« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年1月

2007/01/23

T's-R 

T's-Rの拓郎画像が変わりました。

ますます精悍な感じに。 アルバム製作の意欲を感じる表情に見えます。

月刊 Forbes日本版 2007年3月号 (現在発売中)に【プロジェクトを追う「吉田拓郎&かぐや姫 つま恋コンサート」を陰で支える】という特集があります。 立ち読みしてしまいました。 目次はでっかいのですが、ずぅ~っと後ろの後ろの方にやっと記事を見つけました。(王様達のピクニック 主宰のなるさんから教わりました。感謝です。)

ANAの国内線オーディオ・プログラム 9ch「歌のアルバム」にて「人生を語らず」が選曲されています。 森進一が歌う「襟裳岬」も。(君に会ってからというもの僕は・・・主宰のsimpleさんから教わりました。感謝です。) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/16

拓郎ヒストリー

History_02

拓郎ヒストリー が届きました。 拓郎本人がT's-Rに「係わっていない」と表明していましたが、ファンとしてはやはり「初DVD化映像」が含まれていますと観てみたいと思うわけです。

続きを読む "拓郎ヒストリー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/11

拓郎ヒストリー・ストリーミング

History

コムチャンさんの きまま日記 に1月17日発売の 拓郎ヒストリー ストリーミング配信の記事があります。 行ってみてくださいネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/10

地球音楽ライブラリー・吉田拓郎

Tfmchikyu_07

TOKYO FM出版 地球音楽ライブラリー が届きました。 引っ越しを繰り返す間に前回のは紛失しています。 拓郎関連の物は当たり前のように購入するのですが、買ったら安心してしまいよく読まない、きちんと仕舞わない(子どもか)ので、何がどこにあるのかがわからなくなっちゃうんですね、これがまた。(ダメじゃん)

そうそう、90年に発売されました '79-'90(5本組のビデオね)に付いてたヒストリーブックだったかも行方不明です。

Video_05_1_2

地球音楽ライブラリーにもどりまして、田家秀樹氏監修。 前回の記憶が曖昧なのですが、ライヴ・データが昨年の秋ツアーの分まで出てます。 DVD情報も「つま恋2006」まで掲載。 アルバム写真がカラーになってます。 (既に記憶が曖昧です)

そうそう、「ペニーレイン」の表記も大丈夫でしたョ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/06

映画・旅の重さ

07

映画「旅の重さ」を久しぶりに見ました。 以下ネタばれあります。

72年の作品なんですね。拓郎ファンは見ます、これは。 映画の冒頭から「今日までそして明日から」が流れる。 これだけでもうあきません。 新人「高橋洋子」ちゃんの笑顔の素敵なこと。 

途中、泣くシーンもあるけれど正直言うとそこはヘタ。 黙って笑っている目が、口元が素晴らしい。 新人て本当か? エンド・ロールに「新人」と出てくるから本当ですな。

先日記事にした岸田今日子さんが母親役。 お若いのは勿論だけれど、独特の艶っぽい雰囲気。 その雰囲気そのままの役柄。 

母子の手紙のやり取りで話は進んで行く。 高橋洋子演じる娘は16歳。 少女なのかどうかなんとも微妙な年齢ですが、そこがこの映画のテーマにも通じる。 娘は母のもとを飛び出し四国へ。 

好きなのはこの四国の風景。 夏なのです。 海も山も畑もそのまま四国の夏。 匂いまで届いてきそうな、自分が小、中学生の頃に走り回っていたそのままの風景。 むせ返るような蒸し暑い四国の風景が懐かしい。

娘はお遍路さんを真似て歩く。 日が暮れると野宿をする。 民家もお寺も自分が見て育ったそのままの光景。 当時すでに古い木造民家の壁に「看板」。 あったあった。

小さな商店街には「写真屋」が。 看板には「フジカラー」の文字。 思わず、なるほどっと笑う。 

音楽「よしだたくろう」。 「今日までそして明日から」は主題歌であり、挿入歌でありエンディング・テーマ曲でもある。 どの場面にもぴたりと合っている。 感動するのはこれだけでなく「恋の歌」。 唄は無く、インストゥルメンタルで流れてくる。 それもいくつかのバージョンがあり、シーンによってアコギのみ。 また別のシーンではストリングスで。  これは沁みる。 ここだけ何度も観たい。

さて、撮影は四国の愛媛と高知。 でもね、香川といっても徳島といってもよい風景。 娘は「海よ、ここが土佐の海よ!」と叫ぶ。 桂浜かなあ、もっと田舎の海岸のような。 徳島の日和佐のおばちゃんの所(平成の大合併で“美波町になっとるじょ)とそっくりじょ。 あ、この徳島南部の小さな漁師町にもお大師さんはちゃんといらしていて、「薬王寺」さんがあります。 厄払いには必ず行きます。 「おやくっさん」と呼んでます。

娘はお遍路さんと知り合い、そして別れ、祭りで興行する芝居の一座と出会い、漁師と出会う。 登場人物もみな若々しく男盛り。 

自殺する文学少女には若き「秋吉久美子」が扮している。 演技は???

四国で育った者なら皆、経験するお遍路さんの姿。 それは交通量の多い国道沿いにも見られた。 お遍路さんを接待する習慣も。 小さい頃は、いつの間にか家の前に「托鉢の僧」が。 親から小銭を手渡されて、修行僧に差し上げる。 お遍路さんは「同行二人」、お大師さんと二人。 そんな会話も映画の中にみられた。 

|

2007/01/05

ヤング・ギター・クロニクルvol・1 吉田拓郎 これが青春

simple さん Ryan さんの所で教わりました。

ヤング・ギター・クロニクルvol・1 吉田拓郎 これが青春 が出るようです。

こっちにも、 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070105-00000077-sph-ent

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007/01/03

Takuro NEVER SHRINK BACK AND ALWAYS SURE・MESSAGE FROM 小倉エージ

Takuro NEVER SHRINK BACK AND ALWAYS SURE MESSAGE

01tyty

- MESSAGE  FROM  小倉エージ -

タクローがまた、ヤッカイなことを言いはじめたゾ。黙って、歌ってるだけにしとけばいいものを、いつもキマッて、アーダコーダ、ナンダカンダってまくしたてはじめるんだから、もう、イっちゃうよネ、ハッキリ言って。 ソ、困ったもんデス。でも、ま、そうじゃなきゃ、っていうか、ガタガタ、マクしたててるのが、タクローらしい、とも言えるわけで、フム、フム、ウーン、と考えもつかせず、納得させちゃう。 その素早さと強引さは、サスガであります。

それでなくても、タクローのコンサートっていうと、ウァーって、思いっきり盛り上がって大騒ぎして、汗かいてサヨナラ、てなパターンが濃厚。 まるっきり、サウナにいったみたいで、フト我に帰ったりすると、シャワーやらバス・タオルの用意がないのに気づいて、そうかボクはコンサートに来ていたのだった、と思う人も多いらしい。 なんていうのはホントかね。

そうそう、肝心なのは"愛の歌"についての話。実は、タクローがここで語ってるのを見るまで、僕としてはそれほど"愛の歌"が世の中にハンランしていること、その数の多さについての認識っていうのは、なかったのであります。 ウカツ、なんだきっと、僕は。なんていうより、その数があまりに多すぎて、見えなかったのかもしれない、とも、言い逃れることもできる。

03ttyy

で、タクローの言いたいこと、彼が考える"愛の歌"っていうのは、要するに、"人間歌"きっとってことなんだよね。きっと。 男と女の、ホレタ、ハレタってことよりも、人間としての存在の認識、そしてまたその有り様や生きざまを追及するってこと。それをどれだけ歌というもの中に表現しうるか、また、人に語りえるかってことの追及ってことになるのでありましょう。そう、それこそは、人間にとっての、いや、タクローにとっての永遠のテーマなのであります。
いや、そんなこと堂々といっちゃうっていうのは、ほんとはスッゴク、ブザマなワケ。ダサイというか、クサイわけ。しっかり、内に秘めて燃やしておくものなのにもかかわらず、言わずにはいられなかった。というのは、世の中の状況に対するアピールである以上に彼自身がガケップチにたって、自分の立場に決着をつけたってことの表明であることは明らかなのであります。

世の中にハンランする、たとえば"男と女"の愛の歌について、といえば、語り継がれてきた男と女の愛の真実を、ひとつの"型"として、というよりも、"決め文句"として、その欲望や心情を語るにたけた人もいる。実際、その追及に余念のない人々もいるわけで、タクローの言う○○サンとは、その種の人々のことをさすのでありましょう。 が、ある意味じゃ"愛姿"や
"愛の型"にこだわりすぎるってワナに陥りやすい。とまあ、そんなことへの警告でもありましょう。いや、それよりも何よりも、"愛してる"というひと言が、臆面もなしに言えるかどうか、人間にとっていちばん肝心なことかもしれないそのひとことを、そう軽々しく言えるかどかってことが、問題なのでありましょう。要は"愛の大安売り"はゴメン、というワケなのであります。それとともに、実は"愛してる"というひと言が、恥ずかしくて、照れちゃって言えないってこともある。あれだけ、のべつまくなしにガンガンといろんなことをわめきちらすのも、実はシャイであることの裏返しなのではと、思われるフシもある。誰がって?もちろんタクローがですよ。アハハ、とか、ウッソォー、なんて笑う人がいるかもしれない。でも、僕としては、そのシャイなところ、内気なところが見えたりする。で、"愛してる"なんて、そのひと言が、簡単には言い出せなくて、だからこそ、行動に出ちゃう。きっと、キワのギリギリになるまで、そのひと言は、それも誠心誠意こめた真実のひと言は、言わないんじゃないかと。そんな風に思うのです。そう、いろいろガナりたててるみたいで、肝心なことは歌の中でしかいわないで、歌の内容についても案外言わない人なのですよネ。そうそうところが、僕は結構気に入ってたりする。そう、見えるだけのものにダマされちゃいけないのだ。


タクローも、そういってるでしょう?

|

ものまねバトルSP

0711monomane_1

今夜9時から日本テレビ系列で ものまねバトルSP“今夜決定!ものまねベストアーティストアワード2007!! (な、なが~)で岩本恭生らが「拓郎&KinKi」の共演を披露するようです。

似てるんかなあ。 見てみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »