« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017/06/23

ラジオでナイトブログ更新・2017.6.23 大好評だった「秘蔵音源」スペシャル!

6月18日(日)に放送された
「ぼくの歌 秘蔵音源聞かせますスペシャル」いかがでしたか?。

拓郎さんが、自宅のライブラリーから発掘してきた秘蔵音源を紹介しましたが、
たくさんの反響が寄せられました。ありがとうございました。

このホームページでは、今回放送した作品の音源の一部を写真でお伝えしておきます。

下の写真は、テクニクスのCMソング「僕の旅は小さな叫び」が収められたレコード。
「テクニクス・ステレオをお買い上げいただきまして、まことにありがとうございます」
の文字が。

当時、購入者特典としてこのレコードを手に入れることができたようです。

そして、右上の写真はスバルレックス。
拓郎さんが「かわいいなー」と言っていたのは、この写真を見てのこと。

そして、一番下にはフジカラーの「HAVE A NICE DAY」。

06231

06232

06233

さて、第12回の放送でご紹介した曲は、こちらです。
M1 襟裳岬(ERIMOMISAKI)/歌唱者不明
◆「ぼくの歌 秘蔵音源聞かせますスペシャル」
M2 僕の旅は小さな叫び/吉田拓郎(このレコードでは漢字)
M3 HAVE A NICE DAY 気ままに写そう編/吉田拓郎(このレコードでも漢字)
M4 HAVE A NICE DAY 天然色写真編/吉田拓郎(このレコードでも漢字)
M5 僕らの旅/よしだたくろう(このレコードはひらがな)
M6 いまこのときめきを/沢田研二
M7 私は小鳥/山口百恵
M8 ウイスキークラッシュ/吉田拓郎
◆「マイフェイバリットソング」
M9 ヴァイタリスフォークビレッジのテーマ/吉田拓郎

拓郎さんの断捨離中に出てきた?「秘蔵音源」。
どうやらまだ発掘作業継続中のようです。
このあと、どんな音源が出てくるか?どうぞお楽しみに。

さて、秘蔵音源スペシャルで1週お休みしましたが、
先生のエピソード、泣ける歌、まだまだ紹介していきますので
メール、お葉書お寄せください。

◆新テーマ「私と映画 ~映画にまつわる、私の思い出」
・はじめて異性と見た映画
・映画館の思い出
・忘れられない’この一本’
・あの俳優、あのセリフ、あの場面が忘れられない
そんなエピソードを、思い出たっぷりに書いてください。

◆「泣ける歌」「涙腺を刺激する歌」
このメロディが流れると、思わず涙がポロリの曲をお寄せください。
涙腺が緩む理由、思い出、エピソードも書いてお寄せください。
変化球も、直球も大歓迎。拓郎さんをうならせてください。

◆「私の思い出の先生」
皆さんの記憶に残る「先生」のこと、教えてください。
・熱血先生
・とにかく怖い先生
・同窓会でいまだに交流のある先生
・美人な姉ちゃん先生
・運動部の顧問の先生
・面倒見がよかった先生
・本気で叱ってくれた先生
そんな先生たちとの、ユニークなエピソード募集します。

◆「治らないクセ」
あなたには、治らないクセ、ありますか?
「なくて七癖」というくらいですから、この際、あなたのクセを教えてください。
その癖にまつわるエピソードもあわせてお願いします。
あなたからのお手紙、メールをお待ちしています。

|

TYIS 「LOVE LOVE あいしてる16年ぶりの復活 伝説の名シーン大放出SP」

07月08日(土)に「LOVE LOVE あいしてる 16年ぶりの復活SP」の事前番宣番組の放送が決定しました

過去の「LOVE LOVEあいしてる」傑作VTRに坂崎幸之助さんと篠原ともえさんがコメントをする番組です。

当時の拓郎さんの映像も流れます。

【番組名】      「LOVE LOVE あいしてる16年ぶりの復活 伝説の名シーン大放出SP」

【放送日時】    2017年07月08日(土):10:25~11:15

【放送局】       フジテレビ(地方局での放送はありません)

【ナビゲーター】坂崎幸之助,篠原ともえ
詳しくはコチラ >>> LOVE LOVE あいしてる 16年ぶりの復活SP - フジテレビ

0623al

 

|

2017/06/19

6月18日第12回 吉田拓郎ラジオでナイト

6月18日第12回 吉田拓郎ラジオでナイト

楽曲音源はUPできません

 

|

LOVE LOVEあいしてる7月21日夜11時~11時58分

LOVE LOVEあいしてる7月21日夜11時~11時58分

Love22

sun

Love2

|

2017/06/16

153-0051 Sさんのお話し / ラジ天ブログ カメ&セイドー「バイタリス・フォークビレッジ」

sun
sun
sun
sun
 
archive
 
 
カメ    いわば、「アメリカン・アイドル」だね。
セイドー  なんですか? ご隠居、いきなり。
カメ    「バイタリス・フォークビレッジ」という名番組があったんだよ。
セイドー  のちに「ライオン・フォークビレッジ」となる、あれですね。
カメ    オーディション番組で、当時のアマチュア・フォークの登竜門だね。今なら「リアリティ番組」と呼ばれていたかもしれない。
セイドー なるほど。それで、「アメリカン・アイドル」。
40年前の「アメリカン・アイドル」
カメ    とはいえ、私は洋楽担当だったから、直接フォーク・ビレッジはやってないんだけどね。フォーク番組担当は、僕の大先輩のディレクター、いろいろと演出のことなども教えていただいた有海さんとか、そして当時のニッポン放送では一番フォークソングに強かった島田さんというディレクターが一手に仕切ってた。
セイドー  パーソナリティーはどなただったんですか?
カメ    初代の司会者がジミー時田さん。
セイドー  ああ、ロス疑惑の?
カメ    それはジミー佐古田だろ! 古いね、あなたも。
セイドー  いえ、バイタリス・フォークビレッジの方がもっと古いですよ。
カメ    あ、そうか。(「バイタリス・フォークビレッジ」は昭和41年・1966年~昭和47年・1972年。「ロス疑惑騒動」は昭和59年・1984です。念のため)
セイドー  ジミー時田さんって、たしかカントリー&ウェスタンの方では?
カメ    そうなんだ。フォークとはいえ、当初はウェスタンも入ってたんだろうな。だいたい、お隣同士みたいな音楽だからさ。で、二代目が、広川あけみさん。
セイドー  どなたなんですか?
カメ    声優の広川太一郎さんの妹さん。歌手だったんだ。キャッチ・コピーが「日本のメリー・ホプキン」!
セイドー  へえ。
カメ    で、三代目が佐良直美さん。
セイドー  ♪愛、あなたとふ~たり~…ですね。
カメ    そして四代目が吉田拓郎さん。
セイドー  このへんから、ぐっとフォークっぽくなりますね。
カメ    「アマチュアの方、みなさんいらっしゃい。あなたの歌をラジオで、全国の人に聞いてもらえますよ」という番組だったから、出場希望者がいっぱいくる。で、オーディションをやるんだけど、そこに手伝いに来ていた連中の中から、「お前、うまいから、伴奏やって」とか「こっち仕切ってくれ」なんて、だんだん任される人が出てくる。たとえば、 ヨーデルを歌っていて、あとで、大きな音楽プロダクションを作った金子洋明さんとか…
セイドー えっ!? 金子洋明さんて、ヨーデル歌ってたんですか!?
カメ    そーよ。♪ユ~レイ、ユ~レイ、ユ~レイ・ヒ~♪よ。
セイドー それって、稲川淳二さんじゃないんですか。
カメ    キミキミ、それはユ~レイ違いだろう。こちらは、ヨーデルじゃ!ヨーデルといっても、若者のおしっことは違うんじゃ!
セイドー ダメだね、どうも年寄りのおしっこは長くって…、ご隠居、汚いでしょうが!
カメ    ありゃ、話にお品がなくなってきたような…失礼しました。そうそう、フォーク・ビレッジ…あと、石川鷹彦さんとか。
セイドー のちのアコギの神様ですね。
カメ    そのちょっとあとに、ユイ音楽工房を設立した後藤由多加さんなんかも出てきた。
セイドー スターだけじゃなく、スタッフとかプロデューサーとかの、裏方も輩出した番組なんですね。そういう意味じゃ「アメリカン・アイドル」より凄いかも。
カメ    あの番組が生んだ最大のスターは、森山良子さんだと思うよ。セーラー服姿の森山良子さん
カメ    当時、セーラー服着て、ギター・ケース持って来ててね。
セイドー コスプレですか?
カメ    「当時」って言ってるだろっ! まだ成城学園の学生さんだったんだ。
セイドー へえ…。じゃ、バイタリス・フォークビレッジがなければ、のちの森山直太朗さんも、「ぺティ・ブーカ」も、さらには「おぎやはぎ」もなかった、と?
カメ    いや、「おぎやはぎ」までは……。
セイドー  ニッポン放送は「フォークビレッジ」ですけど、当時のラジオは各局にそういう番組があったんですね?
カメ    あの頃テレビは一家に一台だからチャンネル権はお父さん、お母さんにあるだろ。だから、若者は自分の部屋でラジオを聞く。テレビのディレクターもフォークとは縁遠かったし、フォークの歌い手もテレビに縁遠かった。そんな中で、ラジオとフォークが結びついたんだ。もちろん、フォークルのおかげもあるし、ビートルズのおかげもあるだろうけど、運がよかったんだね。
セイドー フォークにとっても、ラジオにとっても?
カメ    そう。
sun
sun
sun

0517b78

 

|

1988.6.16 日清パワーステーションLIVE

|

2017/06/14

6/14 吉田拓郎ラジオでナイト番組ブログ更新・いよいよ今週日曜日 ぼくの歌 秘蔵音源スペシャル お楽しみに!


笑顔の拓郎さんの写真。いつもこんな感じでメールやはがきに
目を通しながら、笑っています。
さて、6月18日(日)に放送する
「ぼくの歌 秘蔵音源聞かせますスペシャル」が、
いよいよ今度の日曜日に近づきました。
拓郎さんが、自宅のライブラリーから発掘してきた秘蔵音源を、
時には写真の中にあるギターに手を伸ばし弾き語りながら、
当時の収録経緯や、アレンジの思い出、レコーディングに参加したバンドメンバーのことなど
各音源にまつわる貴重なエピソードを合わせて紹介していただきます。
ここでしか聞くことができない、音源とエピソード、ぜひお聞き逃しなく。

0614a

さて、第11回の放送でご紹介した曲は、こちらです。
M1 ぼくの好きな先生/RCサクセション
◆「君の手紙」コーナー「泣ける歌」「涙腺を刺激する歌」
M2 花はおそかった/美樹克彦
M3 遠き山に日は落ちて/(ドボルザーク「新世界」より)
M4 ホームにて/中島みゆき
◆「ラジオでナイトクラブ」忘れられない先生
M5 夏休み/吉田拓郎(「一瞬の夏」より)
◆「マイフェイバリットソング」
M5 ラヴィング・ユー/ミニー・リパートン

先生のエピソード、泣ける歌、まだまだ紹介していきますので
メール、お葉書お寄せください。
(はがきや封書の方、郵送代が値上がりしたにも関わらずありがとうございます)

◆「泣ける歌」「涙腺を刺激する歌」
このメロディが流れると、思わず涙がポロリの曲をお寄せください。
涙腺が緩む理由、思い出、エピソードも書いてお寄せください。
変化球も、直球も大歓迎。拓郎さんをうならせてください。

◆「私の思い出の先生」
皆さんの記憶に残る「先生」のこと、教えてください。
・熱血先生
・とにかく怖い先生
・同窓会でいまだに交流のある先生
・美人な姉ちゃん先生
・運動部の顧問の先生
・面倒見がよかった先生
・本気で叱ってくれた先生
そんな先生たちとの、ユニークなエピソード募集します。

