« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005/12/29

吉田拓郎「女ともだち」浅川マキ

Maki3

女ともだち[ 4  ]  撮影/吉田拓郎  浅川マキ(文) 1984年月刊カドカワ8

初めてマキに会ってからどれくらいたつのか忘れてしまったが、ファインダーの中の黒 ずくめのマキは相変らずのいい女だった。

吉田拓郎が、この「女ともだち」という企画を引き受けたとき、そう若くない方がいい、そう思った。彼の現在の日常から少 しばかりはみ出してみたい、そんなちょっとした閃きだったのかもしれない。

「五年に一度、会うことにしようか」

わたしと吉田拓郎はそんな約束をした。 だが彼は記憶していただろうか。

わたしは、ふと目を上げた。その途端にカメラが連写する。すっかり陽の落ちた屋上に、電源から長いコードを這わしてライ ティングした。暗闇の壁に凭れたわたしだけが浮き彫りになる。こちらからは、 蠢くいくつかの影しか見えない。拓郎はなにも言わずにシャッターを切った。いま彼の目に映っているのは、思いがけない程に濃い化粧をした女だ。

十四年前に、渋谷の「ジァン·ジァン」 という小劇場で拓郎は客席からわたしを見ていた。
「おれより、歳下のくせに、生意気な女じ ゃないの」 彼はそう思う。 「そのうえ、おれがわざわざ広島から来たと言うのに、『夜が明けたら』、その歌を聞くため、なのに、とうとう唄わないんだから」

彼と対談した折に、はじめてその事を知った。対談の日から十何年過ぎたいま、拓郎は鮮明に写し出されている女の顔に、ひ どく冷静に焦点を合わせているのだろう か。意図して連写しているのではなくて、 瞬時にわたしの顔の、いやそれ以上のなに かを感じてしまい、正視することが出来な いのだ。動き廻っているたくさんの男たちの影がある。ひどい近視のわたしだが、そんななかで、いま拓郎がどんな風に動いているのか確実に捉えることが出来る。わたしは、少しずつその方向に顔を動かしていく。

「吉田拓郎が発してくるとのヴァイヴレーション、あの頃とちっとも変わらない, うん、それ以上に思える」

風が吹いて髪がわたしの顔を覆った。六本木のビルディングの谷間に吹く突然の風である。目を伏せた。そのとき拓郎は、わたしの気持まで写し出してしまうのかも知れない。思わずわたしは髪を手で押し戻すと目を見据えた。

「おもしろい、乗って来たぞ」 はじめて、拓郎の声が闇の向こうからき た。 そのとき、もうひとつのカメラがシャッターを切った。田村仁さんである。写真家の田村仁さんは、わたしのアルバムのほとんど、いや全部と言っていい、十五年間撮 り続けて来た。そして吉田拓郎の写真もそうである。だから、この企画が決ったとき、わたしは、仁さんに同席をお願いした。

この何年かのあいだ、わたしは仁さんのカメラに目を見据えたことがあったろう か。わたしは俯いてばかりいた。 いま、わたしが吉田拓郎に向って目を開 いた瞬間、田村仁さんは思わず、シャッターを押したのに違いない。そしてそのタイ ミングは、その事を予測していたかのように鋭い音で刺さってきた。

神田共立講堂でわたしと吉田拓郎のジョイントがあった。十何年前になる。そのとき、ポスターの撮影のために、はじめて三人は晴海埠頭に出かけた。わたしも拓郎もマネジャーなし、田村仁さんは助手を連れずに、それは、手づくりの時代であったと思う。

Maki2

「ね、最近のレコード、聴きたい」

「あるけど」

「かけていい」

「ふっ」

「いま、聴きたいな」

「いいよ」

「うん、とてもロックしてる、でも、いいところは、むかしとちっとも変わらない」

「ビール、飲んじゃうぞ」

「ね、怒らない、鮮烈なるマンネリズム」

「ひどいんだぞ、タムジン (田村仁)なんか、いまだに、おれのこと、拓ちゃんって言うんだ」

「それは素敵に思うな、だって、仁さん は、以前はわたしのこと、マキって言って いたのに、最近はマキさん、さん付け、とても距離感を想うわ」

Maki1_2

「こら、本当のことを言え、タムジンとマキは、何度やったか」

「拓ちゃんは、こればっかり言って、いつも、おれを責めるんだから」

わたしは、ふと思った。ふたりの男のあいだでそんな会話をしたのは、十年も前であったのではないだろうか。それを今夜、 昨日の出来事のように話する。拓郎は、少 し話すとまた、その同じ言葉を繰り返した。そのたびに否定も肯定もなくて、田村仁さんは美しい顔でただ笑っている。わた しには男たちの気遣いに思え、また、ふた りの男の近さが察せられた。

「おれさ、マキに出逢った頃ね、とにかく周辺が気になってね。アイツがなにやってるかって。よし、それじゃ、おれならこう してやるとか、そんな風だった。それがおれのエナジーだったかも。それが、いまはおれがおれ自身に、なにかすべてが向けられている。ひょっとして若くなくなったと言えるのかも知れないけど」

「僭越な言い方かも知れないけど、わた し、それはとてもわかる。この五年、いや六年かしら、わたしのパーマネントグループ解散したあとね、好きな演奏者と、近藤等則さん、本多俊之さん、向井滋春さん、その他、もうそれこそ嵐のような舞台だった。五分で客席を蹴って帰って行くひともいた。好きなことやって,ほんとうの贅沢したの、それをレコードにもしたわ、 この二年に四枚も出したの」

「それで、おれのところに送ャて来たの」

「そうなの、でも聴いてはくれなかったの ね」

「聴いてないよ」

「京都の円山の野音のときは、この演奏者に、山内テツもいたし、三曲目には客席は総立ち」

「マキは、お客が総立ちになるのが好きなの」

「それはない」

「だろう、驚いたよ」

「ただ、演奏者が輝いていたの。そして、わたしのうたは、楽器の役割の方が大きかったかも、でも、このごろまた、無性にうたを唄いたくなったの、そんなことはともかく、あなたが地方公演してるときね、一度、見たい、そう思ってね」

「現われるなよ、お化けみたいに。マキが来てるって聞いたら、おれ、唄うのやめて中止だよ」

拓郎は酒を飲んだ。 六本木交差点近くにあるわたしの住んで るこのアパートメントも取り壊しが決った。粗末な椅子をいくつか用意したが、彼はしばらくすると床にジーンズの長い脚を伸ばして座り込む。

「まえに、この部屋に来たよ、おれ。新宿 で一緒に飲んだ帰りだった」

わたしは、彼の記憶違いがおかしかっ た。このぶんじゃ、五年に一度会おうと言う約束だって、覚えてはいないのかも知れ ない。 五年前に吉田拓郎は文化放送の彼の受け持つ深夜番組にわたしを招んでくれた。

「ここは、明るすぎるわ」

彼は、蛍光灯のスイッチを消す。小さな スタジオ、わずかにさし込んでくるミキシング·ルームの明かりのなかで、ふたりは向い合っていた。

「わたしのうたの終りが、ゆっくりと消えていく。フェイド·アウト、途中でカットしても平気よ、だって、このスピードの時代のなかで、聞き手の若者は待てないと思う」

「今夜は、浅川マキの特集なんだよ。そんなこと、どうして気にするの」

深夜だというのに、拓郎の支持者たちがスタジオのガラス越しにこっちを見ていた。だが放送が終ったとき、誰もいない。 わたしひとりが一足先に玄関に出たとき、 彼等はつまらなさそうにコンクリートに並んで腰をおろしていた。

あれから五年。今夜わたしは吉田拓郎のカメラの前に立つ。

「もう、出会うことは、ないのかも知れない」

私も今また 船出の時です

言葉を選んで 渡すより

そうだ

元気ですよと答えよう

吉田拓郎が唄ったひとフレーズ、低い響 きのある声には色がある。それは変わるこ となくわたしのなかにある。


(了)

|

2005/12/24

NHK FM ~「ジャパニーズ・ゴールデン・ポップス」THE ALFEEと愉快な仲間たち~  

FM NACK5 坂崎さんの「K's Transmission」 にてNHK FM 「ジャパニーズ・ゴールデン・ポップス」THE ALFEEと愉快な仲間たちのゲストは拓郎一人という告知がありました。

