさんある。例えば、コンサートツアーもそうだ。それまではリサイタルとか鑑賞団体の公演が主体だった地方公演をツアーという形にした。音響や照明などのチームを組み、北から南まで日本列島を旅して行く。今は当たり前の形態を始めたのが彼だ。なぜ彼だったか。そんなにお客さんが集まる人がいなかったからだ。

野外イベントもその一つである。75年の静岡県掛川市の「つま恋」多目的広場で行われたオールナイトイベントには約6万人が集まった。史上初の大規模なオールナイトイベントだった。

それだけの影響力があったにも関わらず、だ。この20年くらいテレビで放送される「70年代フォークなつかしのリクエスト」のような番組で吉田拓郎の曲が上位に来ることは多くない。

ヒット曲がないわけではない。その逆である。曲のジャンルやスタイルがあまりに多岐に渡っている。例えば「結婚しようよ」や「旅の宿」など自分で歌ったものから森進一の「襟裳岬」やキャンデイーズの「やさしい悪魔」のようなジャンルを超えたヒット曲もある。あの人と言えばこの曲、と言った突出した曲を選べない。そして、吉田拓郎自身が、「自分はフォークじゃない」と公言し、そういう括りに収められていることを拒否しているからでもある。

彼が「フォークじゃない」というのは、頑なになっているとか、照れくさいというような次元ではない。当時から彼の音楽を聴いている人は知っているだろうが、学生時代に最初に組んだのは、ビートルズスタイルのバンドだ。渡辺プロにバンドメンバーと一緒にデモテープを持ち込んだこともある。その後のバンドは、岩国基地で米兵を相手にR&Bを演奏していた。彼は「ライバルはタイガースだったんだよ」と何度となく口にしている。

それらの試みが思うような結果を残せずに、半ば遊びのつもりで広島のフォーク団体を束ねて作ったのが広島フォーク村だった。そこで制作した自主アルバム「古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう」の中の「イメージの詩が、プロデビューのきっかけとなった。

つまり、たまたま「フォーク」だった。でも、彼の音楽には、ロックもリズム&ブルースもバンドのアンサンブルもある。いわゆるフォークソングではない。

「僕も96年に「LOVE LOVEあいしてる」を一緒にやるまでは、フォークの人なんだろうなという印象を持ってました」

音楽プロデユーサーの武部聰志は、そう言った。

奥田民生からchayまで顔ぶれ多彩

2017年6月7日、彼が企画制作した吉田拓郎トリビュートアルバム「今日までそして明日からも、吉田拓郎 tribute to TAKURO YOSHIDA」が出る。

それだけの存在でありながら、これまでトリビュートアルバムらしいものが殆どない。

なぜかという答えは簡単だ。

彼の存在感が強すぎるからだ。

客席を圧倒する歌の力強さやカリスマ性を超えられない。他の人が歌った時に違う味わいが出せない。吉田拓郎のツアーバンドのリーダーであり、松任谷由実のツアーの音楽監督を30年以上にわたってつとめているキーボーディストならではの解釈とアレンジで、「拓郎メロディー」の新しい魅力を引き出している。「LOVE LOVEあいしてる」の音楽監督も彼だった。

「華やかなものにしたかったんですね。拓郎フォロワーと言われる人たちが歌う男の歌、というアルバムは今までもあったと思うんですが、そうじゃないものにしたかった。鍵盤中心にするとオシャレなアレンジになる。メロディーの持つ繊細さとか、ロマンチックな情感。僕が拓郎さんのライブで演奏する時には、絶対にこういうアレンジではやらないだろうなというアプローチだから良かったんだと思います」

曲は、拓郎マニアでなくても誰もが知っている代表曲。歌っているのは、高校の後輩の奥田民生、90年代生まれのchay、Mrs.GREEN APPLE、弾き語りの竹原ピストル、両親が聞いていたという鬼束ちひろや一青窈らの個性派女性、同世代の井上陽水や高橋真梨子、カバーの大御所、徳永英明、自分で歌いたいと名乗り出た織田哲郎、公私ともに親交のあるTHE ALFEE、やはり広島の後輩のポルノグラフィティ...。

原曲とは世界を一変させてしまったような曲もある。女性が歌う事でメロディーが際だった曲もある。稀代のシンガーソングライター曲から「歌」を外した時に何が見えてくるのか。

メロディーメーカーとしての吉田拓郎。トリビュートアルバムの面白さというのは、こういうことを言うのだと思う。

タケ

|

« 青空、ひとりきり / 吉田拓郎 | トップページ | 2017年06月18日 (日) 23:30~24:30 吉田拓郎ラジオでナイト  ぼくの歌 秘蔵音源聞かせますスペシャル »

田家秀樹」カテゴリの記事