◆新テーマ「治らないクセ」
あなたには、治らないクセ、ありますか?
・貧乏ゆすり
・爪をかむ
・間食がとまらない
・ついつい友だちの彼がすきになっちゃう
・偉い人の前でも、つい腕を組んでしまう
「なくて七癖」というくらいですから、この際、あなたのクセを教えてください。
その癖にまつわるエピソードもあわせてお願いします。

◆新テーマ「私と映画 ~映画にまつわる、私の思い出」
・はじめて異性と見た映画
・映画館の思い出
・忘れられない’この一本’
・あの俳優、あのセリフ、あの場面が忘れられない
・ そんなエピソードを、思い出たっぷりに書いてください。

あなたからのお手紙、メールをお待ちしています。

 

 

 

|

2017/06/12

6月11日第11回 吉田拓郎ラジオでナイト

6月11日第11回 吉田拓郎ラジオでナイト

 

|

153-0051 で、ナイト

night
night
night
night
night
night

Img_2656

night
night

|

2017/06/08

吉田拓郎ラジオでナイト番組ブログ更新・今週は「私の思い出の先生」。拓郎さんの思い出の先生は…

 
night
6月7日(水)ついに、吉田拓郎トリビュートアルバム
「今日までそして明日からも、吉田拓郎」が発売されました。
もう聞いていただけましたか?
この番組では、
前々回の放送で、Mrs. Green Appleの「流星」を、
そして前回の放送で、徳永英明さんの「やさしい悪魔」を紹介しました。
拓郎さんが言うところの「自分の作品が旅に出た気分」を、
ぜひみなさんも味わってください。 絶賛発売中です。

0608a

さて、第10回の放送でご紹介した曲は、こちらです。
M1 やさしい悪魔/徳永英明
◆「君の手紙」コーナー「泣ける歌」「涙腺を刺激する歌」
M2 she/エルビス・コステロ
M3 青空ひとりきり/井上陽水
M4 別れの手紙/グラシェラ・スサーナ
◆「ラジオでナイトクラブ」苦手なもの
拓郎さんの爆笑水泳エピソード
◆「マイフェイバリットソング」
M5 カリフォルニアの青い空/アルバート・ハモンド

「泣ける歌」のコーナーが、盛り上がってきています。
リスナーの皆さんでしか、思いつかない曲が、はがきやメールで寄せられて、
拓郎さんも、ときどき椅子から転げ落ちています。(笑)
今週も、なるほどの1曲が集まっていますので、お楽しみに。

■次回予告 「私の思い出の先生」をテーマに放送します。
爆笑の先生エピソードから、思わずホロリとさせられるいい話まで、
いろいろな手紙が届いています。
日曜日の夜、あなたの思い出の先生を思い浮かべながら聞いてください。
拓郎さんの思い出の先生のお話も出てくるはずです。

■次々回の予告
そして、6月18日(日)の放送では、封印していた「ぼくの歌」企画を
スペシャルバージョンで実施します。
題して、
「ぼくの歌 秘蔵音源聞かせますスペシャル」

最近の拓郎さんは、自宅のライブラリーを再発掘中。
「こんなものも出てきたぞ!」とたびたび連絡が来ます。
知っている世代も、知らない世代も、秘蔵音源ができるまでのエピソードを
伺いましょう。どうぞ、お聞き逃しなく。

さて、現在募集中のお題はこちらです。
◆「私の思い出の先生」
皆さんの記憶に残る「先生」のこと、教えてください。
・熱血先生
・とにかく怖い先生
・同窓会でいまだに交流のある先生
・美人な姉ちゃん先生
・運動部の顧問の先生
・面倒見がよかった先生
・本気で叱ってくれた先生
そんな先生たちとの、ユニークなエピソード募集します。

◆新テーマ「治らないクセ」
あなたには、治らないクセ、ありますか?
・貧乏ゆすり
・爪をかむ
・間食がとまらない
・ついつい友だちの彼がすきになっちゃう
・偉い人の前でも、つい腕を組んでしまう
「なくて七癖」というくらいですから、この際、あなたのクセを教えてください。
その癖にまつわるエピソードもあわせてお願いします。

◆新テーマ「私と映画 ~映画にまつわる、私の思い出」
・はじめて異性と見た映画
・映画館の思い出
・忘れられない’この一本’
・あの俳優、あのセリフ、あの場面が忘れられない
そんなエピソードを、思い出たっぷりに書いてください。

あなたからのお手紙、メールをお待ちしています。

 

|

2017/06/07

田家秀樹ブログ・新・猫の散歩 吉田拓郎オールリクエスト。

田家秀樹ブログ・新・猫の散歩 

吉田拓郎オールリクエスト。

という番組があるんですよ。明日、BAYFMの「SONG OF JAPAN」という番組。午前1時半~5時の3時間半。真夜中です。深夜番組。島村幸男さんと田中美和子さん。明日の特集です。一緒にしゃべらせてもらうのが僕です(笑)。

 「SONG OF JAPAN」に呼ばれたのは二回目。4月に「大人のJ-POPカレンダー特集」をしてもらった時以来。あの時が楽しくて、近々また、ということだったんですが、明日になりました。当初は「大人のJ-POPカレンダー」の第三回発売分の特集だったんですが、拓郎さんのトリビュートも出ると言うことで、こうなりました。

 トリビュートアルバム「今日までそして明日からも」の紹介パートだけは選曲が決まってますが、他は何にもありません。夜中だし、みんなんで好きなこと話そうよ、という3時間半。何も決めません。リクエストが来なかったら、スタジオの3人のリクエストでやります(笑)。

 アルバム、7日発売。今日か。良いタイミングですね。アルバムのことは、J-CASTニュースの「誰も知らないJ-POP」でも書いてます。こちらです(笑)。拓郎さんが番組の中で「俺の書いた曲達は良い旅に出てると思った」というアルバムですね。

https://www.j-cast.com/trend/2017/06/05299754.html

  深夜放送、体力的にはきついですけど、終わった後の気分が何とも言えません。タイムフリーもいいですけど、やっぱり生ですよ。もし、お時間あれば、体力もあれば。番組、乗っ取ってください(笑)。BAYFM、「SONG OF JAPAN」です。

 今日はインタビュー2本立て。一本は、拓郎さん、トリビュートで「結婚しようよ」を歌っている26才。Chayさん。新作アルバム「Chay Tea」が14日に出ます。NACK5「J-POP TALKIN’」。もう一つは、小山卓治さんのインタビュー。35周年のベストアルバム「Well~Song of 35years」について。35年分の話を聞きました。

 インタビュー、25年ぶりくらいなのにブランクを感じなかったです。そう、こういう感じだったなと思いながらでした。反応もビビッドでした。拓郎さんが「LOVELOVEあいしてる」のスペシャルの収録でブランクを感じなかった、と言ってたのを思い出しました。というわけで、明日、どんな夜になるんでしょう。

 そう、昨日、一昨日と台湾に行ってました。暑かったです。この話はまだ出来ないかな。出来る日が来ることを願いつつ。曲ですね。小山卓治さん「靖国通り、月曜の午後」を。昔の彼女と再会する歌。大人の物語です。じゃ、お休みなさい。

|

2017/06/06

6月12日(月)~6月15日(木)の「中村雅俊 出逢いに感謝」ゲスト松任谷正隆

Masatakamatsutoy

オールナイトニッポン MUSIC10 中村雅俊 出逢いに感謝

6月12日(月)~6月15日(木)の「中村雅俊 出逢いに感謝」

ゲスト松任谷正隆

プロデューサーとして、アレンジャーとして数々の名作を世に送り出してきた
松任谷正隆さんが、これまでどんな“音楽”や“人”との出逢いがあったのか?

お話を伺います。

| | トラックバック (0)

2017年06月18日 (日) 23:30~24:30 吉田拓郎ラジオでナイト  ぼくの歌 秘蔵音源聞かせますスペシャル

2017年06月18日 (日) 23:30~24:30

吉田拓郎ラジオでナイト  ぼくの歌 秘蔵音源聞かせますスペシャル 

 

0606b

 

吉田拓郎ラジオでナイト

これまでも大学時代に組んでいたバンド演奏の音源や、アイドルに提供したデモテープなど、

門外不出の蔵出し音源を紹介してきた「吉田拓郎ラジオでナイト」。

飛び出す話もラジオでナイト話さない話題ばかりですが、自身の音楽制作のヒストリーを明かすのもこの番組だけ。

さて、6月18日(日)の放送では、

吉田家の膨大な音楽的資料の中から、

吉田拓郎本人が汗だくになりながら探し、

清水の舞台から飛び降りる覚悟で?解禁する、

「ぼくの歌 秘蔵音源貴聞かせますスペシャル」を放送します。

聞いたことがある人には懐かしく、

聞いたことがない人には新鮮に、

吉田拓郎の青春時代のアーティスト活動にググッとフォーカスするスペシャルです!

どうぞお楽しみに!

|

吉田拓郎、画期的トリビュートアルバム登場 原曲とは一変した世界の味わい / J-CASTトレンド

吉田拓郎、画期的トリビュートアルバム登場原曲とは一変した世界の味わい

タケ×モリの「誰も知らないJ-POP」

「吉田拓郎」という名前で連想する姿、イメージはどういうものだろう。

例えば、20代から30代だとテレビ番組「LOVE LOVE あいしてる」でKinKi Kidsと共演していたサングラスのお茶目なおじさんで、40代や50代だと、浜田省吾や長渕剛に影響を与えたスーパースターであり、それ以上だと若者文化の旗手で時代を変えたフォークのカリスマ、ということになるのだろう。いずれにせよ世代によってかなり違いがあることは間違いない。

世代によってイメージするものが違うにせよ、70年代以降の日本の音楽シーンで最も影響力があったのが吉田拓郎だということに異論を挟む人はいないのではないだろうか。

0606a

「自分はフォークじゃない」

彼が「イメージの詩」でデビューした1970年は、「演歌の星」藤圭子が爆発的に売れていた年だ。

60年代の後半に登場したフォークソングは、まだメジャーな音楽ではなかった。「長髪の生意気な学生がやっている理屈っぽいアングラな音楽」としか思われていなかった。アングラ、つまりアンダーグラウンドである。

そんな状況を変えたのが72年の拓郎の「結婚しようよ」だった。長髪の若者の結婚賛歌。LOVE&PEACEの歌でもある。それまで無縁だった歌謡曲のチャートでも上位にランクされ、フォークやロックがメジャーな「売れる」音楽になった。ギターを持って自分の言葉で自分の歌を歌う。シンガーソングライターという言葉が広がって行くきっかけにもなった。それでいて、彼は「音楽をちゃんと取り上げてくれない」とテレビの歌番組や芸能週刊誌を拒否し、それが「生意気」とバッシングされ、そのことが彼を新しい世代の旗手に祭り上げて行く。

吉田拓郎が開けた新しい扉はたくさんある。例えば、コンサートツアーもそうだ。それまではリサイタルとか鑑賞団体の公演が主体だった地方公演をツアーという形にした。音響や照明などのチームを組み、北から南まで日本列島を旅して行く。今は当たり前の形態を始めたのが彼だ。なぜ彼だったか。そんなにお客さんが集まる人がいなかったからだ。

野外イベントもその一つである。75年の静岡県掛川市の「つま恋」多目的広場で行われたオールナイトイベントには約6万人が集まった。史上初の大規模なオールナイトイベントだった。

それだけの影響力があったにも関わらず、だ。この20年くらいテレビで放送される「70年代フォークなつかしのリクエスト」のような番組で吉田拓郎の曲が上位に来ることは多くない。

ヒット曲がないわけではない。その逆である。曲のジャンルやスタイルがあまりに多岐に渡っている。例えば「結婚しようよ」や「旅の宿」など自分で歌ったものから森進一の「襟裳岬」やキャンデイーズの「やさしい悪魔」のようなジャンルを超えたヒット曲もある。あの人と言えばこの曲、と言った突出した曲を選べない。そして、吉田拓郎自身が、「自分はフォークじゃない」と公言し、そういう括りに収められていることを拒否しているからでもある。

彼が「フォークじゃない」というのは、頑なになっているとか、照れくさいというような次元ではない。当時から彼の音楽を聴いている人は知っているだろうが、学生時代に最初に組んだのは、ビートルズスタイルのバンドだ。渡辺プロにバンドメンバーと一緒にデモテープを持ち込んだこともある。その後のバンドは、岩国基地で米兵を相手にR&Bを演奏していた。彼は「ライバルはタイガースだったんだよ」と何度となく口にしている。

それらの試みが思うような結果を残せずに、半ば遊びのつもりで広島のフォーク団体を束ねて作ったのが広島フォーク村だった。そこで制作した自主アルバム「古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう」の中の「イメージの詩が、プロデビューのきっかけとなった。

つまり、たまたま「フォーク」だった。でも、彼の音楽には、ロックもリズム&ブルースもバンドのアンサンブルもある。いわゆるフォークソングではない。

「僕も96年に「LOVE LOVEあいしてる」を一緒にやるまでは、フォークの人なんだろうなという印象を持ってました」

音楽プロデユーサーの武部聰志は、そう言った。

奥田民生からchayまで顔ぶれ多彩

2017年6月7日、彼が企画制作した吉田拓郎トリビュートアルバム「今日までそして明日からも、吉田拓郎 tribute to TAKURO YOSHIDA」が出る。

それだけの存在でありながら、これまでトリビュートアルバムらしいものが殆どない。

なぜかという答えは簡単だ。

彼の存在感が強すぎるからだ。

客席を圧倒する歌の力強さやカリスマ性を超えられない。他の人が歌った時に違う味わいが出せない。吉田拓郎のツアーバンドのリーダーであり、松任谷由実のツアーの音楽監督を30年以上にわたってつとめているキーボーディストならではの解釈とアレンジで、「拓郎メロディー」の新しい魅力を引き出している。「LOVE LOVEあいしてる」の音楽監督も彼だった。

「華やかなものにしたかったんですね。拓郎フォロワーと言われる人たちが歌う男の歌、というアルバムは今までもあったと思うんですが、そうじゃないものにしたかった。鍵盤中心にするとオシャレなアレンジになる。メロディーの持つ繊細さとか、ロマンチックな情感。僕が拓郎さんのライブで演奏する時には、絶対にこういうアレンジではやらないだろうなというアプローチだから良かったんだと思います」

曲は、拓郎マニアでなくても誰もが知っている代表曲。歌っているのは、高校の後輩の奥田民生、90年代生まれのchay、Mrs.GREEN APPLE、弾き語りの竹原ピストル、両親が聞いていたという鬼束ちひろや一青窈らの個性派女性、同世代の井上陽水や高橋真梨子、カバーの大御所、徳永英明、自分で歌いたいと名乗り出た織田哲郎、公私ともに親交のあるTHE ALFEE、やはり広島の後輩のポルノグラフィティ...。

原曲とは世界を一変させてしまったような曲もある。女性が歌う事でメロディーが際だった曲もある。稀代のシンガーソングライター曲から「歌」を外した時に何が見えてくるのか。

メロディーメーカーとしての吉田拓郎。トリビュートアルバムの面白さというのは、こういうことを言うのだと思う。

タケ

|

2017/06/05

青空、ひとりきり / 吉田拓郎

 
 
 
 
 

|

2017.6.4第10回吉田拓郎ラジオでナイト

2017.6.4第10回吉田拓郎ラジオでナイト

|

2017/06/03

雲仙・普賢岳の犠牲者追悼 大火砕流26年、市民ら献花:日本経済新聞

雲仙・普賢岳の犠牲者追悼 大火砕流26年、市民ら献花:日本経済新聞

-----------------------------

普賢岳災害救済 スーパーバンドの舞台裏(1994.3.13日「島原・深江救済チャリティーコンサート  メッセージソングの日」)・柏舘真一(マザー·エンタープライズ) 

|

2017/06/02

吉田拓郎ラジオでナイト番組ブログ更新・6月18日(日)ぼくの歌 秘蔵音源きかせますスペシャル!

0602a_2

6月になりました。番組がスタートして2か月。「ラジオでナイト」楽しんでいただいてますか?
おかげさまで、本当にたくさんのメールやお手紙を頂いています。
また、日曜夜の放送時間のツイッターでは、拓郎ファンが、
「あっという間の1時間!」
「もう~終わっちゃった!」
「1週間で一番短く感じる1時間」
などとうれしいツブやきを発見しています。
時代はSNS時代。ぜひ、番組ことを学生時代の旧友たちにも広めていただき、皆さんで、
あの頃も、いまも元気な拓郎さんに逢いに来てください。

さて、
6月18日(日)の放送では、封印していた「ぼくの歌」企画をスペシャルバージョンで実施します。
題して、

「ぼくの歌 秘蔵音源聞かせますスペシャル」

最近の拓郎さんは、自宅のライブラリーを再発掘中。
「こんなものも出てきたぞ!」とたびたび連絡が来ます。
知っている世代も、知らない世代も、秘蔵音源ができるまでのエピソードを伺いましょう。どうぞ、お聞き逃しなく。

さて、第9回の放送でご紹介した曲こちらです。
M1 流星/Mrs.GREEN AP0PLE(ミセス・グリーン・アップル)
◆「ラジオでナイトクラブ」テーマは「泣ける歌」「涙腺を刺激する歌」
M2 母さんの下駄/中村ぶん
M3 香港/テレサ・テン
M4 仰げば尊し
M5 花嫁/はしだのりひことクライマックス
◆「マイフェイバリットソング」
M6 グッド・タイミング/ジミー・ジョーンズ
M 悲しき片思い/ヘレン・シャピロ
M 小さな悪魔/ニール・セダカ
M イエスタディ・ワンスモア/カーペンターズ

さて、現在募集中のお題はこちらです。
◆「私の思い出の先生」
皆さんの記憶に残る「先生」のこと、教えてください。
・熱血先生
・とにかく怖い先生
・同窓会でいまだに交流のある先生
・美人な姉ちゃん先生
・運動部の顧問の先生
・面倒見がよかった先生
・本気で叱ってくれた先生
そんな先生たちとの、ユニークなエピソード募集します。

あなたからのお手紙、メールをお待ちしています。

|

ラジオ アレコレ

sun6/2 21:00- FM NACK5坂崎幸ちゃんKトラ
J-pop Schoolは
THE ALFEEも参加した
吉田拓郎さんのトリビュートアルバムを紹介♪
[radiko.jp]K's TRANSMISSION | NACK5 | 2017/06/02/金 | 21:00-23:00 
slate
sun6/4 FM滋賀 24:00 ー 武部聡志の SESSIONS
今回はゲストを招かず、6/7にリリースされる武部聡志がプロデュースした吉田拓郎のトリビュート・アルバム「今日までそして明日からも、吉田拓郎 tribute to TAKURO YOSHIDA」の大特集。
武部聡志だからこそ語ることができる楽曲解説や、拓郎さんに寄せる想いなど、他では聴くことの出来ない制作秘話を語ります
[radiko.jp]武部聡志の SESSIONS | e-radio FM滋賀 | 2017/06/04/月 | 24:00-25:00 
slate
sun6/6 DAYS!?  日本ポップス界のパイオニア、吉田拓郎特集!
[radiko.jp]DAYS!? | 広島FM | 2017/06/06/火 | 13:30-17:45 
slate
sun6/8 Bay FM Song of Japan 25:30~
音楽評論家の田家秀樹さんがゲスト。吉田拓郎の数々の名曲を豪華アーティストがカバーしたアルバム「今日までそして明日からも、吉田拓郎 tribute to TAKURO YOSHIDA」発売に合わせ楽曲紹介や知られざる拓郎ヒステリーをお話いただきます。
[radiko.jp]Song of Japan | bayfm78 | 2017/06/08/木 | 25:30-5:00
 

|

« 2017年5月 | トップページ