坂崎: 愉快な仲間たちって・・・ゲストは拓郎さん一人だし(笑)

   放送日 12月29日・30日 13:00~16::00  なので二日とも拓郎登場ですね。

ON AIR 曲  http://www3.nhk.or.jp/hensei/fm/20051229/frame_12-18.html

http://www.nack5.co.jp/index2.html

http://www.nhk.or.jp/80s-pops/

追記: 29日の放送、楽しかったですねぇ。(^^)大半の話題は以前聞いた内容ですが、アルフィーの3人と拓郎は話が盛り上がりますね。明日も忘れずに聞きましょう。ラジオで聞く拓ちゃんはやはり格別いいと思います。彼自身「俺はラジオやるのが好きだ」と言ってましたし。明日はどんな話題なのでしょう。来年のツアーやつま恋のことも話して欲しいですね。他の「特番」もあるといいですね。

    本日30日のON AIR 曲  http://www3.nhk.or.jp/hensei/fm/20051230/frame_12-18.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/23

2005ツアー特別追加公演

 いつもお世話になっているK-a-さんの Takuro Mania で知りました!

 2005ツアー特別追加公演四国・九州シリーズの発表です。

 4/1(土) 愛媛県県民文化会館

 4/6(木) iichiko

 4/9(日) 鹿児島市民文化ホール

 4/14(金) 長崎ブリックホール

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/12/17

デビュー20周年記念特番

以前連載(テープ起こし)のデビュー20周年記念特番

「吉田拓郎20th Anniversary 元気です」をHTML編集しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/14

Simpleさんの特設掲示板で

嬉しい知らせですね~。

Simpleさんのサイト内「特設BBS」をご覧になってくださいネ!

追記: 竹田企画 さんやっと更新です。NHK FMゲスト出演とDVD3月発売の件です。更新早くないですねぇ。(普通に言うと、遅いです)

                           http://www.153-0051.com/takeda/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

No Direction Home

ボブ・ディランのドキュメンタリー「No Direction Home」が近日公開されます。タイトルは「Like a rolling stone」の詞の一節からですね。

     How does it feel
     How does it feel
           To be on your own
     With no direction home
     A complete unknown
     Like a rolling stone?

本日のマイクサイドボクシング、「みうらじゅんの俺に言わせろ!」で映画の事を知りました。昨日、陽水さんと(うーん陽水会の絆強し)渋谷イメージ・フォーラムでトークショーをしたそうです。詳しくは「俺に言わせろ!」でどうぞ。

             毎週水曜日更新「みうらじゅんの俺に言わせろ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/11

フォーク・ルネサンス2005( 吉田拓郎ミニ特集② )

A20

FM NACK5 9月19日放送 フォーク・ルネサンス2005
PM 4:00~11:15

~吉田拓郎ミニ特集 ②~

パーソナリティー 坂崎幸之助

 

アシスタント   澤 美代子

澤:   やっぱりすごい憧れでしたよね。

坂崎: もう本当に憧れでしたねぇ。あとしゃべりがおもしろかったんですよ。MC、コンサートのしゃべりが。

澤:   はい。

坂崎: それが一つの形になっていくんですよフォークのね。話しがおもしろくなきゃいけないっていう。

澤:   うーん、うん。

坂崎: それまでは結構、反戦歌とか歌っててしゃべりも結構硬い人が多かったんですけど拓郎さんのしゃべりってもうすごかったですね。ですから深夜放送なんかでもそれまでアナウンサー、局アナの方達が深夜放送やってたんですけども、だんだんフォークシンガーのア-ティストの方々がしゃべるようになるんですけどもその拓郎さんはハシリ、先駆けですよね。拓郎さんとか北山 修さんとか、うん。

澤:   その話す内容も・・

坂崎: 内容くだらないっすよー。(笑)

澤:   たとえばー?

坂崎: 女の子の話とか。音楽の話はまずないですね。

澤:   そうなんですか。

坂崎: はい。

澤:   じゃあ曲とは全然違うんですか。

坂崎: 曲とは全然違うの。はい、でもそれがうまいの。(笑)しゃべりがね、うまく曲に持っていくんですよ、ステ-ジでは。笑かしてすーっと曲に入るっていうね、この間っていうのはすごいやっぱり天才的なものがありますね。お客さん引きつけて、ええ武田鉄矢さんなんかもお話しおもしろいんですけど曲いっちゃうとみんなトイレ行っちゃうらしいですよ。(笑)

澤:   はははは。

坂崎: いやこれは失礼な話なんですけどご本人が言ってたんでね。(笑)ははは。しゃべりになるとおもしろいんで帰って来るって(笑)

澤:   ははは、どっちが聞いて欲しいのか、みたいな。

坂崎: 怒られちゃうね。(笑) 拓郎さんはでもやっぱり曲になると全然また違う世界、拓郎さんの世界っていうのがあるのよ。あんまりしゃべってるといけませんね。 曲いきましょうよ。この曲はね僕はね、ま吉田拓郎さんていうのは詞も自分で書かれることもあるし、人の曲っていうか人の詞もね、よかったら歌ってたんですよね。それがそれまでのイワユル自作自演の方々と違ってる所でして、いい曲だったら歌っちゃう。斉藤哲夫さんの歌なんかもね歌っちゃったりなんかしてるんですよ。で次にかける曲は、あのヒットメーカーの松本隆さんが作詞なんですね。元はっぴいえんどの。

澤:   うわっ次の曲ですか?

坂崎: はい松本隆さんなんですよ、で男と女の会話が1番2番、3番、4番で1、3が男で2、4が女なんです。泣けますよ女の子の、2、4が。泣けるんです2、4が。さあそれではいきましょうかね、情景を思い浮かべながら。吉田拓郎さんです、「外は白い雪の夜」

 

坂崎: この間奏がまた切ないんですよ。で最後ね、最後まで聞こうか。やっぱりね締めがねいいんですよ。間奏でちょっとひくとこがまたいいのね。1、2、3番まで言葉でばぁーっときてて今間奏でしょ。ここに情景があるんですよね。じゃ4番聞こう4番。泣けるぞぉー。

坂崎: 弱いんですよこの歌に。男の身勝手なんだけどね、ある意味で。

澤:   つらい別れですよ。ねぇー。

坂崎: つらいですよー。いつもあなたの影を踏み歩いた癖が直らないんですよもぉー泣けちゃうんですよ。

澤:   涙でどろどろになった顔が・・・

坂崎: そう、で最後に化粧するからきれいな想い出にしててね。松本隆さんって凄いなって思います。

澤:   凄いですね。

・・・ 一部略 ・・・
    
坂崎さん、拓郎のツアー日程の説明して

坂崎: で来年の9月23日、つま恋でかぐや姫とのライブが決まっております。

澤:   一年後ですね。

坂崎: そうなんですよ。本当に決まってんのかなぁ。(笑)大丈夫かなぁ。(笑)拓郎さん来年還暦なんですよね。

澤:   もうそうなんですか。

坂崎: そうなんです。で、つま恋は85年、そしてその前は75年とやっておりましてどちらも歴史に残る野外コンサートだったんですが、また来年ということで、非常に楽しみでございますね、こちらもね。はい、お身体の方大丈夫でしょうか。ちょっと心配なんですけど。

澤:   飲みすぎないように。

坂崎: 飲み過ぎないように。ぜひぜひがんばってツアーやって乗り切って欲しいと思いますが。

・・・ リスナーからの質問 ・・・

坂崎: さあそれじゃあ拓郎さんのミニ特集最後の曲なんですけども、これも実は意外と新しい曲なんですけど。トータス松本の曲なんです、作詞作曲。すごい、でもね拓郎さんにぴったりの曲ですね、ええ。拓郎さんはガンの手術をされて復帰してコンサートやった時にですね、今日までそして明日から、という歌もそうなんですけどこの歌もめっちゃ説得力があって。それまで聞いていた意味合いと違って。すっごいもう見てて僕はボロボロ泣きましたけどね。

