2017/10/23

大野真澄生誕祭・大野真澄ロング・インタビュー 「ガロ」結成から「なごみーず」まで 2007.6.9 FM NACK5 Weekend Party Forever Young #ta960

2007.6.9 FM NACK5 Weekend Party Forever Young

大野真澄ロング・インタビュー 「ガロ」結成から「なごみーず」まで

本日10月23日は元ガロのボーカルこと大野真澄の誕生日

大人のMusic Calendar

本日10月23日はガロでおなじみの大野真澄さん、愛称ボーカルの誕生日。1949年生まれなので、68歳になる。

ちなみに矢沢永吉と同い年。1975年のキャロル解散コンサートでは、永ちゃんから「最初のデビューする時からずっと付き合っている唯一の友だち」と紹介されているが、ボーカルも当時の記事で「好きなのはビートルズ、キャロル、南沙織」なんて答えていた。

近年はソロ活動と併行して太田裕美、伊勢正三との何気に豪華なユニット「なごみーず」としてもステージに立ち、各人の名曲カヴァー中心のミニCDも3枚リリースされているが、ソロより3人で居るのが何だか収まりが良いように見えたりするのは、3人組だったガロのイメージが強いからかな、やっぱり。

マーク(堀内護)、トミー(日高富明)とで結成されたガロは、それぞれがリード・ヴォーカルも演奏も曲作りもこなし、特に変則チューニングを駆使したアコースティック・ギターが絡む奔放なプレイと併せて、個別に屹立しながらも溶け合うような独自のハーモニーが実にマジカルで、やがてニューミュージックと規定されることになる日本の新しいポピュラー音楽を率いる正に先端に位置していたはずなのだが、デビューした1971年頃では、生ギターを弾いているけれどもフォークではなく実はロック(のスピリット)という本質が、まだ日本の受け手側の認識に至らなかったと思う。

私も初めてガロを知ったのは、とある日曜日の午後、ラジオから流れて来たデビュー曲の「たんぽぽ」だったことを強烈に記憶している。生ギターだけの静かな演奏なのに、これは従来の日本のフォークというものじゃないと直観されたが、じゃあ何?とは上手く位置付け出来なくて混乱したものだ。

グループサウンズ時代が終わった後、日本のロックの主流は英語でも歌われるハードなブルースロック系であり、その志や演奏テクニックは高かったにもかかわらず、何だか「武士は食わねど高楊枝」みたいな閉塞感も感じられていた中、ガロが奏でた音楽は新鮮な一陣の風のような解放感があり、その後の活躍が確信された。

ところが、誠に不可思議な巡り合わせの結果、ガロが一般的に広く認知されたのは歌謡曲度が高いと思われた「学生街の喫茶店」であり、事実、作曲したのは大メジャー作家・すぎやまこういち。詞も熟練のプロの山上路夫が書いたが、何より「ボブ・ディラン」こそはコロンブスの卵の如き必殺技。田舎の高校生だった私は、いつもは布施明なんか歌っていた同級生から「洋楽に詳しいようだけど、ボブ・ディランて、どんな<歌>?」と尋ねられたりした。「曲じゃなくてアメリカの歌手の名前。ま、向こうの吉田拓郎みたいなもん」とか答えといた気がするが、元スパイダースの大野克夫によるアレンジもギターレスだし、何がどうしてこうなったのかと耳を疑ったなぁ。

以来、ガロは自身が目指していた音楽と「学生街の喫茶店」の大きな看板との激しいギャップの渦の中で翻弄されてしまったと言える。現在発売中のCDも、必ず「学生街の喫茶店」が入ったベスト盤が数点と、元々「学生街の喫茶店」が入っていたアルバム『GARO2』のみという状況も相変わらずで、実にもったいない。

しかし、2013年にはマークがガロのカヴァーを含むアルバム『時の魔法』を発表。とりわけマークにとっては「ガロの十字架」とも感じられていただろう「学生街の喫茶店」を取り上げたのには正に「時の魔法」を感じさせたにもかかわらず、これが遺作になってしまうとは…。

当然ながら大きな喪失感を覚えたままだったが、本2017年にリリースされたボーカルによるアルバム『~GARO 青春の旅路 Vol.1』を聴いて再び狂喜した(タイトルの「~」は「マーク from GARO」のfromと同じ?)。

これはソロ5曲+ガロのカヴァーが10曲の内容。しかし聴く前は、ひょっとしたら(他の年配アーティストにありがちな)ジャジーまたはブルージーな雰囲気のアレンジとかでアダルトに歌ったりするのかもと、失礼ながら大いなる心配もあった。

だが、1曲目の「学生街の喫茶店」からオリジナルのアレンジに沿いながらも、ガロ本来の姿が浮かび上がる演奏。続いて当時とはリード・ヴォーカルを交替した曲も、特にマークが歌えばハイキーな白日夢みたいな感触になる世界の重心がグーンと下がり、現実的な色合いが濃くなって輪郭がクッキリと現出するが、しかし、それは大野真澄ワールドというよりも、ガロ・ワールドの改装、じゃなくて新装開店、いや「真装」開店かな。

特筆すべきは、鈴木雄大と太田美知彦ご両人がギター演奏もコーラスも正にマークとトミーが憑依したかのように成り切っていることで、こりゃあ、何もかも超越して「ガロ愛」に殉じているとしか思えないが、当時のガロ音源そのままを基本としつつも、オーバー・プロデュースと思われたところは本来あるべき姿のように再構築して細部まで念入りに磨き上げられており、もはやガロ以上にガロです、ハイ。

私のイチ押しは「時の魔法」。たたみかける「(いわば)リード・コーラス」で歌われるガロの隠れた代表作で、かつて3ヴァージョン発表されており、また作者のマークも前記の復活アルバムのタイトルにもしていたが、そこでのヴァージョンと較べても、とにかく今回が最高。最初の発表から45年も経った今になって、ずっと聴きたかった通りのものが聴こえて来た!

|

2017/10/20

後藤由多加、「吉田拓郎 & THE BAND JAPAN TOUR 1974」の夢実現に向けて渡米する #ta960

先日の吉田拓郎ラジオでナイトでの拓郎自身の言葉、
『1974年だったか73年だっかにザ・バンドをバックに吉田拓郎が日本ツアーを演るという話が盛り上がった。これホントにあった。事務所の社長がロサンゼルスだったかカナダだったかへ飛んで、メンバーと会って交渉、「日本へ来ないか」という話にのった。夜中に社長から「もうすぐ決まる。曲作れよ。ツアー5、6本。6、7本演ろうな」とか言われて「わかってるわかってる。歌いたい曲もあるし曲も作るし。いいね~」と待ってた。その後、夜中の2時3時の最終決定の電話で「拓郎、ポシャっちゃったよ」。泣いたよ。「どうしたんだよ、何があったんだよ」「ディランがTHE BANDをバックに演りたい」と言い始めた。ロビー・ロバートソンから「ディランからのオファーなら断れないから東京へ行けない」ということで吉田拓郎&THE BANDの話は消えた。』
 
吉田拓郎 HISTRY 1970 - 1993 田家秀樹 では、
【73年12月21日に同月5日に発売したシングル「金曜日の朝」に続いて『LIVE '73』が出た。1月26、27日の サンプラザでのライヴを収録したこのアルバムは、 で 70年代の前半に出たライヴ・アルバムとしては最高の水準のアルバムと言っていいだろう。ギター高中正義 石川鷹彦、ドラム·田中清司、ベース 岡沢章、キーボ ード 松任谷正隆。当時のトップクラスのスタジオ・ミ ュージシャンが集まっている。ほとんどが新曲だというのも、拓郎が音楽に何を賭けようとしていたかが見えてくる。どんなに社会的な報復を受けようと、音楽で答えを出してみせる。そう言っているように思える。『LI VE '73』は、フォークのアルバムというジャンルには収 まらない。 サンプラザのコンサートが行なわれているころ、少なからず社会的なイメージ・ダウンを免れなかった拓郎を復活させようというプランが進行していた。73年、後藤由多加が渡米し、ザ·バンドと拓郎の日本での共演という交渉を進めていたのだ。アメリカン・ロックの王道を行くザ・バンドと拓郎。全国6ヵ所、会場も決まっていた。 東京は、府中の東京競馬場。拓郎の中では曲目もほぼ決まり、アレンジも決まっていた。だが、明日契約という前日、アメリカに渡っていた後藤由多加から、拓郎に電話が入る。「契約が不可能になった」という連絡だった。 ボブ・ディランの全米ツアーのバックに、ザ・バンドが 起用されることが決まったので不可能になったという 話だった。ディランでは仕方がない。拓郎は、'74年2月 ディランとザ・ バンドの因縁の全米ツアーを、ロスのフ ォーラムで観た。】
【※ ザ·バンド
60年代前半、カナダのトロントで活躍し ていたホークスというバンドが、ボブ・ディランの要請で65年夏からディランのバックを務め、ディランが交通事故で休養したため独立し、'68年「ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』でデビュー。このときに名前をザ・バンドとする。以後、アメリカを代表するグループのひとつになるが、'76 年11月25日のコンサートを最後に解散する。 このときのコンサート、ラスト・ワルツ“ は、エリック・クラプトン、ニール・ヤング、ボブ・ディランらが出演し、映画にもなっている。】
 
なるほどこちら側の事情はよくわかるものの、73年、海の向こうTHE BANDやボブ・ディラン側の状況がどうだったかと言えば、↓米ドキュメンタリーBob Dylan - Down In The Floodを見れば一目瞭然。後藤由多加はこの状況を知り千載一遇のチャンスとばかりに渡米したと思われる。もし知らなかったのならば奇跡的なタイミングである。しかし残念ながらボブ・ディランの行動は予想できなかった。
74年、ディランとのツアーでTHE BANDが素晴らしい演奏をした、とあるだけに拓郎との共演が実現されなかった事は残念の一語に尽きる。
 
 
 
 

|

2017/10/17

吉田拓郎ラジオでナイト番組ブログ更新 トム・ペティとザ・バンド

吉田拓郎ラジオでナイト番組ブログ更新 トム・ペティとザ・バンド

第29回 「吉田拓郎ラジオでナイト」、
いかがでしたか?

ニッポン放送は、
今週スペシャルWEEKに突入中。

特別番組や野球のクライマックスシリーズ編成など
にぎやかな1週間が始まりました。

さて、
昨日の「ラジオでナイト」のエンディングでお知らせしたとおり、
2017年10月22日(日)、ニッポン放送では、
衆議院選挙開票速報(19時50分~25時)を放送するため、
次週の「ラジオでナイト」はお休みとなります。

よって、次回の放送は、
10月29日(日)となります。どうぞ、お楽しみに。

2週間、お待たせしてしまいますが、
ここで次回の予告です。

放送30回目となる次回、
「ベストテイク」のコーナーは、
「ガンバラナイけどいいでしょう」を取り上げます。

前作「月夜のカヌー」から6年ぶり、
60代最初のオリジナルアルバム、
レコード会社移籍第一弾、
そして体調不良からの1作目として
発売された「午前中に…」の最初の一曲。

この曲ができた「背景」は?
このころ、拓郎さんはどんな心境だったのか、
タイトルに込められた想い、
20代でも、30代でもない、拓郎さんが、詩の中に凝縮したものは?

ぜひ、放送で確かめて、感想をお寄せください。

少々、お待たせしてしまいますが。

◇◇◇

さて、第29回の放送でご紹介した曲は、こちらです。
◆オープニング
・奥様のドラマロケでモー大変!ドラマ撮影は楽じゃない
・間違え探しシリーズ「川の流れの如く」
・追悼 トム・ペティ
M1 アイ・ウォント・バック・ダウン/トム・ペティ&ハートブレイカーズ
◆メール紹介
・無人島へ持っていきたいもの
◆マイベストテイク
M2 ペニーレインへは行かない/吉田拓郎(アルバム「FOREVER YOUNG」より)

1016a

◆「マイフェイバリットソング」
・「アイ・シャルビー・リリースト」ザ・バンド
拓郎さんと「ザ・バンド」の夢の競演が実現するはずだった…
M3 ザ・ウェイト/ザ・バンド

◆募集中テーマ
「無人島に持っていきたいもの」

◆ハワイに行くための企画「どうすりゃ、ハワイに行けるのか?」

それでは、再来週の日曜11時半、
また番組でお会いしましょう。

◇◇◇

なお、「吉田拓郎ラジオでナイト」をネットしていただいてる
下記の放送局では、「吉田拓郎ラジオでナイト マイフェイバリット特集」として、
これまでに放送した「フェイバリット」コーナーのダイジェスト版をお送りします。
お楽しみに。

STVラジオ 日曜 22時~23時
東北放送   木曜 21時~22時
信越放送   土曜 27時~28時
中国放送   金曜 20時50分~21時50分
南海放送   土曜 19時~20時

|

2017/10/16

2017年10月15日 第29回吉田拓郎ラジオでナイト

2017年10月15日 第29回吉田拓郎ラジオでナイト

12d78ok

|

2017/10/15

10/15「吉田拓郎ラジオでナイト」ラテ版

10/15吉田拓郎ラジオでナイトラテ版

ディラン ザ・バンド トム・ペティ

1015a

米ドキュメンタリー・「信仰と混迷の時代」 ボブ・ディラン/ボス・エンズ・オブ・ザ・レインボー ②~1978-1989 よりWe Are The World~Tom Petty との共演まで14分

|

2017/10/13

吉田拓郎ラジオでナイト番組ブログ更新 深夜の笑い声

吉田拓郎ラジオでナイト番組ブログ更新

深夜の笑い声

第28回 「吉田拓郎ラジオでナイト」、
いかがでしたか?

リスナーの皆さんからいただくメールに、
共通してよく書かれていることがあります。

それは、
「拓郎さんの笑い声」が好き、というもの。

メールや手紙を紹介しながら、
「ブワッハッハ!!!!」と
時に手をたたき、大笑いする拓郎さん。
あの「笑い声」が好きということが、
よく、お便りに書かれています。

番組に臨む前の拓郎さんも、よく笑っています。
いつも、拓郎さんは放送前に、
届いたメールやお葉書を一枚一枚読み込みます。

放送前、スタジオの中は、シーーーーーーーンと静かな状態。
スタジオは、ちょっとしたライブができる大きさのイマジンスタジオ。

そこにボールペンを持って
お便りのリアクションをメモする拓郎さん。

数枚目を通すと、
突然
「ワーーーーーハッハ」という声が、
イマジンスタジオに広がります。

そうです、
今回放送された「無人島に持っていきたいもの」の薬のハナシ。
あの時、拓郎さんは涙を流さんばかりに笑ってました。^^)

☆☆

ニッポン放送では
日曜深夜11時30分から放送していますが、
日本中で同じ時間に
あの「笑い声」を楽しみに聞いている方がいると思うと、すごいことですね。
全国からradikoのタイムフリーで、生で聞いていますというメールを頂きます。

みなさんから頂いたメールが届く、
拓郎さんが笑う、
夜、ラジオで聞いているあなたが笑う、
ベッドの中で。

そんな好循環が生まれて、番組はもうすぐ30回を迎えます。
今週もどうぞ、お楽しみに。

さて、第28回の放送でご紹介した曲は、こちらです。
◆オープニング
M1 スリープウォーク/サント&ジョニー
◆メール紹介
・方言
◆マイベストテイク
M2 君が好き/吉田拓郎(アルバム「よしだたくろう LIVE’73」より

1013a

◆「マイフェイバリットソング」
・「ワン・ファイン・デー」ザ・シフォンズ
・「ゴー・アウェイ・リトル・ガール」スティーブ・ローレンス
・「ロコモーション」リトル・エバ
・「オーキャロル」ニール・セダカ
M3 君の友達/キャロル・キング

1013b

◆募集中テーマ
「無人島に持っていきたいもの」
さあ、あなたは?

◆ハワイに行くための企画「どうすりゃ、ハワイに行けるのか?」

日本は肌寒くなってきました。
気分はハワイ、を目指して、ぜひ面白い企画を。

LIVE’73、キャロル・キングにもたくさんの反響がありました。
ありがとうございます。

【予告】
今週のベストテイクは「ペニーレインへは行かない」(「FOREVER YOUNG」)です。

それでは、今週日曜11時半、
また番組でお会いしましょう。

|

1990.10.10 FM NACK5 9時間生放送 ④【吉田拓郎 20th Anniversary 元気です】中津川エピソード~子供時代の思い出~エンディング ゲスト坂崎幸之助 小室等 雑音多し #ta960

1990.10.10 FM NACK5 9時間生放送 ④【吉田拓郎 20th Anniversary 元気です】中津川エピソード~子供時代の思い出~エンディング ゲスト坂崎幸之助 小室等 雑音多し #ta960

 

|

2017/10/11

1990.10.10 FM NACK5 9時間生放送③【吉田拓郎 20th Anniversary 元気です】映画Roninの話~ゲスト坂崎幸之助 小室等 雑音多し #ta960

1990.10.10 FM NACK5 9時間生放送

③ 【吉田拓郎 20th Anniversary 元気です】

映画Roninの話~ゲスト 坂崎幸之助 小室等 雑音多し

|

2017/10/10

1990.10.10 FM NACK5 【吉田拓郎 20th Anniversary 元気です】 ②FROM TAKURO~ゲスト 小室等 雑音多し #ta960

1990.10.10 FM NACK5 【吉田拓郎 20th Anniversary 元気です】

②FROM TAKURO~ゲスト 小室等 雑音多し

1010b78ok

 

|

1990.10.10 FM NACK5 9時間生放送【吉田拓郎 20th Anniversary 元気です】①オープニング~ゲスト武田鉄矢

1990年10月10日、FM NACK5にて拓郎デビュー20周年記念
特番 【吉田拓郎 20th Anniversary 元気です。】ON AIR
午後1時~10時まで9時間の生放送 (雑音多し)

①オープニング~ゲスト 武田鉄矢

Tyok

|

2017/10/09

2017.10.8 第28回 吉田拓郎ラジオでナイト

2017.10.8  第28回 吉田拓郎ラジオでナイト

|

2017/10/07

フジテレビNEXT Love music presents ムッシュかまやつ伝説 完全版 10/14(土) 23:00~24:30

フジテレビNEXT Love music presents ムッシュかまやつ伝説 完全版 

10/14(土) 23:00~24:30

出演者
ムッシュかまやつ
ミッキー・カーチス
ザ・スパイダース
堺正章
井上順
井上堯之
Char
吉田拓郎
小山田圭吾
KenKen
山岸竜之介
Vodka Collins
アラン・メリル
ほか
ナビゲーター 松任谷由実
ナレーション 森山良子

フジテレビ地上波で8月27日に放送され(一部地域を除く)大反響だった「Love music presents ムッシュかまやつ伝説」。今年3月天国へと旅立った、日本を代表するミュージシャン、ムッシュかまやつ。今回番組では、遺族の協力を得てムッシュの倉庫に眠っていた超貴重映像を発掘。ムッシュの誕生から、音楽との出会い、ザ・スパイダースでの活躍、フォークの時代、そして、ムッシュ最後のテレビ出演など、超貴重な映像で、名曲の数々、ムッシュの音楽人生をたどります。ナビゲーターは、ムッシュと親交の深かった松任谷由実。ムッシュのためにユーミンが書いたあの名曲「中央フリーウェイ」をふたりで共演した幻の映像も大公開します。そして、ナレーションはムッシュのいとこでもある森山良子が担当。幼いころムッシュと一緒に住んでいたこともある森山が、少年時代のムッシュの秘話を語ります。その『完全版』が早くもNEXTに登場!今回新たに追加されるのはムッシュのさらなるロックンロール・ストーリーの数々だ。
まずは、1970年代「我が良き友よ」などの大ヒットでフォーク・ムーヴメントの最中にいたムッシュが実はその裏で参加していたという伝説のロック・バンド、Vodka Collinsにスポットを当てる。ボーカルはあの「I Love Rock’n’Roll」の作者であるアメリカのロック・レジェンド、アラン・メリル。ドラムは元テンプターズのドラマー、大口ひろし。70年代にアルバム「TOKYO-NEW YORK」を1枚だけ残し活動休止をしていたVodka Collinsだったが、90年代に元ゴールデン・カップスの加部正義をベースに迎え、日本最強のロック・バンドとなって活動を再開。そんな当時の貴重な演奏や、ムッシュがニューヨークのアランの自宅を訪ねて行われたトーク&ギター・セッションの模様をお送りする。その他にも、崩壊前のベルリンの壁の上で歌う「バン・バン・バン」や、名曲「やつらの足音のバラード」、さらにはロリータ18号のライブに乱入したムッシュの様子をノーカットでオンエア。
そしてなんと今回、あのエルヴィス・プレスリーを発掘しデビューさせたメンフィスの伝説のサン・スタジオで行われたムッシュの「幻のサン・スタジオ・レコーディング」の映像を発掘。その中からムッシュの名演数曲が、ボーナス・トラックとしてオンエアされる。
CS「完全版」では、地上波版では語られなかった新たな伝説の数々がよみがえります。地上波の放送では描かれなかった、ムッシュのディープ・ロック・サイド満載の「Love music presents ムッシュかまやつ伝説 完全版」。ご期待ください!

1007

|

2017/10/06

「ボブ・ディラン/ボス・エンズ・オブ・ザ・レインボー ~1978-1989」より「We Are The World 参加」~「故 Tom Petty との共演」まで14分

ドキュメンタリー「ボブ・ディラン/ボス・エンズ・オブ・ザ・レインボー ~1978-1989信仰と混迷の時代~」は、ゴスペル3部作「スロー・トレイン・カミング」「セイヴド」「ショット・オブ・ラヴ」から「オー・マーシー」まで、これまで語られることの少なかったディラン苦悩の時代を数多くの貴重映像・音源と共に関係者が鋭く斬った作品。

この中から吉田拓郎ラジオでナイトでも話題になった「ディランのWe Are The World参加」~「故 Tom Pettyとの共演」まで14分間。

MUSIC AIR【追悼放送 トム・ペティ】 

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ:ライヴ・イン・ゲインズビル2006
10/20(金) 19:00~

|

Welcome to GRACELAND & Keigo Kageyama's LABELグレイスランド&蔭山敬吾のブログ・吉田拓郎の「ビート・ピッキング革命」96ーーなぜ作詞家との共作が多いのか

Welcome to GRACELAND & Keigo Kageyama's

LABELグレイスランド&蔭山敬吾のブログ

吉田拓郎の「ビート・ピッキング革命」96ーーなぜ作詞家との共作が多いのか

もし、拓郎ファンの間で「拓郎さんに訊いてみたい謎・疑問ベストテン」というリストがあったとしたら、「あれだけ素晴らしい歌詞を自分で書いているのに(自分で書けるのに)、なぜ作詞家との共作が多いのか?」という疑問・謎は、間違いなくベストテンに入っていることだろう。

その謎・疑問を解くヒントが、先回の「ラジオでナイト」の中にあった。今から書くことは、あくまでも僕の推論だが、これでほぼ正解だと思う。自分で歌詞が書けるのに作詞家との共作が多いのは、次の理由によるものだと思う。

拓郎さんや僕が広島商大の学生だった頃に、天満屋デパート前のカワイ楽器の隣にあった朝日ティーサロンで、拓郎さんを中心にして、ある時は広島商大の先輩後輩のグループが、またある時は広島フォーク村の仲間たちが集って談笑していた。その時に、拓郎さんがよく使っていたのが「ワシらは語彙(ごい)が不足しとるのー」というフレーズだったのだが、先回の「ラジオでナイト」でも、拓郎さんはこのフレーズを使っていた。

「ラジオでナイト」を聴いていない人は知らないことだが、実は今、このラジオ番組では大変なことが暴露されていて、その暴露された内容そのものが、前述の謎・疑問を解くヒントになっていたのだ。

*続く

09b78

|

2017/10/05

153-0051 そこから始まった

 

|

吉田拓郎ラジオでナイトブログ更新・若者たち

第27回 吉田拓郎ラジオでナイト、
いかがでしたか?
最近、10代から30代くらいの
若いリスナーからのメールも増えてきました。
菅田将暉さん世代とでもいうんでしょうか。
お父さんが大ファンで、
その影響を受けて拓郎さんの音楽に触れた人。
日曜の夜、ふとラジオに耳を傾けたら
面白いおじさんだなぁと思ってメールをくれた方。
先日の放送でも、
弾き語りの拓郎さんもいいけど
「車を降りた瞬間から」のような
バリバリのコンピューターサウンドの拓郎さんもいい!
とメールをくれた30代の方、などなど。
あのアルバムの、あの歌詞が…という、
大ベテランのメールも、もちろん面白い!
目の付け所がさすが!と唸り、
若い方からの
「ぼくたちには、拓郎さんはこんな風に見えます」
「こんな曲が好きです」
というメッセージも「新鮮!」なメッセージとして
読ませていただいております。
いろいろな方が、いろいろなメールを頂けるから番組は面白い!
老若男女(ろうにゃくなんにょ)、
みなさんからの
メール、お葉書を、今週もおまちしています。
さて、第27回の放送でご紹介した曲は、こちらです。
◆オープニング
他にもあるよ。歌い間違え曲?、リスナーからの指摘
・君の街に行くよ(アルバム「ローリング30」より)
・我が身可愛いく(アルバム「明日の向って走れ」より)
M1 赤い灯台/小柳ルミ子
◆メール紹介
・ファンに会ったときはジェントルマンな拓郎さん
・コンピューターサウンドもいい!
◆マイベストテイク
高見沢俊彦さんが、けがをしたあと弾いたギター
M2 夜が来た/吉田拓郎
◆「マイフェイバリットソング」
・「ビッグ・ガール・ドント・クライ」フォーシーズンズ
・「ウォーク・ライク・ア・マン」フォーシーズンズ
M3 シェリー/フォーシーズンズ

1005a

そう、そう、「マイフェイバリット」と「ベストテイク」は、
「音楽の勉強になります」と
若い方たちにも、「好評をいただいています。
今週もお楽しみに!
◆募集中テーマ
「無人島に持っていきたいもの」
面白いメール、頂いてます。1つに絞り切れない場合は、
「ベスト3」など、ランキング形式で送ってもらっても、かまいません。^^)

◆ハワイに行くための企画「どうすりゃ、ハワイに行けるのか?」
まだまだ受付中!ぜひ「もう行ったつもりで」、どうぞ。
それでは、今週日曜11時半、
また番組でお会いしましょう。

 

|

2017/10/02

我が良き友よ 堺正章 × 高見沢俊彦 ・2017.10.2 歌のゴールデンヒット〜オリコン1位の50年間〜

 
 

|

2017.10.1第27回吉田拓郎ラジオでナイト

2017.10.1第27回吉田拓郎ラジオでナイト

|

2017/10/01

吉田拓郎ラジオでナイト・ラテ版

吉田拓郎ラジオでナイト

大好評!ベストテイク演奏曲ギターに高見沢俊彦

1001a

|

2017/09/30

吉田拓郎ラジオでナイト番組ブログ更新・四つの顔を持つ男

吉田拓郎ラジオでナイト番組ブログ更新・四つの顔を持つ男

第26回「吉田拓郎ラジオでナイト」、
オープニングは「顔」について。

多羅尾伴内は「7つの顔を持つ男」。
(たらお・ばんないと読みます。念のため)
吉田拓郎は「4つの顔を持つ男」。

そうなんですよね、
ライブの拓郎さんとラジオの拓郎さん、
おしゃべりが違いますよねー。

今日はここで、
みなさんが知らない?
もうひとつの顔を
こっそり内緒でご紹介。

ラジオ局に到着する拓郎さんは、
入り口の自動ドアが開くと、
ビルの守衛さん(警備の方)に向かって
大きな声で
「おはようございます!」と言って、
しっかりとお辞儀をして、局に入ります。

色々な出演者のかたがいますが、
毎回、こんなに大きな声で、
お辞儀をして局入りする方、
なかなかいらっしゃいません。^^)

番組が終わってスタジオを出るときにも
大きな声で、ミキサーやアシスタントディレクターにも
「お疲れ様ー」。

そして、放送では、
ひときわ大きな声で
「起立!」「礼!」。

礼に始まり、礼に終わる、
それが、拓郎さんなのです。

(だから?「着席」はありません^^)

さて、第26回の放送でご紹介した曲は、こちらです。
◆オープニング
4つの顔を持つ男
M1 パイナップル・プリンセス/アネット
◆メール紹介
◆マイベストテイク
M2 車を降りた瞬間から/吉田拓郎

0930a

◆「マイフェイバリットソング」
・「北国の春」千昌夫
M3 吉田町の唄/吉田拓郎

◆募集中テーマ
「無人島に持っていきたいもの」
あなたが無人島に持っていきたいもの、連れていきたい人(ペット)は何ですか?
無人島に持っていきたい1枚のレコード、1冊の本、写真などなど、
これは!というものを教えてください。

◆ハワイに行くための企画「どうすりゃ、ハワイに行けるのか?」
「パイナップル・プリンセス」を始め、かかる曲も、ハワイモード。
ハワイに持っていきたい企画をお待ちしております。

◆あなたのふるさとの方言も引き続き、教えてください。

「マイベストテイク」の
「車を降りた瞬間から」にも反響をいただきました。
募集テーマ以外でも、どしどしメールをください。
お待ちしております。

それでは、今週日曜11時半、
また番組でお会いしましょう。

|

«番組案内・ドラマ「監獄のお姫さま」森下愛子さん出演