« THE LAST WALTZ | トップページ | 音楽 »

2005/06/04

星降る夜の旅人は

wintermoon2 

深夜になると訪れるブログがあります。

tetsuさんのeverynightです。

ここは星空を見られるブログです。

深夜にここを訪ねては癒されています。

美しい星々を暫く眺めてから眠るようになりました。

誰かが「地上100キロからが宇宙で・・・」

「宇宙は常に膨張していて・・・」

「宇宙の外は外宇宙と呼ばれ・・・」

「宇宙は例えば風船の表面のようで・・・」

などと教えてくれましたが、生ある間に確かめる事もないでしょう。

ならば、昔の旅人が星を頼りに旅したように、

恋人たちが「君の星はどこなの?」、と囁きあったように、

夜空の星を見つめていたいです。

自然の美しさを前にすると、言葉が出てきません。

海援隊がダラクロンの中で

    たったひとつの言葉でいい こころを刺し通す

    そんな言葉が見つかるまで 迷い続けろ

と、歌ってましたが、そうかも知れませんね。

人は自然の謎を解き明かす事に躍起になり、

解き明かすほどに自然を軽んじてきたように思えます。

   

    未来を手にいれて

    未来を失った

という事にならないようにしたいです。

星空を見ていると、星降る夜の旅人は のメロディーが流れてきます。

この歌も大好きです。

ここを見てくださっている皆さんに、

星降る夜の旅人は

|

« THE LAST WALTZ | トップページ | 音楽 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星降る夜の旅人は:

« THE LAST WALTZ | トップページ | 音楽 »