« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008/12/31

検見川廣徳院

検見川廣徳院

拓郎が下り立った京成電鉄千葉線「検見川」駅。駅員一人。

【山本コウタロー著・誰も知らなかったよしだ拓郎より抜粋】
1966年、コロムビア・フォーク・コンテスト決勝「土地に柵する馬鹿がいる」で3位。しかし広島のフォークは低調、そこへ失恋も加わり1965年に次ぐ2度目の上京を決意。
バチェラーズメンバーであり親友藤井のいる千葉は市川の下宿でしばらく世話になった後、検見川廣徳院へ。ここはバチェラーズ時代、広島カワイショップの責任者だった桶谷康二氏の実家である。(バチェラーズ時代、広島カワイショップの責任者だった)
廣徳院での居候生活は約半年。昼頃起きて食事、午後東京へ出かけたり検見川近辺をブラブラ。夕食後、本堂で歌を作るのが日課で、作ったオリジナル曲は30曲近く。

K1

K2

K3

多重録音されたテープをコロムビアのディレクター松井氏の元へ持参したりして音楽界への糸口を掴もうとしていた。長距離トラックの助手、ラーメン屋の出前持ちなどのバイトをしながら曲作りを続けた。
新宿フォーク喫茶「フォーク・ビレッジ」出演をきっかけに東京のバンドに失望、同時に身体の衰弱、さらには広島にいる睦月に「帰れば新バンドの活動ができる」との手紙をもらったこともあり、約半年にわたる廣徳院の生活を終えた。
自ら多重録音したテープをたくさん持って広島へ。帰ると同時にダウンタウンズが結成された。

駅のすぐ裏が広徳院である。どんな方向音痴も迷わずたどり着く。

K4

テレビ「情熱大陸」画像と比較しながら

K5

K6

拓郎の居た部屋

K7

K8

K9

K10

K11

K12

K13

K14

K15

K17

K18

K19

K20

K21

machiブログより移動

|

2008/12/30

difficult to cure

来年は拓郎ライヴで歓喜に浸りたいですね。

|

2008/12/26

たまたま

渋谷でたまたま甲斐バンド武道館ライヴの画像と遭遇。

10月25国際フォーラムに続き2月7日武道館ファイナル参戦。

Kai_3

クリスマスの約束を見た。

Oda_2

|

2008/12/24

諸人こぞりて

01_2

02_2

Xmas

             楽しいクリスマスを!

|

2008/12/22

今度はいったい何回目の引っ越しになるんだろう

「今度はいったい何回目の引っ越しになるんだろう」歌詞に出てくる場所を訪ねようと思いつき、仕事の合い間に写真を撮りに行ってましたがクリスマスイルミネーション画像がありますので、のんびりしてられません。

いつものことながら見切り発車です。(情熱大陸&HIKE OUT 目黒川桜画像以外は自ら撮影)- 12/23追記 -

Kondo_2

熱すぎる季節が 魚藍坂をかけ抜けた

02 01

ジーンズをはきかえて 俺は高円寺へ

09

高輪あたり(泉岳寺で)

Ty3_2 Ty1_3 Ty2

03  02_6

上智の友よ(また逢う時)

02_2 01_2 03_3

赤い夕陽に(ほほをそめて)

肩組みあおう(肩組みあおう)

あわい想い抱いて 

中央線が走る

妙法寺に恋が散り 

妙法寺は大きく立派な寺。 すぐ近くに堀ノ内のマンションが。

Ty2 03_5   10

   ↑情熱大陸より

02 06_2

俺は恵比寿へと

07_3 00 

0001 000

青梅街道(環七から)

左に曲がる(堀ノ内で

堀ノ内マンションは壁を塗り替えて丁寧に使われているという印象。

階段手すりの色が変わっていました。

 07 09 10_4

02_2 11 12 Ty3_3

 07_2 08_2 Ty2_2

落とした夢に(気づいたなら)

微笑みあおう(微笑みあおう)

幸福のピエロは 槍ケ先の交差点で

01_3 02_3

行く先とまどうから 俺は目黒を目指す

04 01 02_3

05  

竹田企画は山手通り沿いのにぎやかな場所に。1区画裏手には目黒川。

 02_4 Hike_2

                    ↑HIKE OUT 2007/04/03画像(目黒川)

代官山を(ながめながら)

01_4

青山抜ける(緑のジャガー)

00  03_2

ざわめく心(とぎれた夜)

ワインあけよう(ワインあけよう)

青空が踊るよ 柿の木坂の午後 

08_2

明日愛に気づいて 俺は碑文谷へ

01_7 08

04_3 07_5  ソックス買ってみたりして ^^;       

自由通りを(公園沿い)

そよぐ風たち(都立大へ)

01_8

心豊かに(心のまま)

流れて行け(流れて行け)

もう一人の誰かが サレジオで泣いてる

01_4 02_4 03_4

雨がやまぬままに 俺は横浜へ

目黒通りを(バスは泳ぐ)

01_9 

マンションを越え(川をよぎり)

木枯らしが見えた(碑文谷前)

03_4

君はいずこに(君はいずこに)

やり直しは新しい たまプラーザから始まる

02_5 03_5

田園線を見送り 俺は東京へ

01_5

高速は東名(川崎から)

渋谷までわずか(ラッシュを避け)

01_12  02_8 03_6

白い壁沿いに(まどろむ影)

永遠はあるか(永遠は見えずに)

終りの旅に また 始まりにしたくて

湘南あたりまで 俺は旅に出る

僕は誰でしょう(WO~)

ここはどこでしょう (WO~)

僕は誰でしょう(WO~)

ここはどこでしょう (WO~)

|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »