« 153-0051 | トップページ | ビートルズを聴いて素直に反応した全国の少年少女たちーイルカ、きたやまおさむ、そして吉田拓郎の場合 »

2016/11/14

たくろうパック④ / 伊藤友治

  ④
 
■投書の葉書から生まれた「春だったね」
アルバム『元気です。』 ( 72年7月、 CBSソニー) A面の1曲目に「春だったね」という曲が収められ ている。実は投書の葉書から生まれた歌だと桝田が明かした。 「放送で読む葉書や手紙は全て私が選んで拓郎に手渡すことにしていました。番組に葉書を送ってくる常連のリスナーは結構大勢いました。田口淑子さんという女性も、そういう常連組の一人だったのですが 葉書に「春だったね」という題名の詩を書いてきたことがありました。読んでみると、なかなか良く出来ている。これ、読んでみる? と差し出したら、彼はざっと目を通し、その詩がとても気に入ったようでした。それから間もなくしてからです。拓郎は田口さんの作った詩に曲を付けて歌にしました。 彼女は、それがきっかけとなってプロの作詞家になりました」 拓郎パックの中で生まれた歌や曲は他にもある。桝田が作曲の舞台裏を明かす。
 
「拓郎に会って話がしたい」という夜間高校の生徒をゲストとしてスタジオに招いた時のことである。 ひと通りの話が終わった後、拓郎は「君もがんばれよ。激励のために僕が1曲プレゼントする」と言って、 突然ギターを弾き出した。予め用意していた曲ではない。その場で閃いた旋律とリズムを刻んで新しい曲 に仕上げた。青年は思いがけないプレゼントに大喜びで帰って行った。
(注: 歌詞中の「心の中に傘をさしてはだしで歩いてる」は「たどりついたらいつも雨ふり」に使われた)
■放送中のスタジオで乱舞した拓郎
若き日の拓郎はお世辞にもお行儀のいい人間とは言えなかった。大の酒好きで酔うと手がかかる。
ところが、彼の中にはやんちゃ坊主と恥ずかしがり屋の少年が同居している。だから憎めない。年上の兄貴分達から弟のように可愛がられた所以でもある。 「僕は吉田拓郎というアーティストのファンだったのです」 私の取材に対し、小室はそういう言い方で拓郎と親密な関係にある理由を説明した。そして幼い少年の ように無邪気で素朴な拓郎の一面を物語る逸話を披露してくれた。
「拓郎は知る人ぞ知る、プロレスの大ファンでした。そんな拓郎をビックリさせてやろうと1計を案じて実行したことがあるんです」 小室が語るビックリ大作戦の一部始終はこうだ。 その当時、アントニオ猪木は女優の倍賞美津子と結婚して東京·港区六本木のマンションに住んでいた。 その1階下にはジャズ奏者、渡辺貞夫の住まいがあり、彼と親しく付き合う猪木夫妻は入り浸っていた。 「世界のナベサダ」の部屋を訪れていた小室とTBSテレビのディレクター、高橋一郎はそこで偶然猪木夫妻と出くわした。丁度、水曜から木曜日に変わる深夜であり、今夜は『拓郎パック』がある。妙案を思い付いた小室はナベサダの口添えを得てアントニオ猪木を誘い出すと、自分の車に乗せ、午前1時過ぎ に赤坂のTBSに向かった。 スタジオでは拓郎がマイクロフォンに向かって喋っている。頃合いを見計らってそこに乱入する計画だ。 副調整室にいた桝田は前ぶれなしの来訪者に驚いた。 「とてもデカイ男がスタジオの入り口に立っていました。顔を見ると、なんとアントニオ猪木さんなん です。小室さんが連れて来たことは直ぐにわかりました。彼らはスタジオに入る気満々のようでした。特に止める理由もないし、笑って「いいよ」、と合図を送りました」 何が起きたのか。拓郎は一瞬きょとんとした表情になった。だが、猪木の巨体を視線に捕えると「 あっ、 アントニオ猪木だ。猪木さんが来た。本物のアントニオ猪木さんがいる」と叫ぶが早いか、猪木に抱き付いて喜びを全身で表した。よほど嬉しかったのだろう。拓郎は生放送のことなど忘れたかのようにスタジオ内をぐるぐる駆け回った。その時の拓郎は完全に無邪気な少年に戻っていた。 拓郎にまつわる逸話を桝田から幾つも聞いた。彼は拓郎のことを話す時、弟を気遣う兄のような優しい 顔になる。私はそう感じた。  

Fullsizerender_63_3

 

|

« 153-0051 | トップページ | ビートルズを聴いて素直に反応した全国の少年少女たちーイルカ、きたやまおさむ、そして吉田拓郎の場合 »

たくろうパック」カテゴリの記事