カテゴリー「吉田拓郎・男のライフスタイル / 平凡パンチ1984.3.19号」の記事

2017/08/20

吉田拓郎・男のライフスタイル / 平凡パンチ1984.3.19号

吉田拓郎・男のライフスタイル / 平凡パンチ1984.3.19号

|

2010/12/31

吉田拓郎・男のライフスタイル / 平凡パンチ1984.3.19号

吉田拓郎・男のライフスタイル / 平凡パンチ1984.3.19号

Tty9_2

東京今昔物語

食うことだけで精一杯。東京第一歩では、目の前にあった泉岳寺を見物することもなかった。

Tty10

後方が「高輪マンション」。今は土地カンはないが酒屋の場所はなぜか覚えている。

Tty20

月1回の大盤振舞のとんかつ屋「新友」。突き当りの左右の道が国道1号。

Tty21

ラーメン屋「昭ちゃん」へ毎日通う。ラーメン・ライス、タクアンで百円だった。

Tty33

新宿1丁目角に木造2階にエレック。写真左手で今は御苑フロントビルだ。

Tty7

買うあてもないのに新宿の洋品屋を物色。ジーパン・オンリーだったのにね。

Tty6

エレックから50mで新宿御苑。ヒマつぶしに行った。ギター持って。

Tty5

レコーディングは杉並テイチク・スタジオか六本木のCBSソニーで。

人生の成功物語は「双六遊び」なのか。 上がりを目指し続け、自分の意思で下がることも、休むことも許されぬ。そして、男はある日、人生の「双六ゲーム」に参加するか否か の決断を迫られる。

「ゲーム」に賭けた男がいる。 歌謡曲界に「フォーク」という分野を切り拓いた、吉田拓郎がその人。

彼は「人生双六」の上がりに指標を合わせたとき、交通機関の上がりである東 京へと、移ってきた。 昭和45年3月、吉田拓郎の「東京物語」の始まりだ。

友だちのオンボロ・コロナにギター1本、ステレオ、布団、そして大学の卒業証書を積み込み、広島を出た。着いたのが六本木。そこから居候を決めこんだ、上智大全共闘くずれの「フューチャーズ・サービス」の連中がいる港区高輪、赤穂浪士で知られる泉岳寺門前の「高輪マンション」へ。イナカモンに生来の方向音痴が加わって、3時間もかかった。 5キロも満たない距離。

サイコロの第一投はメタメタ。

エレック・レコードとは給料3万5000円で契約したが、仕事なんてあるわけはない。毎日、ラーメンライスを食っては部屋でゴロゴロしているだけ。給料日は、マンション向かいのトンカツ屋に飛びこんだ。月1回の大散財。「でも、毎日、酒は飲んでいた」

東京の町になじむ余裕はみじんもない。 第二投目は、杉並、堀ノ内の妙法寺前、 「堀ノ内ハウジング」の3階。エレック・レコードの社長宅近くで、 ここなら、「食いっぱぐれがない」と、引っ越した。家賃は3万5000円。給料は上がらず、家賃と給料はイコール。それでも死にはしなかった。 毎日、新宿御苑前にあるエレック・レコードに社長の車に便乗して出勤し、通信販売のレコードを荷造り、発送し、'70年の戦塵おさまらぬ、新宿イコール東京だった街をぶらつき、飲んだくれていた。 「東京はクダラネー、と思っていた。人気がなかったからね」 「俺は東京中心の文化っていうのがあるんだったら、それはおかしいつう発想があった。なんかチャチャを入れたかった」 「東京に住みたいとは思ってなかった」

やがて気の合った仲間と事務所をつくった。レコード会社もメジャーなCBSソニーへと移った。「結婚しようよ」「旅の宿」の大ヒットで「フォークの旗手」の地位を得、長者番付にものった。

「長くやってもいいと思ったのは、人気が出たから、ファンが許してくれなかった。(広島)帰りたい俺をムリやり……」 なごむ場所も、新宿から原宿へと変わった。銀座のクラブの酒も覚えた。そして、今日この頃は、六本木。

拓郎のプレイ·スポットの変遷は、東京という都市の「カッコイイ」盛り場の移り変わりとまったく同一歩調。 「今は東京に愛着してるね。広島に帰るのはイヤだよ。メンドくさいもん」

東京という平面での吉田拓郎の「双六ゲーム」。ひとつの上がりへは着いた。

次の「双六」は何だ。

「40歳でも(コンサート)ツアーをやっていたい。誰もいないから」

世間でいう「若さ」を失った今、年齢との戦いという新たな「双六遊び」にサイコロを投じようとしている。東京という平面にこだわって・・・・

Tty4

高輪からの引越し先は、落語で有名な妙法寺の門前。3のつく日が縁日なので、人恋しさゆえか、ここにはよく来たものだ。

Tty8_2

左手の「堀ノ内ハウジング」3階に住んだ。大家さんに「ガンバッテ」とはげまされてた。

Tty3_2

拓郎が住んでいた部屋の前。LP「人間なんて」のジャケットと同じアングルで。

Tty2_2

いつも飲んでた歌舞伎町「がんばるにゃん」はトルコ街の中に消滅してしまった。

Tty12_11

「がんばるにゃん」の裏。ここには若者たちの熱気あるおしゃべりがあった。

Tty1_4

仲間とつくったユイ音楽工房は早川屋ビル5F。なぜか1Fが酒屋。

Tty35_2

新宿から金がなくて堀ノ内まで歩いて帰った。中野坂上でいつも吐いた。

Ttybook

machiブログより

 

|

その他のカテゴリー

かぜ耕士「どこかでラジオが」 | '09ツアー | 120曲のニューフォークを創った"日本のボブ・ディラン" 平凡パンチ1970.3.30 | 2006秋ツアー | 2007ツアー | 2009 TOUR | 2014.7.6AMラジオ・由紀さおり「ルーム・ライト(室内灯)」を語る | 2014LIVE | 4/10日曜日のそれ(ニッポン放送)■掲載中■ | ANN GOLD番宣 | Bob Dylan | DJファン投票ベスト30 ・深夜放送ファン1972年8月号 | FM COCOLO J-POP LEGEND FORUM | FM NACK5 | FM特番■デビュー20周年記念番組■ 元気です!」■全35回掲載中■ | HIKE OUT | IMPERIAL | J-POP MAGAZINE | K's Transmission | KinKi Kids | KinKi Kidsの恩人、吉田拓郎 堂本光一(日経エンタテインメント!) | LIVE 2012 | LIVE 2014 | LIVE2012 | LIVE2016 | LOVE LOVEあいしてる | NY24時間漂流コンサート | SATETO・日清パワーステーション | SONGS | SOUND MARKET '83 | T's-R | Takuro FOR YOU-2 | Takuro NEVER SHRINK BACK AND ALWAYS SURE MESSAGE FROM 小倉エージ_ | TAKURO YOSHIDA CONCERT TOUR 1989 | TAKURO YOSHIDA TOUR 1989 - 90 人間なんて | TOUR 1978 ~大いなる人~ | TY INFO | TY メッセージ | TY-ONLINE SHOP | TYIS | TYIS magazine | Welcome to GRACELAND & Keigo Kageyama's LABEL・グレイスランド&蔭山敬吾のブログ・吉田拓郎の「ビート・ピッキング革命」まとめ読み | YOKOSO | ■青春のフォーク 南 こうせつ24・【真夜中のロックンロール】 時代の証言者・読売新聞2017.8.26朝刊 | ■青春のフォーク 南 こうせつ・【つま恋が地響きに】 時代の証言者・読売新聞2017.8.24朝刊 | ◇新譜ジャーナル'82.11偉大な先輩、素晴らしき後輩に乾杯 8月12日坂崎幸之助のオールナイトニッポン: 吉田拓郎・アルフィー誌上放送 | 「十年目のギター」が残したものは? ・新譜ジャーナルベストセレクション'70s 1980 | あぁ青春のアヘアヘ物語 | あなたに影武者がいたらどうする? / 1980.6明星 | おすすめサイト | お喋り道楽 | お知らせ | かぐや姫 | かれが殺した驢馬 | このブログの人気記事ランキング | この唄を君に贈ろう■連載中■ | ごめんね青春 | じゅんの恩返し・拓郎編 | すばる・吉田拓郎ロングインタビュー 2010・3 | たくろうのともだち / よしだ・たくろうの世界 | たくろうの気ままな世界 | たくろうパック | たくろう旅の顔・ヤング・ギター'73.2 × ヤング・ギター・クロニクルVol.1吉田拓郎これが青春 | つぶやき | つま恋 | つま恋2006 | はっぴいえんど | ぼくの靴音/堂本剛  愛しています | みうらじゅん | よしだたくろうLIVE '73 | よしだたくろうの母 吉田朝子さん・週刊平凡毒蝮三太夫シリーズおふくろ第34回 | よしだたくろう・まんが履歴書=黒鉄ヒロシ | アルバム サマルカンド・ブルー拓郎インタビュー | イルミネーション | オールナイトニッポン | オールナイトニッポンGOLD | ガガンボン日記・拓郎編 | ケメ | コンサート | サマルカンド・ブルー REPORTAGE FROM NYC FROM THE STUDIO | サマルカンド・ブルー安井かずみ・加藤和彦・立川直樹 対談 | ジュリー×たくろう対談・ぼくたちすっかり酔っちまってね・ | スティーヴィー・ワンダー | チェリスト友納真緒さんのブログ・9/8つま恋! | テレビ・ラジオ | テレビ番組 | ドラマ『監獄のお姫さま』 | ニッポン放送のってけラジオ | ニッポン放送アナウンサー | ビートルズが教えてくれた 拓郎×岡本おさみ対談 | ビート・ピッキング革命 | フォーク・ルネサンス | フォーク村 | ボブ・ディラン | ミニ情報 | ムッシュかまやつ | ムッシュかまやつ_ | ヤングフォーク | ヤングフォークNo.1 1972.初夏号 | ユーミン | ライヴ情報 | ラジオDJ広場・サタデーナイトカーニバル 1980.6明星 | ラジオでナイトブログ | ラジオ番組 | 中島みゆき | 中川五郎 | 中沢厚子 | 久保利英明(弁護士) | 井上陽水のベストパフォーマンスがここに! 『GOLDEN BEST』映像版が登場 | 人間研究・第3回《吉田拓郎》リタイアしない青春だからこそ 月刊明星1980.6 | 今日までそして明日から | 僕の旅は小さな叫び | 僕らの音楽 | 加藤和彦 | 南こうせつ・ニッポン放送のってけラジオ  | 原由子 | 吉田拓郎 | 吉田拓郎 1982.7.27・Tour Final in 武道館 誌上完全再録 新譜ジャーナル'82.10 | 吉田拓郎 アーチの向こう側(ツアー"人間なんて"・新作「176.5」) 文・石原信一 撮影・大川奘一郎 新譜ジャーナル1990.2月 | 吉田拓郎 ・緑の新居 さらに飛翔への砦!'82.2 明星 | 吉田拓郎 今、更なる戦線布告・平凡パンチ1980.4.28 | 吉田拓郎90年代へ・・・・・。・パチパチ読本 1990年_ | 吉田拓郎INTERVIEWつま恋の朝、"これまでのオレ"は、死ぬんだ / '85.7シンプジャーナル | 吉田拓郎LONG INTERVIEW 今、再び荒野をめざして 新譜ジャーナル'82.5 | 吉田拓郎×久保利英明弁護士(For Life1976創刊春号) | 吉田拓郎×岡本おさみ対談 前後編 新譜ジャーナル1984年6月7月号 | 吉田拓郎×岡本おさみ対談1984 新譜ジャーナル_ | 吉田拓郎×岡本おさみ対談 後編・ 新譜ジャーナル1984年7月号 | 吉田拓郎「女ともだち」浅川マキ | 吉田拓郎と愛の歌 ('82オールナイト・ニッポン 最終回より)  | 吉田拓郎のオールナイトニッポン | 吉田拓郎インタビュー・2005年8月20日(土)FM NACK5 J-POP MAGAZINE 田家秀樹 | 吉田拓郎インタビュー・新譜ジャーナル1977.10 | 吉田拓郎ドラマ曲 | 吉田拓郎ラジオ | 吉田拓郎ラジオでナイト | 吉田拓郎・ムッシュかまやつ | 吉田拓郎・男のライフスタイル / 平凡パンチ1984.3.19号 | 吉田拓郎新居でご満悦 | 吉田拓郎詩集BANKARA | 地球音楽ライブラリー | 坂崎幸之助 | 大いなる人・拓郎×岡本おさみ対談 | 安井かずみ | 富澤一誠の「俺が言う 」 | 岡本おさみ | 岩崎宏美 | 広島フォーク村40周年記念同窓会&ライブ | 広島フオーク村 | 所ジョージ・吉田拓郎 | 拓ちゃんCM | 拓ちゃん小ネタ | 拓郎、東京キッド・ブラザースに歌を語る(かれが殺した驢馬) | 拓郎カレンダー | 拓郎出演テレビ番組 | 拓郎展 | 拓郎新譜 | 拓郎関連ブログ | 斉藤哲夫 / されど私の人生 | 新六文銭 | 新聞 | 新聞記事・拓郎 | 旅に唄あり 岡本おさみ / 襟裳岬 | 旅に唄あり 岡本おさみ_ | 旅の重さ | 日常 | 映画「恋妻家宮本」 | 映画「結婚しようよ」 | 映画・甘い暴力 | 普賢岳災害救済 スーパーバンド | 松任谷正隆 | 松本隆「外白」を語る | 桑田佳祐 | 森下愛子 | 検見川廣徳院 | 歌謡ポップスチャンネル | 残間里江子・加藤和彦 Interview | 泉谷しげる | 深夜放送ファン | 満島ひかり | 瀬尾一三 | 火曜ドラマ「監獄のお姫さま」(通称 プリプリ) | 燃える38時間 Takuro Yoshida Island Concert in Shinojima | 玉城ちはる | 田中秋夫が語るラジオ局が結集した〝伝説〟のコンサート | 田家秀樹 | 田家秀樹 Kei's BAR__ | 田家秀樹ブログ・新・猫の散歩 | 甲斐バンド | 矢島賢さん | 竹田企画 | 純情 -なぜか売れなかった ぼくの愛しい歌 - 阿久 悠 | 自分の事は棚に上げて | 菅田将暉 | 落陽 / 旅に唄あり 岡本おさみ | 襟裳岬 | 訃 報 | 記念日 | 過去ログ | 重松清 | 阿久悠 | 雑誌 | 青春のフォーク 南 こうせつ27・【あの頃にタイムスリップ】 時代の証言者・読売新聞2017.9.4朝刊 | 青春のフォーク 南 こうせつ27・【大雨の「サマーピクニック】 時代の証言者・読売新聞2017.8.30朝刊 | 音楽 | 音楽番組 | 高田渡&よしだたくろう - '70年9月16日 ライブ | 黄金の60年代、「キャンティ」とその時代 川添象郎・ムッシュかまやつ・ミッキー・カーチス