« フォークデイズ | トップページ | ( 2 ) NY24時間漂流コンサート Ⅰ »

2005/05/10

笑福亭鶴瓶「日曜日のそれ」( 1 )

4/10(日)ニッポン放送 笑福亭鶴瓶「日曜日のそれ」PM4:00~4:55

      【まるで六文銭のように】

♪笑福亭鶴瓶~日曜日のそれ~ニッポン放送~

鶴瓶: ジングル、今、流れましたが、前のジングルでちょっと編集して
   るんですよね。で、まぁ僕はちょっとそれは、あのジングルも良
   いんですが、もう一度ジングルをやって頂けないかと・・・
   (笑)六文銭のように、を、えーあの参加して頂いた所に佐久間
   さんも来て頂いて、どうもすいません、どうも。

佐久間: よろしくお願いします。
鶴瓶: ちょっと佐久間さんをご紹介ください。
小室: 佐久間順平はですね、えーと最近では南こうせつさんなんかの
   バックもよくやってて、でも一番あのーサポートとして大事な役割
   を、勿論ソロで自分も、おやりになりますが大事な役割と言いま
   すか、フォーク界にとって大事な役割を担っているのは、高田渡
   さんのサポートをずーっとし続けてるっていう事ですね、はい。

鶴瓶: どうもどうも本当に・・・
佐久間: はじめまして。
鶴瓶: はじめまして。やっぱり周りのサポートの方、みんな温和な方で
   すよね。(笑)

小室: そうですね、ただ高田渡に説教できる唯一の人間が、佐久間順
    平なんです。
鶴瓶: まあ頑固ですからね。あの及川さんは誰かに叱られるゆう事は
    ないんですかね。この間あの、すごく終わった後にですね、酔う
    ておられたいうか、楽しかったですね。楽しかったんですけど
    ね、もう・・
及川: 先週ホントにご迷惑おかけしました。(笑)

鶴瓶: いえいえ楽しかったです。ただね、もうこれで帰ろうという雰囲
   気が小室さんできてるから、僕、そういう雰囲気やなぁ、と。
   そいで、おけいさんもそういう雰囲気やなぁと、いう時に、ずる
   ずる、次、行きたそうな・・(笑)
小室: あっははは。
鶴瓶: あのニオイをね、出さはるいうのは、ほんで僕に、帰るとき消し
   ゴムくれはりましたよね。(笑)つかいさしの。(笑)
   あれ、なんか意味あんのかなと思たけど、酔うてはんのや思たか
   らバッグへ入れたんですよ。ほんでタクシー出かかって、また降
   りて来て、消しゴム持ってきはりましたでしょ。(笑)
小室: あーっははは。

鶴瓶: こう来て、「消しゴム」って。あ、やっぱり何かあんねん、家に
   置いてますけど。その消しゴムは何か、やっぱりどうしてもこだ
   わったんですね。(笑)
及川: そうですね。
小室: まだ話が見えてないんですけど、それ誰の消しゴムなんですか?
鶴瓶: いやいや・・
おけい: 恒平ちゃんの消しゴム。(笑)

鶴瓶: 帰りしなに僕に消しゴムプレゼントしたから、多分要るだろうと
   、日常使う消しゴムやから。
おけい: そうですよね。
鶴瓶: それで僕はお渡ししたんですよ。ま、それ、ええかげんに渡して
   はる思うからね。僕は非常に、こんな消しゴム・・あ、すいませ
   ん。(笑)ラジオお聴きのみなさん、ちょっと興奮してました。
   松尾に怒られました、一人一人ゲスト紹介していけ、と。

   きょうは、あの、まるで六文銭のように、の、ちょっとサポート
   でギターで佐久間さんに入って頂きますけど、及川恒平さん。
及川: どうも。
おけい: うっふふふ。
鶴瓶: どうもどうも。
全員: あっはははは。

鶴瓶: 次、おけいさんです。
おけい: こんにちは。よろしくお願いします。
鶴瓶: で、小室さんでございます。
小室: よろしくどうぞお願い致します。

鶴瓶: この前、あの、無学という僕の大阪でやってる所にですね、前に
   このジングルを作って頂いた時に、ぜひ来ていただきたいって言
   っててですね、約2年弱経ってですね、お呼びする事ができて、
   みんなホント喜んでましたですよ。
小室: 素敵な所ですね。
鶴瓶: ありがとうございます。
小室: ホントに、あのね空間としてもいいしね、それから無学のお客様
   もすごくいいし、で、どうもね、無学には何かいますね。
鶴瓶: はぁ、そうですかねぇ、何かこの頃特にそう思うんですけどね、
   もう、あそこの空間でやりますよね。元々は、あそこでお茶屋さ
   んから料理をとって、そいで芸子さん来てもろて、落語なんか終
   わった後、三味線持ったお姉さんなんか呼んでですね、そこで打
   ち上げしよう言うて、始めちょちょっとやってたんですよ。

小室: ほう。
鶴瓶: それが、まぁ、はよ帰りたがる人もいますし、そんなん当たり前
   のようにしたらね、それも楽しくないじゃないですか。
   だから雰囲気、様子見てですね、どっか開いてる所でっていう事
   で、この間お連れしたのが、かずやさんです。なかなかおいしか
   ったでしょ。
おけい: おいしかったです。
鶴瓶: ま日曜日に、かずやさん、開いてたと。ま、佐久間さんも一度、
   また。
佐久間: はい、ご一緒に。何屋さんですか?
鶴瓶: あのー、和食屋さんです、かずや。あの、高田さんにも来て頂い
   たんですよ、だいぶ前に。
小室: それ言ってましたよ。
鶴瓶: そうでしょ。あのぅ、それから息子さんといしょにね。
   その、かずやさんで飲んでたら、及川さんは、もうだいぶ飲まれ
   て、日本酒かなんかも飲まれてましたかね。
及川: そうでしょうね。
小室: 速かったよねえ。(笑)
鶴瓶: ピッチが速かったですねぇ。
及川: そうですか。

鶴瓶: ほいで、帰りしな、もう帰らなあかん雰囲気やなぁと思てたから
   僕が言うと、まだもう一軒行きたそうに、(笑)僕に消しゴムを
   渡さはったんですよ。
全員: (笑)
鶴瓶: あの時一番大事な消しゴムですよ。(笑)そうですよね。
小室: そうですそうです。
おけい: メッセージだったんですかね、もう一軒、っていう。

鶴瓶: そうでしょうね。あの時多分、自分の中で一番大事な物だった
   んでしょう。あの消しゴム。
及川: そうそうそうそう。覚えてるけど・・
鶴瓶: 覚えてるんですか、消しゴム。
及川: 覚えてますけど、その時何か自分が一番困る物ってなんだろう、
   と。頭にあったの。それで、それを預けようと。
鶴瓶: むふふふ。そう、値段じゃないんですよ、僕ね、前のマネージ
   ャーともよく言うんですけど、つまよう枝ね、どっかぽっと財布
   の中へ入れとくと・・・
小室: 忍ばせますね。
鶴瓶: だいたい、要る時あるじゃないですか年いってくると。でもそれ
   が無くなるとね、うちのマネージャーなんかは一万円ぐらいで売
   ろうとするんですよ。(笑)

小室: がっははは。一万円、つまよう枝・・・(笑)
鶴瓶: その場で要る物ですから、二経ったら要らないじゃないですか。
   もうその場で、つまよう枝欲しい、と。
小室: 足元見るわけ。
鶴瓶: 一万円やったら売りまっせ、と。(笑)俺も、買うで、と。
   それぐらいのもんですよ、だからそこで一番要るのは多分、消し
   ゴムだったんだと思いますよ、あのとき。(笑)
   何回か、消しゴム無いって言わはったでしょ。
及川: そう、あれからねぇ、ずっと消しゴム使えないから、持ってない
   の、きょうも。

おけい: あっははは。
鶴瓶: すいません、消しゴムどっかで返したげてください。あの消しゴ
   ム、あ、それちょっと持って来て。(笑)これそれ消しゴム、プ
   レゼントするわ。そやないとね、ちゃんとええジングル作ってく
   れへんもん。(笑)
   これあの及川さん、うちからのニッポン放送からのプレゼントで
   す。(笑) 消しゴム!

及川: いやぁ~、どうもありがとう。すごいですねぇ。
鶴瓶: まぁあれよりもちょっと小さいけども。
及川: ニッポン放送、困るんですか?
鶴瓶: これは困らないです。その辺探したら、多分消しゴムあると思い
   ます、はい、ほんまに。(笑)だからそれ、お渡ししときます。
    きょうはジングルを。

小室: はい。
鶴瓶: すんませんねぇ、もう。ちょっとあのねぇ六文銭のように、に
   犯されてしまってですね、この番組が4月から続いてもですね、
   まぁ鹿島さんがついたわけですよ。すると、あの名前をそのまま
   つけながらCM行くわけにいかないんで(笑)どうしても鹿島さん
   を入れたい、と。(笑)
小室: スポンサーは鹿島さんなんですからねぇ。(笑)
鶴瓶: でもうイメージができてるんです、ジングルが。急にガーっとか
   ね、無理です。(笑)で僕、このトーンで喋ってますから、やっ
   ぱり、六文銭のように、の雰囲気でジングルを頂きたいんです。
   で、本チャン一発撮りします。
   その代わり、もう後が無いという事だけね、おけいさんも思とい
   てくれないと。
おけい: はい。
小室: 聞いてないよ。(笑)
鶴瓶: あの、おけいさんね落語見ながらね、もう二回でも三回でもやり
   たいとかって思てはる思いますけどね、それはもう一切ないとい
   う事。
小室: おけいは鶴瓶さんの話、全然いま聞いてない。あはは。(笑)

             続く

|

« フォークデイズ | トップページ | ( 2 ) NY24時間漂流コンサート Ⅰ »

4/10日曜日のそれ(ニッポン放送)■掲載中■」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92311/4065549

この記事へのトラックバック一覧です: 笑福亭鶴瓶「日曜日のそれ」( 1 ):

« フォークデイズ | トップページ | ( 2 ) NY24時間漂流コンサート Ⅰ »