澤    もうやっぱり経験ですよね。

坂崎: ねぇ。そんな曲でございます。吉田拓郎さんで「僕の人生の今は何章目ぐらいだろう」。

♪ よかれ悪かれ言いたいことを全部言う

気持ちいい風を魂に吹かす~

・・・・・・

・・・・・・

ララララ・・・ララララ・・・・   

澤:   いやーなんか今ここでみんなで歌っている所もなんとも言えないというか・・・

坂崎: 凄いなんか説得力あるでしょ。僕の人生の今は何章目ぐらいだろうってなかなか歌えないですよ。

澤:   すごいですねー。

( 吉田拓郎ミニ特集 終 )


 

 

続きを読む "フォーク・ルネサンス2005( 吉田拓郎ミニ特集② )"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/10

フォーク・ルネサンス2005(吉田拓郎ミニ特集①)

B1

FM NACK5 9月19日放送 フォーク・ルネサンス2005
PM 4:00~11:15

パーソナリティー 坂崎幸之助

アシスタント   澤 美代子

~ 吉田拓郎ミニ特集 ① ~
  

坂崎: さあこの時間は早くもミニ特集です!早いよ!大先輩、現在ツアー中の吉田拓郎さんを特集します!

まず1曲めは「春だったね」。
   

♪ 僕を忘れたころに~

坂崎: はい吉田拓郎さん「春だったね」。いい曲だなぁ~。大好き!この歌。初めてですか?聞いた事あります?

澤:  この曲は聞いたことあります。

坂崎: 吉田拓郎さんはどうですか?

澤:  え?今はいろいろテレビとか出られてすごくいろんな所でやってらっしゃる方だなぁと。

坂崎: あ、Kinki Kidsといっしょにやたりとかしてたんで優しいおじさんってな感じですかね。

澤:  はい。 でもちょっとやっぱり・・・

坂崎: 変わったおじさん?変わったおじさんですよね。(笑)

澤:  変わった感じが・・・影があると言うか・・・

違いますか(笑)

坂崎: 影がある!いやいいんですよ影ありますね。

澤:  ああそうですか。

坂崎: やっぱりねちょっとね、繊細なんですよ、実は。豪快に見えて。すごい暴れん坊でわがままに見えるでしょ、イメージはね。 酒飲みで、飲むと大暴れみたいなイメージなんですけど。 実際はめっちゃくちゃ繊細な、気配りな方ですね。 

澤:  ああそうですか。

坂崎: 誰かがお酒無くなったら「持って来い」とか、ついだりとか結構恐縮しちゃうんですよ。

澤:   意外ですね。

坂崎: 優しいんですよ。人の事を気ぃつかってくれたりとか。だから酔っ払いは酔っ払いですけどね。(笑)

澤:   ははは。

坂崎: 飲んじゃうとしょうがないんですけど、でも優しい方ですね。僕は高校の時、吉田拓郎さんが神様だったんですよ。

澤:   ああそうですか。

坂崎: 高1の時に吉田拓郎さんデビュー、1970年にデビューして。

ラジオネーム○○さんから早くも来てますね。吉田拓郎さんイメージの詩、長いので少しでいいです、と。

このイメージの詩がデビュー曲だったんです。

澤:   デビュー曲。

坂崎: ♪これこそはと、っていう歌なんですよ。

澤:   それだけですかぁ。(笑)

坂崎: いや短いって、少しでいいですって。(笑)

澤:   えーーー、みたいな。(笑)

坂崎: イメージの詩、♪ これこそはと、信じれるものが~で、ずっと長ーいんですよ。で途中でハーモニカが入って、その頃ハーモニカの弾き語りの人ってあんまりいなかったからめっちゃ僕らは新しい風を感じるわけですよ、吉田拓郎さんに。それまで70年までは60年代の末期まではどっちかと言うと新宿西口のフォーク集会とかそういうですね、ま、フォーク集会ですよ、西口広場知ってます?

新宿の西口広場ってのがあるんですよ。そこは学生さんが集まっちゃってフォーク集会やってるんでもう機動隊とかおまわりさんとか、もう衝突するんですよ学生と。ここは広場じゃないから歌うな」「ここは通路だから歩け」っつって追い出すんですね。締め出すんです。

澤:   激しいですね。

坂崎: 激しい時代。その頃はどっちかっていうと学生さん達が歌うフォークは反体制の歌、ね。その、社会に対してだとか不満ですよ。 それもあったですね。 ちょうど学生運動の時代だったからフォークと学生運動がリンクしちゃって。 実際音楽でフォークをやりたい人もいたんですけども全部そういう学生運動とかね、そっちの方にフォークのブームになっちゃうわけですよ。

で70年安保が終って拓郎さんが出てくるんですよ。そのいわゆる挫折した時代にですね、70年安保なんもなかったなぁって学生ががくっとした時にですね現れるんですよ彗星のごとく。吉田拓郎さんが♪これこそはと、信じれるものが~っつって。 それに僕らもどっぷりとです。で拓郎さんは反体制のメッセージよりも個人的な内面のメッセージ。例えばですね、♪ わたしは今日まで生きてみました~とかそういうですねなんか自分の内へ、自分へのメッセージみたいな。

澤:   なんかお聞きしていると字余り~、すごく字余り~。

坂崎: 字余りですね。

澤:   なんか無理やり詰めてる感じ・・

坂崎: そうなんですよ。 日本の歌謡史を語るうえでですね、よく挙げられるのが吉田拓郎さんが最初の革命家って言われるんですね。 

澤:   それ字余りの部分がですか。

坂崎: それまでは一つの音に一つの言葉っていうのが、♪いいつまでも~って。 い・つ・ま・で・も、って一つの音符に一つの言葉だったんですよ。 それを一つの単語を入れたのが拓郎さんですね。 ♪ いつまでもー。 

澤:   ははは、なんか。

坂崎: ♪いつまでもー 絶えることないー、っていうのが拓郎さんなんですよ。

澤:   画期的ですねぇ。

坂崎: 画期的ですよ。 だから字余りになっちゃうんですね。ひとつのセンテンスっていうかね、言葉を乗っけちゃうんで。 ね、五つだろうが六つだろうが七つだろうが言葉わ乗っけちゃったりするんで字余りになっちゃうんですね。 これが新しかったですね。拓郎さんはだから日本の歌謡界の革命家という・・

ええ、ルネッサンス! (笑)

澤:   まさに!(笑)まさにきょうの。

坂崎: そうです!

澤:   ビジュアル的には~

坂崎: ビジュアルはカワイかったですよ~。

澤:   当時はどんな感じだったんですかぁ?

坂崎: いやーめっちゃ女の子にもてましたからね。すごい可愛らしかったです。  やっぱり頭チリチリの時もありましたけどね。

澤:   やっぱりありましたか。(笑)

坂崎: すんごいカワいかったですよ。 で泉谷さんが言うには拓郎さんは後光が射してたって。

澤:   後光が射す・・・

坂崎: ええ普段の生活、お酒飲んでても違ったっつってましたね、普通の人とは。 存在が違った、飲む量も勿論ですけど。  量は凄いですからね。 あの人すごいですよ、水割り一気ですから全部。 

澤:   いやー水割りを。

坂崎: 水割りね一杯を一気に飲むんです。

澤:   ひやー。

坂崎: これは身体壊すんじゃないかと当時思ってましたけど。 もなんかそういうね普通の、フォークの中でもちょっと違ってたみたいですね、存在自体が。

( 続く )

 

続きを読む "フォーク・ルネサンス2005(吉田拓郎ミニ特集①)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/08

LENNON'S DAY

TOKYO FM 80.0MHz

       ■ サンタフルリクエスト for ジョン・レノン

J-WAVE 81.3 FM

       ■ J-WAVE JOHN LENNON ANNIVERSARY

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »