カテゴリー「吉田拓郎×岡本おさみ対談 後編・ 新譜ジャーナル1984年7月号」の記事

2015/05/02

吉田拓郎×岡本おさみ対談 後編・ 新譜ジャーナル1984年7月号

Tyok1

吉田拓郎×岡本おさみ対談 後編・ 新譜ジャーナル1984年7月号

吉田拓郎・岡本おさみの対談の第2回をお送りします。前回では吉田拓郎の"自己に徹底的に根ざし、小手先を排した姿勢"と、岡本おさみの"個人のスピリットを歌に注ぎこみたいという願い、そして そのための方法"が、お互いに、会話に妥協を排した分、明確に伝わったのではないかと思う。もちろん同時に、ひとりの人間としての精神風土が、ふたり共かなり近 いということも。
2回目の今月は、酒も進み、かなりリラックスした会話をお楽しみいただけると思います。最後には, 拓郎からかなり興味深い提案も出て・・・。(この対談は、ぜひ前号の第1回目から続けてお読み下さい)   撮影 磯田守人 協力 原宿フレンチ・クォーター SJはシンプジャーナル編集者

<個人に徹する>いうこと
岡本 次のアルバムはいつごろ?
吉田 夏だな。8月か9月、ま、オレのことだからどうなるか判んないけどさ(笑)。(1984.11.21 アルバム「FOREVER YOUNG」発売)
岡本 次もまたキー(鍵)はプライベートなこ とになるわけ? そこらへん、シンプジャーナルとしても聞いておきたいんじゃないか? (笑)
吉田  "次もまた"って言われるとキツイけどさ(笑) またそうなると思う。絶対自分を裏切りたくないから、そうなるね。もうその予想はできてるもん。作品はできてないけどさ (笑) 。
岡本 具体的には?
吉田 だから・・・やっぱり・・・何つうの、"他人は関係ない、ボクはボク"っ言うしかないよな "ボクの人生なんだから、放っておいてくれ"と。
SJ でも、僕達みたいな職業とか、立場に居て、周りを見ていると"他人のことは知らん"と、"オレはオレ!"つて生きていたり、 作品を作っている人が、他人にとっていちばんメッセージになっている、そんな感じがしますね。僕達より若い世代ー一 15才とか、16 17の、いわゆるティーン・エイジャーの人達 にとって。それは、 "歌"というジャンルに限らず、あらゆる分野で。
岡本 そうかな。
SJ ええ。で、その"自分のこと"っていうのが、以前のフォークの"私小説的なもの"とはかなり違う、高いレベルに来ているような気がするんですけど。
岡本 確かに面白い人は、いっぱいいるね。
吉田 居るはずだよね。居なきゃおかしい。 次々と子供が生まれてきてさ、好きでも嫌いでも僕らがうたってきた歌を一応は耳にしているはずじゃない?その中からワシャ嫌いとかオレは好き"とか言いながら、音楽めざすやつ、やっぱり居るわな。その中にはいろんなやつがいると思う。本当にそれこそ群雄割拠になると思うし、裏返せば自然陶汰もあるけどさ(笑)。ただ、ひとつの方向にだけは向かって欲しくないっていうのは、あるな。
岡本 それは絶対そうだね。
吉田 それだと、"戦争いこう!"になっちゃうからさ。そりゃまずい、と。気持ち悪いよな。そういうの、一時、3~4年前かな、ちょっと気持ち悪い方向に行きかけたかな、と 思ったことあったよね。おこがましいけどさ、自負心として、オレなんか一生懸命やってきたわりには、なんか違う方向行ってるなあ、と。その"違う方向"っていうのは、自分の好きな方向とか関係なくね。なんか全員がひとつの方向に向かおうとしてんじゃないかな、 とか、思ったね。
岡本 雑誌が悪いとこもあるよな(笑) 。
吉田 そういう方向にし向けたりするからな (笑)。
SJ 大丈夫、心は痛まない(笑)。
岡本 心は痛まない? (笑)。
吉田 まあ、雑誌によって性格あるからな。 シンプジャーナルは特にある(笑)。
SJ ただ、最近その、"ひとつの方向に走る気持ち悪さ"に近いニュアンスの印象を受けることがあるんですけど、最近やけに "ブルース・スプリングスティーンの詞"が多いような気がするんですが、特に新人の人達に。
岡本 それらしい影響を受けた人ね。

Tyok3

SJ ええ。例えばスプリングスティーンの歌詞を三浦久さん(注:幾つかの大学で教鞭をとる傍ら、自らもシンガー・ソング・ライターとしてレコードを出している)が訳してらっしゃる。そんな感じの、文体も英語を日本語に訳したような感じで・・・。 岡本 うん、それはあるかもしれない。
SJ なんか、つまらないし、そういうのって不幸だと思う。
吉田 不幸かな・・・、それは判んないぞ。
岡本 まあ、そういうのっていつの時代にもあることはあるよね。ただ、余りにも一辺倒っていう感じはあるかな。 昔のディレクターってすごい面白くてさ、打ち合わせでも自分の好きなこと、やりたいことばっかり言ってたわけ。でも今は打ち合わせでまずウンザリするのが、最近のディレクターはすぐ「 "あれ風の感じ"でいきたいんですけど・・・」。自分の言葉で言わないんだな。
SJ なるほど。
吉田 とにかくみんな好きなようにやればいいんだよ。あっちこっちながめたり、流行りのファッションとか気にしないでさ。
SJ 本当にそう思いますね。で、さっき話した"スプリングスティーン風"は別にしても、確かにすごい個性的な、自分自身に徹した人達がこのところすごくたくさん出てきてくれて、そういう意味では僕達もこの本を作っててすごい楽しくなってきていますね。岡本さんのおっしゃるように。

<ワカメ>と<金字塔>

吉田 そう言えば何か書いてたね、岡本っちゃん。オレ、読んだぜ、新譜ジャーナルで。 なんか、"訣別の・・・" 冷たいことを(笑)。 (注:岡本氏の本誌連載エッセイ「うたのことばが聴こえてくる」の第9回 ('82年9月号) 吉田拓郎へ向けての「また会おうぜ、あばよ」 のこと)
岡本 あ、あれな(笑)。いや、あれを書いたから、今日、会いたかったわけよ(笑)。
吉田  "吉田拓郎はどこへ行くんだろう…" って。オレのことは放っといてくれって(笑)。
岡本 それともうひとつはさ、オレと拓郎が3日に1回は会ってると思ってるやつが、まだゴマンと居るらしいんだよな。
吉田 ああ、なるほどね。シンプジャーナルの世界だな。(SJに) オマエが悪いんだ(笑)。 オレと岡本っちゃんの関係ってのはさ、まずワカメ・・・・・。
岡本 ワカメの関係なんだよな(笑)。
SJ 何ですかそれ?
吉田 あのねー、ワカメがあんの。味噌汁に入れるワカメがあんだろ? あれじゃなくて、板ワカメっつってさ、ノリみたいので干してあるのがあんの。それをあったかいメシにかけてさ、うまいんだ、これが!岡本っちゃんのカミさんがね、それの地元なの。
岡本 いや、オレも地元だよ。
吉田あ、そっか。両方地元。で、それを昔送ってくれたんだ。最近、印税が入んないのか"訣別"されたからか、送ってくんねえんだ(笑)。
岡本 いや、復活させる(笑)。
吉田 あと、1こあんのはね。岡本おさみっていう作詞家……で、いいのかい? とりあえずは。
岡本 とりあえずはね。
吉田 岡本おさみっていうのは、シャイでね、すごいシャイ。要するに寡黙なんだ。いや、だったんだ。ところが今日会ったら、すごい饒舌じゃない(笑)。
岡本 最近全然寡黙じゃない(笑)。
吉田 ね。昔は寡黙だった!
岡本 そりゃ5年前だよ。
吉田 いや、10何年前から。「バイタリス・フ オーク・ビレッジ」の頃から。岡本っちゃんが台本書いてたんだから。
岡本 だってあの頃は、しゃべれる時代じゃないもん。
吉田 黙ーって書いてきて、渡すの。それからね、岡本っちゃんとオレの関係の中で、『ライヴ'73』っていうのがあるんだな。
SJ ええ。「落陽」が入ってるLP。
吉田 これはもうねえ、誰が何て言ってもね、 '73年だからね。あんな時代にあんなライヴできないから。あそこに参加した高中(正義) とかみんな、ホンットにね、自分のMY FAVORITE LPとして持ってるもん、大事にして。 田中清司とか、みんな持ってるわけ。あのライヴは最高だね。オレも持ってるけど、メロディーと詞が全部うまくいってるね、あれはもう、オレと岡本っちゃんとの最高の作品だね。
岡本 あれは、ぶっつけだったんじゃないかい?
吉田 ぶっつけ。
岡本 あれ、よく覚えてんだけど、何やるかっていうのがギリギリまで決まんなくてさ、あの曲はあの時あそこで初めて披露したんだよな。
吉田 そう。でもあのLPみんな好きだな。 今聴いても、悪くない。今だったら、やるじゃない? かぶせたり、ボーカルだけ変えたり。あれ、あのままだかんな。
岡本 あれ、一発で歌って、一発で録ったんだよな。
吉田 2日やったけどね。一日目、オレ、瀬尾(一三)と大ゲンカして、アレンジ変えて2日目を録ったんだけど、今でもみんな最高だって言ってくるね。特にミュージシャンが言ってる。
でね、オレ話ししたいのはこれだけね。岡本おさみの詞ってね、オレにとって、あの…つまり "リズム感"が無いのね。あの時代だから。あの時代、リズム感いらないから。いいたい放題、オレも、作りたい放題。でも、今は、時代が変わってるね、そうはいかなくなったんだよな、また。昔へ戻ってんの、本当は。で、松本隆のリズム感て、やっぱりす ごいわけよ、ドラムやってるからね。言葉が弾んでるわけ、リズムがあるわけ。きっとメロディー作るやつがね、詞を与えられると 「あ、こんなテンポ」って、なっちゃうのね。 でも、岡本っちゃんの詞は、全然なかったの。 ホント、さっき言った"書きなぐり"だったの。 で、それを歌にするのは大変だったんだけど、あの時代は、それが大変じゃなくて、そのことをたたみこんで歌っちゃった方がいいと。 そういう時代だったのね。だから、おこがましいけど"一時代を築いた"よね、オレは岡本っちゃんと。間違いなく。あの後、74年とか75年とか、岡本っちゃんが詞書いて、いろんな人がうたったよ。だけど、やっぱり駄目だったね、悪いけど。それは、作品が駄目っていうんじゃなくて、もっと他にも、例えば営業的にもね。オレはものすごい"金字塔" 立てたと思ってるもん。
岡本 それはそうだね。
吉田 日本の音楽少し変わったと思ってるもん、オレは。 "はっぴいえんど"から、オレと岡本おさみでまた少し変わったと思ってる。 だから、そん時はね、岡本っちゃんの詞に、リズム感を感じなかったわけ。ただ、その言葉に、もう、ホレたと。その頃オレも、自分のメロディーに、何ていうの、いわゆる自信無かったし。だから、ワッと書きなぐり、作りなぐりだった。だけど、時代が経ってくるに従ってね、やっぱり "こさえる"っていう作業が入ってきた時にね、駄目だったっていうね。岡本っちゃんの詞って、つまり・・・爆発力は、すごいあるんだ。でも、リズミカルじゃなかったのね、言葉が。
岡本 オレが書いたやつって、結局全部うたったの? ボツにしたのもある?
吉田 あるよ。「家族」。でも「家族」もライヴではうたったしね。マスコミのやつで、あれ聴いて泣いたやつもいる。あと、長いの。 それぐらいだよ、ボツは。
岡本 あの頃は大体、郵便で送るわけだよな。
吉田 そう。あの頃はって、ずっとあれだったけどさ(笑)。
岡本 そうか(笑)。
吉田  大体、岡本っちゃんのは曲つけにくかった。ところが、オレも昔はうたい放題だったからうたえたけどね、ところが今は、つけにくいね、自分以外の言葉で"いいたい放題" やられると。
岡本 でも、最近のオレの詞は、すごい(曲を)つけ易いって言うよ。
吉田  (すかさず)らしいね(笑)、それが判んねえ、オレ(笑)。
岡本 それはさ、こういうことをやってんの、真相を言うと。歌詞書くじゃない? 100行なら100行。で、それを削っていって、大まかな詞のカタチにするわけ。詞先行の場合は ね。今、半分以上、メロディー先行だから。
吉田 メロ先でやってんの? すごいねえ。
岡本 だけど、やり方が違ってさ、メロディーが来たからって、それに合わせるんじゃなくて、感じだけ頭に入れといてーーメロディ覚えないでねーー歌詞をバーって書くの。書きたいものを全部書いた上で、それから曲と付け合わせるわけ。
吉田 いやー、岡本おさみがメロ先も、って いうのは・・・信じられないね(笑)。
岡本 だろ? 宇崎竜童も、そう言ってた。 だけど今、半分以上そうだね。最近は、詞先でも配慮してると思うんだけど、例えば外国の曲とか、歌詞判んないんだけど、メロディーだけはなんとなく頭にあんの。でさ、歌詞書いていくじゃない? もちろんその時はメロディー無いんだけど、「あ、このメロディーに合わせて歌詞を整えよう」と。「メロディー付ける人は簡単だろうな」って、その辺の配慮は昔とは雲泥の違いよ。
吉田 雲泥の違い! 大人になったね、大人に!(笑) 失礼なこと言ってる(笑)。
岡本 いや、音楽が好きになったんだよ(笑)。 遅れて音楽を好きになったんだよな。オモシくて仕方が無いもん。体が3つあったら、やることいっぱいあるのになって、思うね。
吉田 面倒臭くなさそうだもんな。オレもう、他人のこと面倒臭くて(笑)。
岡本 全然。あれもやりたい、これもやりたい、だけど身はひとつ、だな。例えば、来月の終りまで20いくつ書くとしたら、そうしたら他のことはやれないよな。だけど、長い物も書きたい、とかさ。
吉田 岡本っちゃんこそ、小説書いてみればいいんだよ。
岡本 ウン。それも思うんだけどさ、やっぱり"歌"がオモシロイしさ。
吉田 小僧相手にしてもしょうがねえぜ(笑)。
岡本 それはもちろんそうだけどね。
吉田 小僧は小僧でやっていくって、自分でなんとか。岡本っちゃんはもっと"自分"を さあ・・・。
岡本 今思えば、昔は本気で"歌"にホレてるって感じじゃなかったんだな。10年なら10年、ホントに本気でやったのは、ほんの2~3人だしさ。今、ホントに楽しいんだよな。
吉田 楽しい?
岡本 ホントに。
吉田  "遅れてきたオッサンだな(笑)。
岡本 だから、植草甚一とか、すごいホレルわけ(笑)。あと、冒険小説にも凝ってるわけ。
吉田 ン? (とぼけて) ゲートボールに凝ってる!?
岡本 冒険小説だよ(笑)。
吉田 ビックリした(笑)。(岡本氏の顔を見て) あ、呆きれてんな「こいつまた、バカな……って (笑)。

Tyok2

<映画>

吉田 ねえ、岡本っちゃんが最近作った詞でさ、いちばんオレが納得するっていう詞、何?誰に書いた詞? 岡本 何だろうねえ・・・。オレがさ、例えば今拓郎に書いてうたったらオモシロイなっていう、そういうこと?
吉田 というか、既成の作品の中で。オレと別れてからので。"別れさから!"(笑)。
岡本  (笑)でもさ、拓郎と別れてからでも、400近く書いてるからな。
吉田 その中でもこれが自信あるっていうの。
岡本 自信があるっていうか、願望として、 今、拓郎がうたったらオモシロイナっていうのは、ある。
吉田 誰かうたってんの?
岡本 葛城ユキがうたってる。「ダウン・タウン・ドリーム」っていうのがあるんだ。
吉田 それ、LPに入ってんの?
岡本 うん、こういう歌詞なんだ。
♪ヘッド・ライトが流れる街に
酒を 浴びせ 酔いどれている
  男の夢はどこに住む
  さまよう ダウン・タウン・ドリーム

  胸の中に埋めたサキソフォン
  傷跡が吹く悲しいメロディー
  男は男にこだわっていてよ
  ダウン・タウン・ドリーム
こういう言司なんだ。
吉田 盗作だ(笑) !"男は男にこだわっていて"、オレのうたってることの盗作だ(笑) 。
岡本 (笑)いや、オレは去年からさ、北方謙三っていう作家がすごい好きだったのね。
吉田 ああ。
岡本 もう、熱狂的に好きだったから、彼に贈る歌を作りたいと思ったわけ、ファンとして。ただそれだけのことなんだけどね。でもその中で思ったことはさ、北方さんは男が男にこだわっている主人公、男が男にこ だわっている作品を、一貫として書いてきている人だと思うわけ。で、オレの"今"の中にはさ、そういうことが"作品"だって思っているわけだよ。さっき話したみたいに。
吉田 あなたがね。
岡本 ウン、僕が。そういう主人公を生み出すことが、何かを伝えられる唯一の方法だと思っているからね。 吉田 ああ、そうか。
岡本 今までだったら誰かに贈る歌を作るなんてことは、考えられないわけよ。だけど今は簡単に書けちゃう。その事がドキドキしちゃうわけ。その主人公を好きで好きでしょうがないから。
吉田 岡本っちゃん、映画を作らないかい?
岡本 いいねえ! だから今、歌をつくる、いいね、映画もいい、小説も、いいね、だからさ。

(終)

|

その他のカテゴリー

かぜ耕士「どこかでラジオが」 '09ツアー '79Super Jam 120曲のニューフォークを創った"日本のボブ・ディラン" 平凡パンチ1970.3.30 1972年1月21日吉田拓郎「結婚しようよ」がリリース~「闘う歌」から「暮らしの歌」への大転換となった歴史的な一曲・執筆者:鈴木耕 2006秋ツアー 2007ツアー 2009 TOUR 2014.7.6AMラジオ・由紀さおり「ルーム・ライト(室内灯)」を語る 2014LIVE 2015.11.22当時ユイ責任者川口勇吉さんが語る"'79篠島"エピソード・東海ラジオ田家秀樹J-POPタイムカプセル1975(別垢より移動) 2018.5.17ビリオンラジオ・「出発の歌~吉田拓郎·中津川フォークジャンボリー伝説の真相~名曲神田川の秘密」 2019吉田拓郎 ライブ'73 4/10日曜日のそれ(ニッポン放送)■掲載中■ 7月3日「究極セレクトアルバム拓郎」 東京中日スポーツ ALL TOGETHER NOW ANN GOLD番宣 Bob Dylan DJファン投票ベスト30 ・深夜放送ファン1972年8月号 FM COCOLO J-POP LEGEND FORUM FM NACK5 FM東京フォーエバーヤング FM特番■デビュー20周年記念番組■ 元気です!」■全35回掲載中■ From T Happy Birthday HIKE OUT HIKE OUT STAFF VOICE IMPERIAL J-POP LEGEND FORUM J-POP MAGAZINE John Lennon__ K's Transmission KinKi Kids KinKi Kidsの恩人、吉田拓郎 堂本光一(日経エンタテインメント!) Kトラゲスト猫2005.11.18 LIVE 2012 LIVE 2014 Live 73 years_ LIVE2012 LIVE2016 LOVE LOVEあいしてる MUSIC AIR Live Lab.#21:青山純Super Sessions LIVE! feat.今剛×伊藤広規×KAZ南沢×エルトン永田×Mac清水_ MUSIC Sketch Book最終回 吉田拓郎 1983週刊FM2.23→3.13号 My Tube NHKショータイム吉田拓郎 NHKラジオ深夜便 NHK青春プレイバック吉田拓郎ゲスト NY24時間漂流コンサート SATETO・日清パワーステーション SONGS SOUND MARKET '83 T's-R Takuro FOR YOU-2 Takuro NEVER SHRINK BACK AND ALWAYS SURE MESSAGE FROM 小倉エージ_ TAKURO YOSHIDA CONCERT TOUR 1989 TAKURO YOSHIDA TOUR 1989 - 90 人間なんて TBSドラマ゛しあわせ戦争」 TBSラジオ復刻・拓バカになった みうらじゅん×えのきどいちろう TBS水曜劇場 ドラマ おはよう The Musician's GuitarVOL.2 吉田拓郎 シンプジャーナル1984.8 TOKYO MOTOR SHOW 2017_ TOUR 1978 ~大いなる人~ TY INFO TY メッセージ TY-ONLINE SHOP TYIS TYIS CD「 From T」8月29日発売 TYIS magazine TYIS NEW ALBUM 「From T」ジャケット初公開 Welcome to GRACELAND & Keigo Kageyama's LABEL・グレイスランド&蔭山敬吾のブログ・吉田拓郎の「ビート・ピッキング革命」まとめ読み YO-KING、曽我部恵一、MOROHAが居酒屋で弾き語る「スズコウ★ナイト2・野の仏(吉田拓郎) / YO-KING YOKOSO ■青春のフォーク 南 こうせつ24・【真夜中のロックンロール】 時代の証言者・読売新聞2017.8.26朝刊 ■青春のフォーク 南 こうせつ・【つま恋が地響きに】 時代の証言者・読売新聞2017.8.24朝刊 ◇新譜ジャーナル'82.11偉大な先輩、素晴らしき後輩に乾杯 8月12日坂崎幸之助のオールナイトニッポン: 吉田拓郎・アルフィー誌上放送 「十年目のギター」が残したものは? ・新譜ジャーナルベストセレクション'70s 1980 「吉田拓郎」 ぼくの音楽人間カタログ 山本コウタロー著 【東映チャンネル】影の軍団 服部半蔵 2018/11/9(金)11:00~13:30 ‬森下愛子出演 【第16回輝く日本レコード大賞(1974年)】CS296 12/01 11:00~12:50_ あぁ青春のアヘアヘ物語 あいみょん あなたに影武者がいたらどうする? / 1980.6明星 おすすめサイト お喋り道楽 お知らせ かぐや姫 かれが殺した驢馬 このブログの人気記事ランキング この唄を君に贈ろう■連載中■ ごめんね青春 じゅんの恩返し・拓郎編 すばる・吉田拓郎ロングインタビュー 2010・3 たくろうのともだち / よしだ・たくろうの世界 たくろうの気ままな世界 たくろうパック たくろう旅の顔・ヤング・ギター'73.2 × ヤング・ギター・クロニクルVol.1吉田拓郎これが青春 ちちんぷいぷい歌碑ものがたり ~吉田拓郎編~2014.11.7 つぶやき つま恋 つま恋2006 はっぴいえんど ぼくの靴音/堂本剛  愛しています みうらじゅん よしだたくろうLIVE '73 よしだたくろうの母 吉田朝子さん・週刊平凡毒蝮三太夫シリーズおふくろ第34回 よしだたくろう・まんが履歴書=黒鉄ヒロシ アルバム サマルカンド・ブルー拓郎インタビュー アルフィー イルミネーション エレックの時代Ⅱ萩原克己 エンケン オールナイトニッポン オールナイトニッポンGOLD カセットテープ・ミュージック ・ 第25回「吉田拓郎の歌詞が好き ガガンボン日記・拓郎編 キャンディーズへの手紙 吉田拓郎 ケメ コンサート サマルカンド・ブルー REPORTAGE FROM NYC FROM THE STUDIO サマルカンド・ブルー安井かずみ・加藤和彦・立川直樹 対談 ザ・フォーライフヒストリアル~ペニーレインで雑談を シンプジャーナル1984.11海外特写&レコーディング吉田拓郎 ジュリー×たくろう対談・ぼくたちすっかり酔っちまってね・ スティーヴィー・ワンダー チェリスト友納真緒さんのブログ・9/8つま恋! チャンネル銀河・中島みゆき特集 テレビ・ラジオ テレビ番組 ドラマ 時間ですよ第3シリーズ ドラマ『監獄のお姫さま』 ニッポン放送のってけラジオ ニッポン放送アナウンサー ニッポン放送垣花アナウンサー拓郎にフルフールのゼリーを贈る バレンタインデー 吉田拓郎 ビートルズが教えてくれた 拓郎×岡本おさみ対談 ビート・ピッキング革命 フォークソングの東京・聖地巡礼 1968-1985 金澤 信幸 フォーク・ルネサンス フォーク村 ボブ・ディラン ポーの歌 ミニ情報 ムッシュかまやつ ムッシュかまやつ_ ヤングフォーク ヤングフォークNo.1 1972.初夏号 ユーミン ライヴ情報 ラジオDJ広場・サタデーナイトカーニバル 1980.6明星 ラジオでナイトブログ ラジオ深夜便 ラジオ番組 世界まるごとHOWマッチ 中島みゆき 中川五郎 中沢厚子 久保利英明(弁護士) 亀渕さんの愛聴歌は拓郎のファイト!_ 二流の人 海援隊 井上陽水のベストパフォーマンスがここに! 『GOLDEN BEST』映像版が登場 人間研究・第3回《吉田拓郎》リタイアしない青春だからこそ 月刊明星1980.6 今夜は星空 いしだあゆみ 今日までそして明日から 僕の旅は小さな叫び 僕らの音楽 加藤和彦 南こうせつ・ニッポン放送のってけラジオ  原由子 吉田拓郎 吉田拓郎 '80~'81激走つづける男のスタイル 構成・文/こすぎじゅんいち 写真/山㟁正良 吉田拓郎 1982.7.27・Tour Final in 武道館 誌上完全再録 新譜ジャーナル'82.10 吉田拓郎 アーチの向こう側(ツアー"人間なんて"・新作「176.5」) 文・石原信一 撮影・大川奘一郎 新譜ジャーナル1990.2月 吉田拓郎 ライブでナイト 2019 in 神田共立講堂 吉田拓郎 ・緑の新居 さらに飛翔への砦!'82.2 明星 吉田拓郎 今、更なる戦線布告・平凡パンチ1980.4.28 吉田拓郎90年代へ・・・・・。・パチパチ読本 1990年_ 吉田拓郎INTERVIEWつま恋の朝、"これまでのオレ"は、死ぬんだ / '85.7シンプジャーナル 吉田拓郎LONG INTERVIEW 今、再び荒野をめざして 新譜ジャーナル'82.5 吉田拓郎×久保利英明弁護士(For Life1976創刊春号) 吉田拓郎×岡本おさみ対談 前後編 新譜ジャーナル1984年6月7月号 吉田拓郎×岡本おさみ対談1984 新譜ジャーナル_ 吉田拓郎×岡本おさみ対談 後編・ 新譜ジャーナル1984年7月号 吉田拓郎、「ラジオでナイト」 旧友に向かうような口調で「素」の自分を語る 田家秀樹 吉田拓郎「女ともだち」浅川マキ 吉田拓郎と愛の歌 ('82オールナイト・ニッポン 最終回より)  吉田拓郎の「ビート・ピッキング革命」 吉田拓郎のオールナイトニッポン 吉田拓郎の唄 吉田拓郎インタビュー・2005年8月20日(土)FM NACK5 J-POP MAGAZINE 田家秀樹 吉田拓郎インタビュー・新譜ジャーナル1977.10 吉田拓郎クリスマス 吉田拓郎コンサート2019 吉田拓郎ドラマ曲 吉田拓郎ラジオ 吉田拓郎ラジオでナイト 吉田拓郎ラジオでナイトMyTube 吉田拓郎ラジオでナイトブログ 吉田拓郎・ムッシュかまやつ 吉田拓郎・男のライフスタイル / 平凡パンチ1984.3.19号 吉田拓郎夜のヒットスタジオ 吉田拓郎新居でご満悦 吉田拓郎死亡事件・1981年3月13日(金) オールナイトニッポン 吉田拓郎詩集BANKARA 吉田町の唄YOSHIDA「若者共和国の120日」 地球音楽ライブラリー 坂崎幸之助 大いなる人・拓郎×岡本おさみ対談 大野真澄 安井かずみ 富澤一誠の「俺が言う 」 小室等 岡本おさみ 岡本おさみ・かまやつひろし対談 ビートルズが教えてくれた 岩崎宏美 広島フォーク村40周年記念同窓会&ライブ 広島フオーク村 広島修道大学「吉田拓郎歌碑除幕式」 心に残る歌を、あともう一曲 喜多條 忠インタビュー・聞き手/残間里江子 所ジョージ・吉田拓郎 拓ちゃんCM 拓ちゃん小ネタ 拓郎、テレビで歌う・1972.4.23(日) PM5:00~ リブ・ヤング! 拓郎、東京キッド・ブラザースに歌を語る(かれが殺した驢馬) 拓郎カレンダー 拓郎出演テレビ番組 拓郎展 拓郎新譜 拓郎関連ブログ 斉藤哲夫 / されど私の人生 新六文銭 新聞 新聞記事・拓郎 旅に唄あり 岡本おさみ / 襟裳岬 旅に唄あり 岡本おさみ_ 旅の重さ 日常 映画「恋妻家宮本」 映画「結婚しようよ」 映画・甘い暴力 普賢岳災害救済 スーパーバンド 松任谷正隆 松任谷正隆「クルマとトイレ」 松本隆「外白」を語る 桑田佳祐 森下愛子 検見川廣徳院 歌謡ポップスチャンネル 残間里江子・加藤和彦 Interview 泉谷しげる 深夜のラジオっ子 村上謙三久 テレビじゃ、これは伝わらない・田家秀樹に聞く 深夜放送ファン 満島ひかり 瀬尾一三 火曜ドラマ「監獄のお姫さま」(通称 プリプリ) 燃える38時間 Takuro Yoshida Island Concert in Shinojima 玉城ちはる 王様達のハイキング 田中秋夫 田中秋夫が語るラジオ局が結集した〝伝説〟のコンサート 田家秀樹 田家秀樹 Kei's BAR__ 田家秀樹ブログ・新・猫の散歩 甲斐バンド 矢島賢さん 秋元康氏とユーミンに共通するクリエイターの感覚 竹田企画 紅葉 / 島倉千代子 純情 -なぜか売れなかった ぼくの愛しい歌 - 阿久 悠 自分の事は棚に上げて 芸能界でコーヒー・ブレイク 吉見佑子-吉田拓郎編- 菅田将暉 落合恵子のちょっと待ってMONDAY 落陽 / 旅に唄あり 岡本おさみ 蔭山敬吾ブログ 襟裳岬 訃 報 記念日 過去ログ 遠藤賢司 重松清 阿久悠 雑誌 青春のフォーク 南 こうせつ27・【あの頃にタイムスリップ】 時代の証言者・読売新聞2017.9.4朝刊 青春のフォーク 南 こうせつ27・【大雨の「サマーピクニック】 時代の証言者・読売新聞2017.8.30朝刊 音楽 音楽番組 高田渡&よしだたくろう - '70年9月16日 ライブ 黄金の60年代、「キャンティ」とその時代 川添象郎・ムッシュかまやつ・ミッキー・カーチス